【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

ナイキの厚底レーシングシューズ最新作『エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2』が登場。エリウド・キプチョゲ選手が非公認記録でマラソン2時間切りを達成した際に着用したシューズを基に開発された『アルファフライ』シリーズ。今作では、より多くのランナーが履きこなせる一足へと進化しました。

本記事では、こちらのシューズをRuntripお馴染みのシューズアドバイザーの藤原岳久さんとレビューしていきます。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

前作から進化したポイント

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

大森:今回レビューしていくシューズは、ナイキ『エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2』です。

藤原:多くのブランドからレーシングシューズが登場する中、一際光を放っている印象を受けます。前作は4mmドロップでしたが、8mmドロップに変わり斜度が急になりました。かかと部分の容量が大きくなったことで安定感が増しています。

また、前作では『Zoom Airポッド』がアウトソールに直接付けられていましたが、今作ではアウトソールとの間にクッションが入りました。

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

大森:それだけでも履き心地は全然違いますか。

藤原:違います。前作は4mmドロップだったので前足部が厚く、前への蹴り出しが難しいシューズでした。今作はドロップが大きくなったことにより、スターティングブロックに乗ったような感覚になりました。また、Zoom Airポッドの下に素材が入ったこともポイントです。

大森:Zoom Airポッドの感触がしっかり感じられるということですね。

藤原:傾斜が大きいことで、前足部が使いやすくなりました。

大森:前足部で踏み込みやすくなったということでしょうか。

藤原:そうですね。アウトソールはラバーのグリップ感と耐久性が少し高くなったように感じます。アッパーの『アトムニット2.0』のフィット感は非常に良いです。今作はタイトなサイズ感ですが、履き口が柔らかく足入れしやすくなっています。甲高のランナーでも問題なく履けます。

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

藤原:かかと部分はしっかりとしたフィット感があることで、走りやすいです。甲周りからかかと部分の周辺が靴下のようなフィット感で、前足部は少しゆとりがあります。前作は足が中で動くという方もいましたが、今作は解消されています。

大森:前作と比べて、安定性やぐらつきの点で違いはありますか。

藤原:全然違います。かかと部分のスワローテイルがしっかりしているので、横にはぐらつきません。使いにくさは半減していると思います。

大森ヴェイパーフライよりも前方へ促される意識が強くなるでしょうか。

藤原前へのガイドが大きくなり、前作ほどの使いにくさはなくなりました。コンセプトは変わりませんが、扱いやすさは変わりました。

「ヴェイパーフライ」との比較

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

藤原:『ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2』かアルファフライを購入しようと考えている方は多いと思います。そのケースでは、私はヴェイパーフライを軸に選ぶことをおすすめします。アルファフライの方がミッドソールが厚くて、上手く踏み込めないのでヴェイパーフライで履き心地に慣れて、レベルが上がってきたらアルファフライにトライしてみてはどうでしょうか。

既にヴェイパーフライを使っていて、ステップアップしたい方にはおすすめです。ぜひそういった方に使ってほしいシューズです。

大森ヴェイパーフライを軸に、もう一段上がりたい方にアルファフライはおすすめですね。

藤原:多くのランナーにとって使いやすくなったのは間違いありません。しかし、ソールがとても厚いので、強く踏み込めるシューズではないです。それに比べるとヴェイパーフライは自然に接地できる感触です。

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

大森:藤原さんはどちらを選びますか。

藤原:私はヴェイパーフライを選びますね。ただ、前作のアルファフライはエリート選手しか履けないシューズでしたが、今作はチャレンジしてみたいシューズです。まずは、トレーニングで使ってみたいです。特に、マラソンはクッションが必要になるので、アルファフライでも良いと思います。ハーフマラソンや5kmのレースはヴェイパーフライで走ることを考えています。

大森:価格は税込31,900円です。チャレンジしたい方はぜひチェックしてみてください。

注目の厚底レーシングシューズ『エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2』。秋冬のマラソンシーズンに向けてレーシングシューズを探している方も多いこの時期。目標達成のために、ぜひ足を入れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2

「【ナイキ】「エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」の進化をシューズアドバイザーが徹底解説」の画像

価格:¥31,900(税込)


併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY