2018年5月11日

トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】

走ることに慣れてくると、「ここは好きな道」「ここはあまり好きじゃない道」と、勝手に決めつけてしまう。なんだか、ちょっとわがまま。

道は、旅人にとってどれも同じ道。
「今日も世界の道は平和だった」と、フォトグラファー・ノロミホさんが教えてくれる。

「トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】」の画像

【vol.9「トゥクトゥク」が響く道】

移動が多かった南インドの旅。
のんびり街歩きもいいけれど、乗り物に揺られて街並みも見るのも楽しかった。
寝台列車、長距離バス、路線バス、トゥクトゥク。
どれもそれぞれ個性があって面白い。

寝台列車はスリルとディープさ。
長距離バスは運転が荒いというまた違ったスリル。
追い越しがとても多く、対向車とぶつかるんじゃないかとハラハラしっぱなし。
そして路線バスはすごく揺れる。
遊園地のアトラクションかと思うほど上下左右に揺られ、体が何度も宙に浮く。

「トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】」の画像
「トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】」の画像

そんな中、ほぼ毎日乗ったのはトゥクトゥクという三輪タクシー。
オートリクシャーとも呼ばれ、バイクと自動車の中間くらいの大きさ。
「トゥクトゥク」と音を立てて走る黄色い車体。
どの街でも一番多く見かける乗り物かもしれない。
もちろん普通のタクシーもあるけど、狭い道が多いインドではこのくらいのサイズが一番便利。

「トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】」の画像
「トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】」の画像

トゥクトゥクは人が歩けるところならどこでも行く。
マーケットの中を突っ切ったり、渋滞している道もスイスイと進む。
そして運転手によってカスタムされているのも見所のひとつ。
夜に乗ったトゥクトゥクはファーでデコレーションされ、スピーカー付き。
インドミュージックを大ボリュームで流し、ノリノリな運転手。
夜風の気持ちよさと音楽がちょうどいい感じに合っている。
ふと、東京での夏の夜を思い出した。
日が暮れて少し涼しくなる頃、テンポのいい音楽を聴きながら近くの公園でランニングをする。
夜の高揚感と疾走感。
私はあの時間がすごく好きだ。
だからノリノリになっちゃう運転手の気持ちがすごく分かる。
最初はびっくりしたけど、降りるときには「ステキな時間をありがとう」とお礼を言いたくなるくらいだった。

「トゥクトゥクの疾走感で思い出した東京でのランニング【ノロミホの旅】」の画像

程よいスピードで、景色を楽しみながら、生活感のある道も通ってくれる。
たまに(しょっちゅうかも……)道に迷うけど、それもそれで思い出のひとつ。

歩いたり、走ったり、その土地の乗り物を使ってみたり。
歩み方次第で、見える景色は全然違う。
流れる時間まで変わってくる。
そんな楽しみ方ができるのも旅の醍醐味かもしれない。

関連記事

ノロミホが執筆した記事