2018年4月28日

アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】

走ることに慣れてくると、「ここは好きな道」「ここはあまり好きじゃない道」と、勝手に決めつけてしまう。なんだか、ちょっとわがまま。

道は、旅人にとってどれも同じ道。
「今日も世界の道は平和だった」と、フォトグラファー・ノロミホさんが教えてくれる。

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

【vol.7 時代を見守る道】

ケララ州フォートコチ。
いろんな国の文化が混ざり合ったような不思議な港町。
観光客も一気に増え、人種も様々。

町のメイン通りは、主要スポットをぐるっと周れる観光コース。
コンパクトだけど見所がぎゅっと詰まっている。
そして、細い小道に入ると隠れ家的なカフェやレストラン。
歩くのに疲れたら寄り道してちょっと休憩。
旅行者にはとても優しい道だ。

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

海に囲まれたこの場所は、交易が盛んでとても潤っていたという。
しかし16世紀以降、ポルトガルやオランダ、イギリスなどの支配下になり苦しい時代がしばらく続いた。
古い教会、立派な宮殿、目立つような大きな建物はほとんどが西洋風。
砦やオランダ人墓地があり、それぞれの時代の面影が見える。

そんな面影に、少し切なさは感じる。
けれど決して暗くて悲しいわけではない。
町全体はとてもカラフルだし、洗練されたお店がとても多い。
ポルトガル人の住居だった建物は、人気のヘリテージホテルに。
会社や倉庫として使われていたところは、おしゃれなレストランやギャラリーへ。
時間の流れとともに姿を変え、新しい時代を作っている。

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

歴史的な建造物をひと通り巡って、港の方へ向かう。
すると、さっきまでの西洋的な雰囲気から一転。
目の前で漁が行われ、とれたての魚が通りにずらっと並んでいる。
チャイニーズ・フィッシングネットという大きな網を使い、みんなで力を合わせ引き上げる。
その名の通り中国から伝わったのだろうか。
改めていろんな文化を経てきた町なんだと感じた。

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

カメラを手にした観光客が多いなか、社会見学らしき学生の姿も見かけた。

私が学生の頃は遠い昔のことまで考えられなかった。
しかし歳を重ねるごとに、その土地の歴史や背景に興味を持つようになった。

「アートと文化の街・フォートコチの道から見える二面性【ノロミホの旅】」の画像

綺麗に整備された道を歩いていても、目の前には何百年も変わらないものがある。
平和そうにみえても、争いや混乱は確かにあったんだと残された傷が物語っている。

本を読んだり、写真を見たり、それだけで知っている気になるけど、
自分の足で歩いたからこそ知れることがあると思う。
そんな当たり前のことを教えてくれた。

この町とこの道に、次はどんな未来が待っているのだろう。

ノロミホが執筆した記事

関連記事