2018年5月6日

衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】

走ることに慣れてくると、「ここは好きな道」「ここはあまり好きじゃない道」と、勝手に決めつけてしまう。なんだか、ちょっとわがまま。

道は、旅人にとってどれも同じ道。
「今日も世界の道は平和だった」と、フォトグラファー・ノロミホさんが教えてくれる。

「衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】」の画像

【vol.8 ローカルマーケットを歩く】

インドの旅を振り返ると、買い物ばかりしていた気がする。

地元の人が通うような小さな商店、観光客向けの大きなショッピングモール。
アットホームなマーケットも多く、見つけると立ち寄らずにはいられなかった。

特に楽しかったのは商店街のようなローカルマーケット。
八百屋や薬局、文房具などの生活必需品がずらりと並ぶ。
大通りだけでも見所が多く、お腹いっぱいになりそう。
だが、そこから枝分かれするように細い路地が無数に延びる。
衣類通り、おもちゃ通り、食品通り。
ガタガタな道に、迷路のように入り組んだ道。
ちょっと危険で、とても魅力的な路地が歩くたびに現れる。

「衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】」の画像

ローカルなマーケットには“ザ・お土産”みたいなものはない。
その代わりにノートやハンカチ、食器にキッチン用品など、
インドの人たちが日常的に使うであろうものが溢れている。
それがいちいち可愛くて、立ち止まっては悩み、なかなか先に進まない。

「衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】」の画像

そして進まない理由はもうひとつ。
いろんな人に出会うということ。
煎りたてのナッツを売る人、自転車でチャイを売る人。
次から次へと試食させてくれる人。
あれやこれやと色んなものを勧めてくる人。

買い物に人間ウォッチングにとなかなか忙しい道中になる。

「衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】」の画像

「衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】」の画像

「衣類通り・おもちゃ通り・食品通り……迷路のようなインドの道【ノロミホの旅】」の画像

お店の人との値段交渉も楽しみのひとつ。
やりとりをしているうちに仲良くなることもしばしば。
あるスパイス屋には2日連続で行き、すっかり友達気分になっていた。
みんなフレンドリーでいい感じの適当さ。

物にも人にも出会えた道。
こんなマーケットがあれば永遠に歩いていられる気がする。

気がつけば、辺りは暗くなっていた。

関連記事

ノロミホが執筆した記事