【ホカ オネオネ】「カーボン X 2 」をシューズレビュー!カーボンシリーズの履き分け方も解説

「【ホカ オネオネ】「カーボン X 2 」をシューズレビュー!カーボンシリーズの履き分け方も解説」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、ホカオネオネの『カーボン X 2』をレビュー。他のカーボンシリーズの履き分けも解説されています。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

『カーボン X 2』はサブ4にフィットするシューズ

『カーボン X 2』は軽量デイリートレーナーであり、シリーズの『カーボンロケット』は薄底カーボン入りシューズ、そして『ロケット X』は厚底カーボン入りシューズです。『カーボン X 2』は踵が張り出していて着地時の安定感があります。

「前作と比べるとソール面が狭くなりました。他社のバンバン跳ねる厚底を想像してはいけません。ホカが誇るメタロッカー(ゆりかご)構造で、それを強調させるためにカーボンプレートが搭載されています。前へ前へと動きを作るシューズ。ロケット Xはカーボンプレートを感じにくく、カーボンロケットはカーボンに支配されている感じの履き心地」と藤原さん。

『カーボン X 2』はサブ4用にフィット。全力よりもペースを落として長く走りたいとき、軽さのアドバンテージが欲しいときにぴったりのシューズです。藤原さんは、ペース走では『カーボン X 2』、レースでは『ロケット X』と履き分けるそう。『カーボン X 2』で「4分/kmペースの2時間48分を目標にしています」と藤原さん。

シリーズそれぞれの特徴に合わせて、履き分けてくださいね!

CARBON X 2

「【ホカ オネオネ】「カーボン X 2 」をシューズレビュー!カーボンシリーズの履き分け方も解説」の画像

・価格 27,500円(税込)
・サイズ 25.0〜28.0cm

「【ホカ オネオネ】「カーボン X 2 」をシューズレビュー!カーボンシリーズの履き分け方も解説」の画像
「跳ねる厚底を想像してはいけない」という、メタロッカー(ゆりかご)構造が特徴の軽量デイリートレーナー。サブ4で走るのにフィットするシューズ

・合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY