【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ

「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、ホカ オネオネの『CLIFTON 8(クリフトン 8 )』をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

弾力のあるクッション性が加わり耐久性もアップ

『CLIFTON 8』はスルメイカのように、「履けば履くほど良さがわかるシューズ」と藤原さん。

地面との接地面積が広く、ソールのどこからでも着地できるフルグラウンドコンタクト構造が採用され、アウトソールの中央部分がやや狭くなり、ミニマムで滑りにくい設計、かつ前作よりも耐久性がアップしました。

ソールの外側部分のラバーを増やし、内側は軽量化。そのために内側が擦れてしまうランナーはアーチのサポートがある『ARAHI』がおすすめです。

「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像

ミッドソールのフィーリングとしては、『CLIFTON 6』のマシュマロ感とほぼ同じ。『CLIFTON 7』はマシュマロ感が強く、柔らかくて安定感のある詰まった感じ。そして『CLIFTON 8』は6と7が混ざった感じと解説。

「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像
(左から)クリフトン6/ クリフトン7/ クリフトン8

従来のCLIFTONは、跳ね返すような弾力はなく、沈み込むような感覚がありました。

『CLIFTON 8』はマシュマロ感を残しつつも、粘りのあるクッション性で跳ね返りがある感覚に変わり、ペース問わず履きこなせるシューズに仕上げられています。『CLIFTON 7』で合わなかった方も、ぜひ『CLIFTON 8』に足を通してみて欲しいと藤原さん。

「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像

走行距離約50kmでもソールの大きな擦れや減りは少なく、従来よりも耐久性が向上しているとのこと。飽きない履き心地で、新たに藤原さんの「無人島シリーズ入りするシューズ」になった『CLIFTON 8』は、日々のランニングをさらに楽しませてくれる一足です。

HOKA ONE ONE|CLIFTON 8

「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像
出典: hokaoneone.jp

・価格:¥17,600(税込)
・オフセット:5mm
・重量:250g

「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像
CLIFTONシリーズの良さが詰まった、心地良い履き心地と安定感が特徴の1足。ソールの耐久性もアップ
「【ホカ オネオネ】「クリフトン 8」は耐久性がアップした、心地良い履き心地のシューズ」の画像
CLIFTONシリーズの良さが詰まった、心地良い履き心地と安定感が特徴の1足。ソールの耐久性もアップ

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY