【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

アシックスといえば日本発・世界トップクラスのスポーツメーカーです。もともとは、あのナイキ社もアシックスの代理店としてスタートしています。それくらい世界のスポーツの発展に貢献された歴史の長さとものづくりの質の高さが特徴です。

2018年には、創業者である鬼塚喜八郎氏の生誕100周年を迎えた企画も実施していました。

学生時代に、日本で部活動に取り組んでいた方なら『本気ならアシックス』という言葉が染み付いている方もいるかもしれませんが、オニツカタイガーブランドでは世界中で大変な人気を博しています。アシックス社は海外での売上比率が高く、特に欧米ではランナーの中でもアシックスラバーが多いです。

最近では、市民ランナー界のレジェンドであった川内優輝選手がプロ転向に伴いパートナーとして選んだのもアシックスでした。

そんなアシックスのランニングシューズですが、多くの種類が展開されているので、選び方に迷う方も多いかもしれません。

この記事では、アシックスのランニングシューズの特徴やおすすめのランニングシューズについて、それぞれカテゴリーごとにまとめてご紹介していきます。

アシックスのランニングシューズの特徴

日本発のシューズメーカー『アシックス』

日本発のシューズメーカーであるアシックスのランニングシューズ。市民ランナーにとっては、馴染み深い方が多いと思います。日本のランナーのためにシューズを作ってきたアシックスのランニングシューズだからこそ、足に合うというランナーも多くいます。

ワイドモデルのランニングシューズも多数展開

ランニングシューズを選ぶときは足のサイズ(足長)だけではなく、足囲(ワイズ)もぴったりなものを選ぶことが大切です。特に足幅が広い方にとっては、普通の幅のモデルでも足を入れると狭いように感じてしまうもの。アシックスのランニングシューズは日本人の足に合うラスト(足型)を基準にシューズが作られているためスタンダードのモデルでも苦しくはないと思いますが、さらに足幅が広い方には3E・4Eのモデルも展開されているので、チェックしてみてくださいね。

Runtrip Magazineでは、アシックスのランニングシューズのなかでもワイドモデルを展開しているシューズもご紹介しています。ワイドモデルのランニングシューズを購入されたい方はぜひこちらも読んでみてください。

高い機能性を誇るアシックスのランニングシューズ

また、アシックスのランニングシューズはクッション性や安定性など、ランナーの足を支える機能性が高いことも特徴といえます。クッションの素材『ゲル』を代表に、アシックスが独自に開発した技術が多くのランニングシューズに散りばめられています。

ここからは、アシックスのおすすめランニングシューズをシリーズごとにご紹介していきます。

おすすめのアシックスランニングシューズ

毎年アップデートする超ロングセラー定番モデル・GEL-KAYANO27(ゲルカヤノ)

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

まず最初に紹介したいのはアシックスを代表する超定番モデルの「ゲルカヤノ 」。発売以来、毎年改善を積み重ねて2020年の最新モデルで27代目、しっかりとした安定感と程よいクッション性が両立されたビギナーランナーにおすすめのシューズです。アッパーのホールド感、ヒールカップのサポート力も高く、筋力が備わっていないランナーでも安心して履き続けることができます。
前作の「26」と比較すると「クッション性」と「推進力」が向上、かかとの接地から足が抜けるまでの動作が非常にシームレスで、接地の衝撃を推進力につなげられる日々のジョギング、トレーニングに最適なモデルです。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
これからランニングを始める、始めたばかりのランナーにオススメの1足。まず最初のランニングシューズを買うならアシックス!という人にはこのゲルカヤノをオススメします。もちろん、すでにランニング歴が長いランナーの日々のトレーニング、ジョギングにも最適。
「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
1世代前の「26」もまだまだ現役です。最新モデル「27」よりも型落ちながらその分格安で手に入りますので、フィットするサイズが見つかれば掘り出し物。最新モデルと同時にぜひこちらも探してみてはいかがでしょうか。

アシックス初のカーボンプレート入りシューズ・METARACER(メタレーサー)

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

2020年6月12日から先行発売、6月26日に一般発売してサイズによっては完売、品薄状態のアシックス初のカーボンプレート搭載シューズがその名もMETARACER(メタレーサー)。実は当社としてはスパイクではカーボンプレート入の実績があったものの、一般的なランニングシューズではこれが初めて。特徴的なのはそのプレートが入ったソールの構造で、ガイドソールとカーボンプレートの両方を搭載しています。また、アシックスではおなじみの軽量素材「FLYTEFORM(フライトフォーム)」を採用、ここにカーボンプレートが挿入されているそうで、ある程度の走力を持ったランナーが大会で記録を目指すシューズとなっています。

こちらの最新シューズレビューはRuntirp Channel(YouTubeチャンネル)でもご紹介しています。気になった方はこちらをご覧ください。

METARACERに関するレビュー記事はこちら

新しいコンセプトの厚底シューズ・METARIDE(メタライド)

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

2019年の東京マラソンをきっかけに、アシックスは全く新しいプロダクトを発表しました。これまで『いかに速く走るランナーをサポートするか』がキーワードだったランニング業界でしたが(もちろん今もそれは変わりませんが)、そんな中でも『長く走れるようにランナーをサポートする』というコンセプトを打ち出しました。

それがこちらのMETARIDE(メタライド)。ソールに独特の穴が空いているのが特徴です。フルマラソンで最後まで走り続けたいランナーにはぜひおすすめしたいシューズです。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
少ない力でより長く、より楽しく走ることを追求したRIDEファミリーのフラッグシップモデル

 

メタライドの兄弟シューズ・GLIDERIDE(グライドライド )

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

メタライドと同様のコンセプトで開発され、高い走行効率を持ちながら、クッション性を高めて幅広い層が履きやすいシューズ。ランニング初心者に加え、マラソンで4〜5時間以内の記録をめざすランナーにおすすめのシューズ。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ランナーが少ない力でより長くより、楽しく走ることを可能にしたシューズです。

『グライドライド』が好きすぎて愛が溢れている二人によるレビュー動画もあります。『グライドライド』の何が優れているのか、どんなランナーにおすすめなのか。ぜひこちらの動画もご覧ください。

新感覚シューズのNOVABLAST(ノヴァブラスト)

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

アシックスから今年登場した“NOVABLAST”も新感覚のシューズとして注目されています。NOVABLASTの最大の特徴は『弾む』こと。ナイキのリアクトやアディダスのBOOSTのようなソールが弾むものとしては有名ですが、NOVABLASTには『FF Blast(FLYTE FORM Blast)』というソールが搭載されています。クッション性がありながら、跳ねるような反発性を持った素材です。ジョギングなど、ゆっくり走るときにこのシューズを履くと楽しく走れるでしょう。これからランニングを始める初心者の方々へ向けて作られたシューズです。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
軽量性と反発性を両立した、ニューコンセプトフラッグシップモデル

■シティランには、人気のRun & Beer Teeを着て走ろう。Runtrip Storeで販売中。

GEL-QUANTUMで普段履きも

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

ビギナーランナーの方や、そして普段履きとしても使いたいという方には、こちらのGEL-QUANTUM(ゲル クォンタム)もおすすめです。街履きできるおしゃれなデザイン性とアシックスによる安心の機能性/クッショニングで一石二鳥のコストパフォーマンスが高いモデルです。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
普段履きにも使えるジョギングシューズ。ふかふかのソールが気持ちいい1足です。普段も履きたいカラーが見つかったら絶対に買いな一足!

 

GT-2000はトレーニングシューズの鉄板

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
GT-2000 8(出典: asics.com)

アシックスの鉄板トレーニングシューズと言えば『GT-2000』、もしくは前述した『GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)』と言ってもいいでしょう。迷ったらこの名前が入っているシューズを手に取ってみることをおすすめします。幅広いランナーを受け止めるだけのバランスの良さがロングセラーという形で証明されているシリーズですね。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
フィット性を追求し、さらなる進化を遂げたGT-2000シリーズ

サブ4を狙うならGEL-DSトレーナー

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

マラソンでサブ4を狙っているランナーには『GEL-DSトレーナー25』がおすすめです。ニット素材でできたアッパーで、シームレスな作りに仕上がっています。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
フィット性・通気性に優れたニットアッパーを採用、生まれ変わったスピードクッショニングモデル

GEL-NIMBUSシリーズはクッション性重視

 

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

クッション性を重視したいという方には、こちらのロングセラーモデル『GEL-NIMBUS(ゲルニンバス)』がおすすめです。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
進化を遂げたアシックスが誇るクッショニングモデル

タイム狙いならターサーがおすすめ

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

世界記録を打ち立てるようなトップアスリートも愛用してきた『TARTHER(ターサー)』シリーズ。マラソン大会のA・Bブロックあたりにいくと、途端にターサー率が高まります(笑)2019年8月には新モデルのターサーエッジが発売されました。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
軽量化にさらなる進化をもたらした、サブ3を狙うランナー向けの本格的なレーシングシューズ

シリアスランナーのレース用にはソーティマジック

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

駅伝や短い距離でのロードレースなどで使うレーシングモデル『ソーティマジック』。1分1秒の記録をけずり出すシリアスランナーの勝負シューズとしておすすめの一足です。

「【2020年】アシックスの最新おすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
反発性とグリップ力を求める、スピード重視のマラソン・駅伝ランナーへ

ASICSの初心者おすすめランニングシューズ

Runtrip Channelのこちらの動画でも、ASICSの初心者向けのシューズとして『ゲルニンバス22』『グライドライド』をご紹介しています。

本当に自分にぴったりなシューズを探したいなら

専門的なサポートを受けながらぴったりなシューズを探したいという方には、こちらの記事でご紹介しているような科学的アプローチもおすすめです。ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHIで、最新技術を体験してみては?

スポーツショップの店員さんおすすめのアシックスランニングシューズ

Runtrip Magazineでは、定期的にスポーツショップの店員さんに対して、『イマおすすめしたいランニングシューズ』についてお話を聞いています。

ランニングシューズの専門家でもあるスポーツショップの店員さんは、一体どんなシューズをおすすめしているのか気になる方や、各店舗の意見を比較したいという方は、ぜひこちらの記事もご参考に。

ぜひ、ぴったりのランニングシューズを探して、楽しいランニングライフを送ってください!

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY