レベル別「アディダス」おすすめランニングシューズまとめ! 選び方やレビュー解説も

「レベル別「アディダス」おすすめランニングシューズまとめ! 選び方やレビュー解説も」の画像

アディダスといえば誰もが知っているスポーツ用品メーカー。

2017年の東京マラソンで2時間3分台で優勝したウィルソン・キプサング選手や箱根駅伝4連覇を達成した青山学院大学の選手たちもアディダスのランニングシューズを着用するなど、世界記録を狙うトップレベルのマラソン選手から楽しく走りたい初心者のランナーまで、幅広いレベルのランナーがアディダスのランニングシューズを愛用しています。

アディダスのランニングシューズは高反発でクッション性に優れた『BOOST™フォーム』、グリップ性の高い『コンチネンタルラバーソール』、プロネーション(足部のねじれ運動)を制御し、着地の安定感とコントロール性能を高める『トルションシステム』が搭載されていることが特徴。これらの機能がランナーの快適な走りをサポートします。

そんなアディダスのランニングシューズは、多くのシリーズが展開されているので、選び方に迷う方も多いかもしれません。この記事では、Runtrip Magazineの編集部が扱ってきたアディダスのランニングシューズについての記事を、それぞれカテゴリーごとにまとめてご紹介していきます。

編集部おすすめシューズ

初マラソン挑戦者の新定番シューズ・SolarBOOST

「レベル別「アディダス」おすすめランニングシューズまとめ! 選び方やレビュー解説も」の画像

フィット感の良さと安定性の高さが、初マラソン挑戦者やこれから走り始めるランナーにおすすめの1足です。

 

PureBOOST GO・Ultraboost 19はストリートランや普段履きに

街の中を走るストリートランニングにはクッション性があり、普段履きとしても使える『PureBOOST GO』や『Ultraboost 19』をおすすめします。『Ultraboost 19』は同社の人気プロダクトであるUltraboostで使用されていたパーツをあえてゼロから見直し、約4,000人のランナーの意見を取り入れながら開発された新作のランニングシューズです。

 

スピードトレーニングにはadizero Japan boost

 

「レベル別「アディダス」おすすめランニングシューズまとめ! 選び方やレビュー解説も」の画像

 

世界記録を打ち立てるようなアスリートからサブ4ランナーまで幅広いランナーに向けたレース、スピードトレーニングに履ける『adizero Japan boost』はブーストフォームを搭載し、反発力とクッション性を兼ね備えたモデルです。日本以外ではadizero Adiosという名前で販売され、各国のランナーも使用しています。

 

タイムを狙うランナーにはadizero takumi sen

 

「レベル別「アディダス」おすすめランニングシューズまとめ! 選び方やレビュー解説も」の画像

 

軽量性・フィット感・グリップ力などを追求したトップアスリートが着用するレース用モデルの『adizero takumi sen boost』。1秒を争うシリアスランナーにおすすめです。

 

マラソン2時間切りを目指して開発されたシューズadizero Sub2

「レベル別「アディダス」おすすめランニングシューズまとめ! 選び方やレビュー解説も」の画像

2時間の壁を打ち破ろうとするアスリートのために作られたレーシングモデルの『adizero Sub2』。ミッドソールが従来のブーストフォームからレーシング用に軽量化され、高い反発力を発揮する“ブーストライト”に改良されたことで、より滑らかな走りをサポートします。

 

スポーツショップの店員さんおすすめのアディダスランニングシューズ

Runtrip Magazineでは、スポーツショップの販売員の方に『イマおすすめしたいランニングシューズ』について、定期的にお話を聞いています。

ランニングシューズの専門家でもあるスポーツショップの店員さんが、どんなシューズをおすすめしているのか気になる方や各店舗の意見を比較したいという方は、ぜひこちらの記事もご参考に。

ぜひ、ぴったりのランニングシューズを探して、楽しいランニングライフを送ってください!

合わせて読みたい記事

・アディダスのランニングシューズ7選!メーカーとシューズの特徴もあわせてご紹介

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY