2018年4月14日

寄り道しながら歩いた通学路を走ってみたくなる?【ノロミホの旅】

走ることに慣れてくると、「ここは好きな道」「ここはあまり好きじゃない道」と、勝手に決めつけてしまう。なんだか、ちょっとわがまま。

道は、旅人にとってどれも同じ道。
「今日も世界の道は平和だった」と、フォトグラファー・ノロミホさんが教えてくれる。

「寄り道しながら歩いた通学路を走ってみたくなる?【ノロミホの旅】」の画像

【vol.5:インドでのたのしい迷子】

ジャングルみたいな景色の中、奥へ奥へと進む。
小さな水路がいたるところに流れ、その先には大きな運河。
いくつもの手漕ぎ船が行き交い、仕事や学校へ向かう人達を乗せている。
清々しくて穏やかなアレッピーの朝。

早く目覚めた私たちは運河沿いまで行ってみることに。
昨日ボートから見たテーマパークの中へ向かう。
なんだか舞台裏をのぞく気分だ。

舗装されていない砂利道が続き、
歩いていると懐かしい気持ちになってきた。

「寄り道しながら歩いた通学路を走ってみたくなる?【ノロミホの旅】」の画像

よく遊んだ学校の裏山。秘密基地を作った空き地。
寄り道しながら歩いた通学路。
懐かしい光景が頭に浮かぶ。

そんなことを思いながら呑気に歩いていると、突然行き止まりに、、、。
目の前には一軒の家があり、その中からひとりの少年が現れた。
腰に布を巻き、上半身は裸というなんとも野性的な姿。
しかし照れながら微笑む顔はどこかあどけなく、一瞬にして私たちを安心させてくれた。

少年は、お母さんとお姉ちゃんを紹介し、
向かいの家に住むというおじさん家族の家に招待してくれた。

ちょうど朝ごはんの時間だったらしく、テーブルの上には朝食の定番イドリーとパロタ。
手を使って器用に食べる。
“一緒に食べよう”とおじさんが手招きしてくれた。
突然の訪問者にも自然に接するインドの人たち。
この旅で何度も遭遇し、いつも驚かされた。

「寄り道しながら歩いた通学路を走ってみたくなる?【ノロミホの旅】」の画像 「寄り道しながら歩いた通学路を走ってみたくなる?【ノロミホの旅】」の画像

家を出ると少年は近くの船着き場に連れていってくれた。
運河で洗濯する人、出航の準備をする人。
出会う人に私たちを紹介しては、ちょっぴり誇らしげだった。

地元の人しか知らないような抜け道を通り、ここは動物も通るんだよと教えてくれる。
あっちには保育園があって、こっちは今工事中なんだと。
嬉しそうにいろんなことを教えてくれた。

「寄り道しながら歩いた通学路を走ってみたくなる?【ノロミホの旅】」の画像

少しシャイで笑った顔がとても優しい少年。
別れ際に黄色いお花を一輪くれた。
道端に咲く名前も知らない小さな花。
甘くて優しい香りがした。

こんな出会いがあるのなら、道に迷ってみるのもたまにはいいな。

関連記事

ノロミホが執筆した記事