【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
Runtrip代表 大森(左)とシューズアドバイザー 藤原岳久さん(右)

日々のトレーニングで履くシューズからレースで履くシューズまでシューズ選びで迷っている方は多いのではないでしょうか。Runtrip Magazineでは各シューズブランドから展開されるシューズの履き分け方について解説してきましたが、今回は『ホカ』のシューズについて解説します。

今回もRuntripお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんとともにお届けします。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、50歳になった現在も走るシューズアドバイザーです。

4モデルそれぞれの特徴とは

「CLIFTON 8」と「MACH 4」の違い

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
(左から)ROCKET X、CARBON X 3、MACH 4、CLIFTON 8

大森:ホカのシューズ履き分けについて藤原さんと解説していきます。藤原さんよろしくお願いします!

藤原:よろしくお願いします。

大森:今回ご紹介するのは『ROCKET X』、『CARBON X 3』、『MACH 4』、『CLIFTON 8』の4足です。このシューズたちはどう履き分けていくのでしょうか。

藤原:基本的に、ホカのシューズは軽量でマシュマロのような感触のクッションが特徴的です。

大森:厚底シューズの先駆けのような存在ですよね。

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像

藤原:『CLIFTON 8』はその代名詞的なシューズです。ホカの定番ランニングシューズですが、隣の『MACH 4』と何が違うのか気になりますよね。この2つは素材にヒントがあって、『MACH 4』には反発弾性の高い素材『PROFLY』が搭載されています。

大森:なるほど。

藤原:『MACH 4』に搭載された『PROFLY』は上下で硬度を変えた2層に仕上げられています。2層になっている理由は、速く走ったときに沈み込みを防ぐため硬い層が配されています。

大森:柔らかいだけでは、沈み込んで接地時間が長くなるということですね。

藤原:そうなんです。下層が反発弾性があり、上層が柔らかいクッション性のある素材になっています。『MACH 4』は『CLIFTON 8』と『CARBON X 3』の間に位置するシューズ。スピードを上げた時に適度な接地感があり、足と接する上層のクッション性によりソフトな感触をもたらします。

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像

大森:スピードを上げたときに『MACH 4』の特徴が活かされますね。

藤原:ゆったりとしたペースでは『CLIFTON 8』の方が安定感の高さを感じますが、速いペースでは『MACH 4』の方が良い感触を得られるでしょう。『MACH 4』と『CARBON X 3』のかかと部分は、安定感をだすために『SwallowTail™』と呼ばれるソールが飛び出した形状になっています。スピードを出したときでも安定感を得られるようにこうした設計に仕上げられました。

大森:細部まで工夫が凝らされているんですね。日常のランニングでは『CLIFTON 8』、スピードを出したいシーンでは『MACH 4』という履き分けが良いでしょうか。

藤原:そうですね。やはり、速く走ると感触が全く異なります。速いペースのジョグをしたい方、距離走を取り入れたい方は『MACH 4』の方が快適です。

「CARBON X 3」と「ROCKET X」の違い

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像

藤原:『CARBON X 3』は『MACH 4』にカーボンプレートが入ったシューズのようなイメージです。カーボンプレートが入っているので、『CARBON X 3』の方がシューズによる推進力は強くなります。

大森:より前へ進んでいくイメージでしょうか。

藤原:『MACH 4』と比較すると、『CARBON X 3』はさらに推進力が強い感覚をもたらします。

大森:より速いペースで走りたい場合は『CARBON X 3』が適しているということですね。

藤原:はい。この2足は同じような使い方になりますが、カーボンプレートによるクセが苦手なランナーは『MACH 4』の方が良いかもしれません。また、『MACH 4』の方が手の届きやすい価格です。

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像

大森:そうですね。『CARBON X 3』が27,000円台、『MACH 4』が17,000円台なので、そうした点も考慮して購入すると良いですね。

藤原:もし、3足持てる場合は『CLIFTON 8』がジョギング用、『MACH 4』がテンポアップ用、『CARBON X 3』をレース用として使うのがおすすめです。

藤原:『ROCKET X』はこのなかで最軽量のシューズなんです。カーボンプレートを搭載していて、210g(メンズ27.0cm)は超軽量だと言えます。走ってみると反発弾性が高く、強くバウンドするような感触です。市民ランナーの皆さんは短い距離のレースで使うと良いでしょう。

大森:以前、ニューイヤー駅伝でこのシューズを履いた選手もいましたね。

藤原:そうでしたね。短い距離のレースやインターバルなど、レーシングフラットのように使うといいでしょう。

シューズのベストな履き分け方は?

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
(左から)CLIFTON 8、MACH 4、CARBON X 3、ROCKET X

藤原:それぞれの用途についてまとめると『CLIFTON 8』がゆったりとしたジョギング向け、『MACH 4』がテンポアップ、『CARBON X 3』は長い距離のレース向け、『ROCKET X』は短い距離のレースやインターバル向けです。4足すべてをそろえるのは難しいですが、カテゴリーを整理すると既に持っているシューズとの履き分け方が明確になります。

大森:カテゴリーごとに整理されて、とても分かりやすいです。これまで、ホカのシューズについて詳しくなかった方も選びやすくなったのではないでしょうか?

藤原:ランニングシューズ選びに迷う方や初心者は、まず『CLIFTON 8』を買ってみてください!

大森:まずは『CLIFTON 8』を選んで、ホカのシューズの魅力を体感してもらいたいですね! これをベースにどのシューズが自分に合うかシューズを選ぶと楽しいですね。

藤原:特に脚力に自信がない方は『CLIFTON 8』がおすすめです。足を入れてみると、着地する瞬間の安定感が分かります!

大森:迷ったら『CLIFTON 8』がおすすめということですね。藤原さんの解説で理解が深まったのではないかと思います。解説ありがとうございました!

藤原:ありがとうございました!

ホカの人気シューズ4足の履き分け方について解説しました。マラソンだけでなく、短い距離のレースも開催されていくこれからの季節。ぜひ、ご自身のスタイルや目標に合わせてシューズを履き分けてみてください!

シューズ詳細情報

1. CLIFTON 8

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
出典: hoka.com

価格:¥17,600(税込)

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
心地良い履き心地と安定感が特徴のデイリートレーナー
「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
心地良い履き心地と安定感が特徴のデイリートレーナー

2. MACH 4

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
出典: hoka.com

価格:¥17,600(税込)

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
反発性が高く、テンポアップに最適なシューズ
「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
反発性が高く、テンポアップに最適なシューズ

3. CARBON X 3

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
出典: hoka.com

価格:¥27,500(税込)

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
サポート性と推進力に優れ、長い距離に適したレーシングシューズ

4. ROCKET X

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
出典: hoka.com

価格:¥24,200(税込)

「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
軽量で反発弾性の高いショートディスタンス向けレーシングシューズ
「【ホカ】人気ランニングシューズ4足の履き分け方とは?」の画像
軽量で反発弾性の高いショートディスタンス向けレーシングシューズ


併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY