シューズアドバイザー藤原愛用のミズノ「ウエーブライダー」の21代目が登場!!

「シューズアドバイザー藤原愛用のミズノ「ウエーブライダー」の21代目が登場!!」の画像
Pocket

みなさん、こんにちは、シューズアドバイザー藤原です。
さて、本日は、モデルチェンジをしたミズノ「WAVE RIDER 21(ウエーブライダートゥエンティワン)」をご紹介します。
「シューズアドバイザー藤原愛用のミズノ「ウエーブライダー」の21代目が登場!!」の画像

ミズノのシューズは長年愛用していますが前モデル20代目が、とても良いモデルチェンジをした(大変失礼ですが、本音です、すみません、、、)のでこちらのレビューにも以前寄稿させて頂きました。

それを追っての21代目。今回はあまり大きな変更はありません。ソールユニット(シューズのミッドソールとアウトソール)は全く同じで、アッパー(シューズの上部)だけの変更になっています。

これは裏を返すと、ウエルカムなマイナーチェンジだと思いませんか。20代目はなかなか良いシューズでしたが、前回よりも更にクセがなく、履いた日から”  自分のシューズ “のような感覚を味わえるシューズだなと感じています。

「クラウドウエーブ」は、トタン屋根のようなプラスティックの波型構造はそのままに、ソールに対する使用面の範囲、プラスティックの弾性などを見直したもので、前回よりこのウエーブライダーに搭載されているものです。特にプラスチック素材である「ミズノウエーブ」の独特なヒール部の” 突き上げ感 ”を少なくしたものです。実際今回はソールユニットの部分は全く変更がないのですが、アッパーが変わったためのその印象が違います。更に自然なクッション、安定感に感じました。

アッパーの印象でシューズの印象が変わる、これは良くあることです。フィット感が変わるとまたソールユニットとの連携具合が変わることもあり面白いところです。それも前モデルより、上から見た形が少しスッキリした印象でフィット感、ミッドソールとの一体感が増したからかもしれません。

とにかく、この「ミズノウエーブ」こそが、ミズノたる所以です。独特の接地安定感と前進方向への推進力を作ってくれます、「クラウドウエーブ」は、硬い、重いといったネガティブな要素をかなり解消しようしたものであることは間違いありません。

そして、レベルの関係なく、トレーニングシューズとして使って下さい。ビギナーの方は前にしっかりとした誘導を感じるでしょうし、ランニングの習慣があるランナーや、記録を狙っているランナーのみなさんもコンディショニングに使うと良いですよ。動きのスムーズさは常に崩れてしまう”はかないもの”ですからね。

さて、サイズ選びにおいては少し注意が必要です。ミズノは他社よりも少し大きい作りになっています。一般的には「US6」は23.0cmに換算しているブランドが多いのですが、ミズノは「US6」を22.5cmと換算するブランドです。アメリカのランニングショップで、ミズノと他社のシューズを試し履きしようと「US6」で出してもらうと、実質的には22.5cmと23.0cmのシューズを履くことになるということです。

メンズシューズは他社と同じサイズ換算ですが、レディースシューズはこのような特徴があります。このシューズに関しては、毎度提案しているように、足の実測を計測して、実測寸~0.5cmのシューズも試してみることをおすすめします。とりあえず1cm実測寸からあげて履く、だと何だか大きいと感じるかもしれませんね。シューレースが過度に余ってしまうのもサイズが合っていない傾向があります。ご注意を!

カラー6色で、スリムからワイド、スーパーワイドラストまでと、バリエーションも豊富です。特にO脚傾向の方や足型が細い方は、1度試してみると良いですよ。

「シューズアドバイザー藤原愛用のミズノ「ウエーブライダー」の21代目が登場!!」の画像

「シューズアドバイザー藤原愛用のミズノ「ウエーブライダー」の21代目が登場!!」の画像
Pocket

藤原岳久が執筆した記事

関連記事