【ホカ オネオネ】CLIFTON LITE?厚底レーシングシューズ「MACH 4」をレビュー

「【ホカ オネオネ】CLIFTON LITE?厚底レーシングシューズ「MACH 4」をレビュー」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、HOKA ONE ONE『MACH 4(マッハ 4)』をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

CLIFTONよりもライトなクッショニングのあるレーシングシューズ「MACH 4」

「【ホカ オネオネ】CLIFTON LITE?厚底レーシングシューズ「MACH 4」をレビュー」の画像

HOKAの代表的シューズ『CLIFTON』のようなクッション性も持ちつつ、よりライトなシューズを求めていたという藤原さん。この『MACH 4』は、まさにそれを実現したシューズだと評価。

ラントリップ代表の大森も「めちゃくちゃ軽い。びっくりしました」と、驚くほどの軽さが魅力的。さらにクッション性も兼ね備えているとのこと。

同メーカーの中でも、速く走るための機能を搭載した『ROCKET X』では、重心移動をスムーズにするため、HOKA独自の素材『PLOFLY』の柔らかさを、シューズの前後で変えていました。

「前足部が硬めに作られているので踏みつける時に全体的に硬いイメージになります。レース後半でシューズの硬さを感じやすい。」と藤原さんは解説。

しかし、『MACH 4』では、『PLOFLY』の柔らかさを、シューズの “前後” ではなく、“上下” で変化をつけたのです。柔らかさと硬さのバランスがレーシングシューズ用に作られており、クッション性のあるクリフトンと比較しても沈み込みの少ないシューズに仕上がりました。

速く走ることよりも、走っている時の心地よさを追求したこのシューズ。藤原さんは「無人島に持って行くなら “クリフトン” と、この “MACH 4” です」と絶賛。

「長すぎないコースを速く走りたい時にぴったり」と、大森のコメントにもあったように、まずはその軽さと履き心地の良さを実感して、自分に合う場面で使っていただきたい一足ですね。目標のレースに向けた一足として履いてみてはいかがでしょうか?

ホカ オネオネ MACH 4

「【ホカ オネオネ】CLIFTON LITE?厚底レーシングシューズ「MACH 4」をレビュー」の画像

・価格:¥17,600(税込)
・ドロップ:5mm
・サイズ展開:25.0~30.0cm(メンズ)/ 22.0cm~25.0cm(レディース)

「【ホカ オネオネ】CLIFTON LITE?厚底レーシングシューズ「MACH 4」をレビュー」の画像
ソフトな感触の厚底シューズ。ミッドソールの上下で柔らかさを使い分け、絶妙な柔らかさで接地時間を短く保てます。今までより長い距離を速く走りたいランナーにおすすめ
「【ホカ オネオネ】CLIFTON LITE?厚底レーシングシューズ「MACH 4」をレビュー」の画像
ソフトな感触の厚底シューズ。ミッドソールの上下で柔らかさを使い分け、絶妙な柔らかさで接地時間を短く保てます。今までより長い距離を速く走りたいランナーにおすすめ

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY