ナイキの人気シリーズ4モデルがアップデートして『2019ナイキズームシリーズ』が登場!

「ナイキの人気シリーズ4モデルがアップデートして『2019ナイキズームシリーズ』が登場!」の画像

ナイキの人気ランニングシューズ4モデルがアップデートして『2019ナイキズームシリーズ』として登場します。

今回、『2019ナイキズームシリーズ』として登場するのは『ナイキエアズームペガサス36』『ナイキズームペガサスターボ2』『ナイキズームフライ3』と、4月に発表された『ナイキズームエックスヴェイパーフライネクスト%』を合わせた4モデル。

既に発売が開始されている『ナイキエアズームペガサス36』以外の3モデルは7月4日NIKE.COMなどで一般発売開始予定です。ナイキの吉祥寺、大阪、福岡の店舗では、6月27日にナイキアプリを使っている方を対象に、7月4日の一般発売に先がけ一部モデルを数量限定で事前発売されます。

トレーニングとレーシングに向けた複数のモデルで構成されるナイキズームシリーズでは、快活に走れるフルレングスのナイキズームエアや、反発性に優れたナイキズームXフォームなどのナイキズームテクノロジーにより、それぞれの目的に合わせたランニング体験をもたらします。

「ナイキの人気シリーズ4モデルがアップデートして『2019ナイキズームシリーズ』が登場!」の画像

2019ナイキズームシリーズはネオングリーンの色合いで登場。この色は、ナイキ独自のネオンカラーを生み出し『ナイキファントムグロー』と名付けられました。この色の化学的組成が、ナイキズームエックスヴェイパーフライネクスト%ではエネルギッシュな光を発するような効果を生み出しています。

このほかのシューズでも、このネオングリーンの濃淡様々な色合いを用いて、ロードでしっかりと目立つように仕上げられています。

2019ナイキズームシリーズ

ナイキエアズームペガサス36

「ナイキの人気シリーズ4モデルがアップデートして『2019ナイキズームシリーズ』が登場!」の画像

ナイキのベストセラーであるランニングシューズが、アッパーを大胆に新しくして登場。アッパーは、 エンジニアードメッシュに小さな穴を開けることで、前足部やアーチなどの熱がこもる部分の通気性が高められています。中足部に露出したフライワイヤーケーブルが、スピードを上げたときにもしっかりと足をサポートしてくれます。かかとの履き口やシュータンはスリムになり、より快適かつ足にフィットする感覚を得られます。

ミッドソールには、前モデルのナイキエアズームペガサス35で導入されたフルレングスズームエアユニットが引き続き採用され、エアユニットを包むクシュロンフォームと共に、反発性とクッション性を感じるスムーズな足運びを実現します。

ナイキズームペガサスターボ2

ナイキズームヴェイパーフライ4%のような感覚を、毎日のトレーニングでも味わえるナイキズームペガサスターボの最新モデルは、半透明の素材と隆起のあるメッシュの活用によって軽量かつスマートなアッパーに変わりました。中足部のバンドが、ハイスピードのときにも足をしっかりとシューズに固定させます。

ナイキズームフライ3

ウィメンズモデルには、今回初めてウィメンズモデル専用のアーチを高めにした柔らかめの『ソックライナー』が使用されています。メンズ、ウイメンズともに、半透明で軽量なアッパーと新しいアーチバンドレーシングシステムが採用され、足にフィットするように調整できるようになりました。

ミッドソールでは柔らかくよく弾むナイキリアクトが反発性に優れたクッションとなり、シューズに内蔵されたフルレングスのカーボンファイバープレートによって推進力が感じられます。シューズのオフセット(かかとと前足部のソールの厚みの差)によってアキレス腱への負担を最低限に抑え、ソールの厚みが長距離を走る足を衝撃から守ります。

ナイキズームエックスヴェイパーフライネクスト%

「ナイキの人気シリーズ4モデルがアップデートして『2019ナイキズームシリーズ』が登場!」の画像

ランニングエコノミーを高めるレーシングシューズとして、すでに大きな成功を収めている『ヴェイパーフライ』。エリートアスリートの要望から生まれた、ヴェイパーウィーブと呼ばれる新しいアッパーはナイキフライニットよりも軽量で通気性にも優れた素材構造になっています。そして何よりも汗や雨の水分吸収が少ないため、マラソンを走るときにもシューズをずっと風通しの良い乾いた状態に保てるようになりました。

ナイキズームX(ズームエックス)フォームを15%増量しながら(最大で85%のエネルギーリターンを実現)、より軽量のアッパーを用いることで、ナイキズームヴェイパーフライ4%と同じ軽さに仕上げられ、さらにオフセットを3mm減らし8mmにすることで安定感が高め、つま先で蹴り出す直前までより多くのエネルギーを温存できるようになりました。フォームの中にはスプーン状のフルレングスカーボンファイバープレートが内蔵され、推進力を感じることができます。

アウトソール前足部にはグリップ力を高めるために新しいトラクションパターンが採用されており、悪天候でも路面へのシューズの食いつきが良くなりました。さらにアウトソールに新しく施された曲線的なデザインの深い溝が、カーブや曲がり角でのターンの時にもスムーズな動きを促します。

 

ナイキのおすすめランニングシューズ

 

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY