【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像

ランニングをはじめたばかりのビギナーだけでなく、サブ3を達成するようなシリアスランナーからも愛されているOn(オン)のシューズ。ここ数年マラソン大会のスタートラインに立つランナーの足元に、オンのシューズが並ぶ光景を目にする機会も増えてきました。

そんなオンから発売されている数多くのシューズの中から、日ごろのトレーニングで履くテンポアップシューズとして最適な『Cloudflow 4』(クラウドフロー 4)。をご紹介。

今回もRuntripお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんが徹底解説します。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

接地感を味わえる“ちょうどいい”シューズ

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像
(左から)ラントリップ・大森、シューズアドバイザー・藤原岳久さん

大森:今回紹介するシューズはオン『Cloudflow 4』です。以前まではオンのレーシングシューズの顔とも言えるシリーズだったかと思います。

藤原:最近オンは乗りに乗っていますね。このシューズもいいアイテムです。おっしゃる通り、このシリーズはこれまでオンのレーシングシューズとして展開してきました。厚底レーシングシューズも登場するなか、オンの中での位置づけがむずかしいシューズだったかと思います。しかし、今回のアップデートでこのシリーズがオンにおけるテンポアップシューズ(レーシングシューズを履くためのトレーニングシューズ)という位置づけが明確になりました。

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:オンのシューズ全般はミッドソールに内蔵された『Speedboard®』(スピードボード)の存在を感じることができ、接地感が非常に良いです。このシューズは今回から新たにスプーン形状のSpeedboard®を搭載しているため接地感が非常に良く、アディダスの『ADIZERO JAPAN』や、ブルックスの『Hyperion』のような1足に仕上がっています。

大森:私もHyperionのような接地感を味わえるシューズ、とても大好きです。

藤原:今では40mmほどの厚さのミッドソールにカーボンファイバー系プレートが内蔵された、曲げようとしても曲げられないシューズが多く登場しています。ただし、このシューズはカーボン系プレートではなく樹脂製のプレートが内蔵されているので、シューズがほどよくしなってくれます。そのため接地感を感じることができ、シューズのバウンド感もちょうどよい具合となっています。

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:カーボンプレートが内臓されたある種“スーパーシューズ”と称されるシューズはポンポンと跳ねるように走ることができます。

大森:シューズが勝手に走らせてくれる感じですね。

藤原:自分の達成度を高めなければいけない場合はスーパーシューズを履いてワークアウトを行って、トレーニング時の心拍数を上げたいなど、シューズの助力に頼らず身体に負荷をかけたいときにはこのシューズで行う方がいいと思います。

アッパーもテンポアップシューズ向けに進化

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:このシューズはアッパーも特徴的で、今作はレーシングシューズ『Cloudboom Echo』(3の前モデル)のアッパーからヒントを得て設計されたとのこと。シューズのタンがガセット状になっている点もさることながら、前作よりもアッパーのボリュームが大きくなったので、より足を包み込んでくれる1足になりました。

大森:足の甲が高い方にも合いそうですか?

藤原:合うと思います。このシューズは前足部から足の甲のあたりにかけて、少しゆったりとしたつくりとなっています。これまでのシリーズではアッパーが細めにつくられていましたが、ラスト(シューズの足型)は大きく変わっていますね。

レーシングシューズのお供にぴったりな1足

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:これまでのシリーズの中で、よりテンポアップ向けのシューズとなったことから厚底レーシングシューズ『Cloudboom Echo 3』とセットにして履きやすい1足だと思います。

大森:オンのレーシングシューズと相性のよい1足なのですね。

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像
Cloudboom Echo 3(出典:on-running.com)

藤原:オンのシューズを履くランナーにとって、このシューズはテンポアップ用のシューズとして最適な1足だと思います。オンのシューズでレースに出ている選手を観察すると、スパイクやレーシングシューズに履き替える前のウォーミングアップでこのシューズを履いているランナーが多いです。

オンとしての位置づけもそうですが、実際に履いている方にとってもこのシューズはワークアウトやウォーミングアップ用としてちょうどいい1足なのだと思います。またトレーニング用はもちろんのこと、ビギナーの方で大会に出てみたい人、ランニングを続けるなかでトレーニングを変化させたいといった方にもおすすめです。

大森:オンのデイリートレーナーシューズを履いてきた方の2足目として、トレーニングの強度を高めたい方や、トレーニングに変化を付けたい方にはぴったりですね。そこからより速いペースで走ってみたいランナーや、レースでより高いレベルに挑戦したい方は『Cloudboom Echo 3』が選択肢に入ってくると。

藤原:そうですね。とくに初めてのレースに出場される方や、5km〜10kmといった短い距離のレースでも履きやすい1足だと思います。このシューズは反発がほどよいので、自分のありのままのフォームで走りやすいです。走り始めたばかりの方にとっては、カーボン系プレートが入ったレーシングシューズよりも、このシューズの方が履きやすいと感じる方は多いと思います。

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:さらに忘れてはいけないのがミッドソール素材『Helion™(ヘリオン)スーパーフォーム』です。シリーズがアップデートしていくなかでミッドソール素材も調整されており、今作はよりソフトなバウンドと接地感を両立した、扱いやすいミッドソールになっています。これまでのシリーズの中で履いたときの感覚は1番いいと感じました。またデザインも非常にいいですよね。カラーリングも男女問わず親しまれそうな色合いだと思います。

大森:私も非常にかわいいカラーリングだと思いました。そんなCloudflow 4の価格は税込18,480円です。ほかのシューズと比べ手が届きやすい価格帯かと思いますので、これからランニングを始めようと思っている方、日ごろのトレーニングに変化が生まれるようなシューズを探している方はぜひ1度お試しください。

***

テンポアップシューズにも、はじめてのレースにもぴったりなCloudflow 4。その名のとおり“雲の流れ”のような、ソフトで心地よい1歩を楽しんでみてください。

詳細情報

On|Cloudflow 4

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像
出典:on-running.com

価格:¥18,480(税込)

「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像
Onのシューズコレクションの中心となる定番ランニングモデル
「【On】「Cloudflow 4」はテンポアップに最適な1足!進化を続けるシリーズ最新作をシューズアドバイザーが解説」の画像
Onのシューズコレクションの中心となる定番ランニングモデル

【動画からご覧になる方はこちら】

あわせて読みたい


藤原 岳久さん
FS☆RUNNING(旧藤原商会)代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)

FS☆RUNNINGオフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY