2017年11月29日

管理栄養士が考えるランナーメシ!旬の鮭で脂肪を燃焼!【鮭のレモン焼き】

「管理栄養士が考えるランナーメシ!旬の鮭で脂肪を燃焼!【鮭のレモン焼き】」の画像
Pocket

「管理栄養士が考えるランナーメシ!旬の鮭で脂肪を燃焼!【鮭のレモン焼き】」の画像

ランナーの皆さん今日も走ってますか?秋が深まり、寒さも本格的になってきましたね。さて、各地でマラソン大会が開催されたりと、ランニングシーズン到来です!突然ですが、国産レモンも今がシーズンだってご存知ですか??今回はそんな旬のレモンと、これまたシーズン真っ只中のシャケを合わせた、簡単レシピをご紹介します。もちろん、ランナーの方にうれしい効果も期待できるレシピです!

レシピを紹介するのは、管理栄養士とパティシエが作る、カラダに優しいカレーとキッシュと、ケーキのお店「キリン食堂」の管理栄養士 麻生亮です。

今回のテーマは、“旬の鮭で脂肪を燃焼!”メニュー「鮭のレモン焼き」です。

早速、その作り方を見ていきましょう。

【鮭のレモン焼き】
・鮭に含まれるアスタキサンチンは、脂肪をエネルギーに変える働きが期待できる。
・鮭には、良質なたんぱく質や、アミノ酸の再合成をサポートすると言われるビタミンB6が豊富。筋力UPのためにも食べたい食材!

「管理栄養士が考えるランナーメシ!旬の鮭で脂肪を燃焼!【鮭のレモン焼き】」の画像

○材料(2人分)
生鮭…2~3切れ
ブロッコリー…100g
キノコ(お好みのもの)…100g
※今回は、しめじ・舞茸…各50g
国産レモン輪切り…4枚
ローズマリー…1本
コショウ…少々

(A)
ニンニクスライス…1/2片
白ワイン…50cc
しょうゆ…小さじ1
オリーブ油…大さじ2

○作り方
1.(A)の材料を混ぜ合わせておく。

2.鮭に軽く塩をふる。
※塩鮭を使用する場合、2の工程は省く。

3.ブロッコリーは、食べやすい大きさにカットし、軽く下ゆでする。キノコは、ほぐしておく。

4. フライパンに、(A)・鮭・ブロッコリー・キノコを入れ、その上にレモン輪切り・ローズマリーをのせる。フタをして中火で蒸し焼きにする。

5.鮭に火が通ったら、フタを取り、コショウで味を調えて完成!

寒さも本格的になってきたこの季節、旬の鮭や国産レモンで美味しく脂肪を燃焼して、コンディションを整えちゃいましょう!作り方もカンタンな「鮭のレモン焼き」に挑戦を!

■キリン食堂
管理栄養士とパティシエが作る、カラダに優しい「カレーとキッシュと、ケーキのお店」
「管理栄養士が考えるランナーメシ!旬の鮭で脂肪を燃焼!【鮭のレモン焼き】」の画像

住所:神奈川県横浜市神奈川区神大寺4-24-3
電話番号:045-777-4845
facebook
instagram
管理栄養士:麻生亮

「管理栄養士が考えるランナーメシ!旬の鮭で脂肪を燃焼!【鮭のレモン焼き】」の画像
Pocket

関連記事

麻生 亮が執筆した記事

おすすめ記事