アメリカ最古のシューズブランドの安心シューズ『リディーマー ISO』をレビュー

「アメリカ最古のシューズブランドの安心シューズ『リディーマー ISO』をレビュー」の画像
Pocket

こんにちは、シューズアドバイザー藤原です。

今回は、サッカニー、リディーマーISOをご紹介します。わたしの最近のお気に入りの一つです。

「アメリカ最古のシューズブランドの安心シューズ『リディーマー ISO』をレビュー」の画像

サッカニーは、1898年設立とアメリカ最古のランニングシューズブランドです。しかし、日本では、販売権をABCマートさんが持っているので、そちらでしか商品は買えません。そのせいか、日本では、今ひとつ知名度がないのが残念です。

アメリカ専門店順位でも常に上位にランクされ、ブルックスと並んで、安心・安全なブランドの一つ。

リオオリンピック男子マラソンで6位だったアメリカ・ワード選手もサッカニーアスリートの一人。アスリートに対するサポートもあるブランドですね。

さて、このリディーマーは、一言で言って古き良きサッカニーの再来、ガッチリ、安心感のカタマリみたいなシューズです。最近は、サポートとは対極のナチュラルシューズのラインナップが増えていましたから、うれしい限り。

トレーニングシューズとしては、もっと固めて、前進方向へのアシストをしようとする” モーションコントロール ”と言われるモデルになります。

足を接地した時の安心感は、100%の満足感を感じることができるはず。ソールも単純に接地面積があり、ミッドソール内側に搭載するサポートも、重量よりも安心感を考えた作りになっています。

しかし、片足 369g(27.0cm)と超ヘビー級です。付いていてほしいものがすべて付いていますからね、当然と言えば、当然です。

ですので、この手のシューズを” 重いな ”と言って一蹴してしまうのは、とても残念なことです。

この重量のシューズでトレーニングが出来ていると、例えば、250g程度のサブ4用のシューズが、すごく軽く感じるはず。これが履き分け効果の一つだと思います。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

藤原岳久が執筆した記事

Runtrip via Hakubavalley

関連記事