管理栄養士が考えるランナーメシ! “アレンジそば”で疲労回復!【鮭の豆乳そば】

「管理栄養士が考えるランナーメシ! “アレンジそば”で疲労回復!【鮭の豆乳そば】」の画像
Pocket

「管理栄養士が考えるランナーメシ! “アレンジそば”で疲労回復!【鮭の豆乳そば】」の画像

ランナーの皆さん、今日も走っていますか? 10月は、1964年に開催された東京オリンピックを記念して制定された“体育の日”がありましたね!その大会で、マラソン歴たった7ヶ月の日本人選手が銅メダルを獲ったことをご存知でしょうか?そんな話を聞くと、2020年の東京オリンピックに出るのも夢じゃないかも!と思えてさらにトレーニングに励みたくなってきませんか? 今回は、そんなやる気いっぱいなランナーの方にピッタリなサポートアレンジメニューのご紹介です!

レシピを紹介するのは、管理栄養士とパティシエが作る、カラダに優しいカレーとキッシュと、ケーキのお店「キリン食堂」の管理栄養士 麻生亮です。

今回のテーマは、“アレンジそば”で疲労回復メニュー「鮭の豆乳そば」です。

早速、その作り方を見ていきましょう。

【鮭の豆乳そば】
・鮭には、カラダを作る良質なたんぱく質や、コレステロールの低下に効果的なDHA・EPAが豊富。
・疲労回復に効果的なビタミンB群、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富!ランナーに効果的な食材!
・豆乳にも、たんぱく質や不飽和脂肪酸、疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富!

「管理栄養士が考えるランナーメシ! “アレンジそば”で疲労回復!【鮭の豆乳そば】」の画像

○材料(2人分)
そば…2玉
鮭…2~3切れ
豆乳(無調整)…2カップ
めんつゆ(ストレート)…100cc
キノコ(お好みのもの)…100g
※今回は舞茸・しめじ…各50g
クレソン…一束
オリーブ油…大さじ2
クルミ…6~8粒
塩・黒コショウ…適宜

○作り方
1.鮭の骨を取り、ひと口大にカットする。クルミは細かく砕く。

2.フライパンにオリーブ油をひき、中火で加熱する。鮭を入れ両面焼く。

3.鮭を取り出し、そのままキノコを入れ炒める。しんなりしたら、豆乳とめんつゆを入れる。沸騰したら火を止める。味をみながら塩で調える。

4.そばをゆで、水気を切り、器に盛る。3を入れ、鮭・クレソンを盛り、クルミと黒コショウを散らしたら完成。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時でもありますね、旬のものを取り入れた食事をしっかり摂って、美味しく体調管理もしちゃいましょう!「鮭の豆乳そば」に挑戦を!

■キリン食堂
管理栄養士とパティシエが作る、カラダに優しいカレーとキッシュと、ケーキのお店

「管理栄養士が考えるランナーメシ! “アレンジそば”で疲労回復!【鮭の豆乳そば】」の画像

住所:神奈川県横浜市神奈川区神大寺4-24-3
電話番号:045-777-4845
facebook
instagram
管理栄養士:麻生亮

「管理栄養士が考えるランナーメシ! “アレンジそば”で疲労回復!【鮭の豆乳そば】」の画像
Pocket

麻生 亮が執筆した記事

関連記事