【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

アシックスといえば日本発・世界トップクラスのスポーツメーカーです。もともとは、あのナイキ社もアシックスの代理店としてスタートしています。それくらい世界のスポーツの発展に貢献された歴史の長さとものづくりの質の高さが特徴です。

学生時代に、日本で部活動に取り組んでいた方なら『本気ならアシックス』という言葉が染み付いている方もいるかもしれませんが、オニツカタイガーブランドでは世界中で大変な人気を博しています。アシックス社は海外での売上比率が高く、特に欧米ではランナーの中でもアシックスラバーが多いです。

最近では、市民ランナー界のレジェンドであった川内優輝選手がプロ転向に伴いパートナーとして選んだのもアシックスでした。

そんなアシックスのランニングシューズですが、多くの種類が展開されているので、選び方に迷う方も多いかもしれません。

この記事では、アシックスのランニングシューズの特徴やおすすめのランニングシューズについて、それぞれカテゴリーごとにまとめてご紹介していきます。

アシックスのランニングシューズの特徴

日本発のシューズメーカー『アシックス』

日本発のシューズメーカーであるアシックスのランニングシューズ。市民ランナーにとっては、馴染み深い方が多いと思います。日本のランナーのためにシューズを作ってきたアシックスのランニングシューズだからこそ、足に合うというランナーも多くいます。

4E(ワイド)モデルのランニングシューズも多数展開

ランニングシューズを選ぶときは足のサイズ(足長)だけではなく、足囲(ワイズ)もぴったりなものを選ぶことが大切です。特に足幅が広い方にとっては、普通の幅のモデルでも足を入れると狭いように感じてしまうもの。アシックスのランニングシューズは日本人の足に合うラスト(足型)を基準にシューズが作られているためスタンダードのモデルでも苦しくはないと思いますが、さらに足幅が広い方には3E・4Eのモデルも展開されているので、チェックしてみてくださいね。

Runtrip Magazineでは、アシックスのランニングシューズのなかでもワイドモデルを展開しているシューズもご紹介しています。ワイドモデルのランニングシューズを購入されたい方はぜひこちらも読んでみてください。

高い機能性を誇るアシックスのランニングシューズ

また、アシックスのランニングシューズはクッション性や安定性など、ランナーの足を支える機能性が高いことも特徴といえます。クッションの素材『ゲル』を代表に、アシックスが独自に開発した技術が多くのランニングシューズに散りばめられています。

ここからは、アシックスのランニングシューズをモデルごとにご紹介していきます。

アシックス定番ランニングシューズ

超ロングセラー定番モデル|GEL-KAYANO 28(ゲルカヤノ)

 

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

まず最初に紹介するランニングシューズは、アシックスを代表する超定番モデル『ゲルカヤノ』。発売以来、毎年改善を積み重ねて2021年の最新モデルで28代目、しっかりとした安定感と程よいクッション性が両立されたビギナーランナーにおすすめのシューズ。外付け型ヒールカップが、足を包み込むようにかかと部の安定性を高めます。

今作はクッション性と反発性に優れたFF BLASTをミッドソールに採用することで、スムーズで安定感のある走りをサポート。また、新しい形状のGELを搭載し、着地時の衝撃緩衝性の向上を追求しました。

また、昨年発売された前作GEL-KAYANO 27はECサイトで8,000円台から販売されています。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
クッション性と反発性に優れたFF BLASTをミッドソールに採用することで、安定感のある走りをサポート
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
クッション性と反発性に優れたFF BLASTをミッドソールに採用することで、安定感のある走りをサポート

■前作(GEL-KAYANO 27)

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
これからランニングを始める、始めたばかりのランナーにオススメの1足
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
これからランニングを始める、始めたばかりのランナーにオススメの1足

トレーニングシューズの鉄板|GT-2000 9

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
GT-2000 9(出典: asics.com)

アシックスの鉄板トレーニングシューズと言えば『GT-2000』、もしくは前述した『GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)』と言ってもいいでしょう。迷ったらこの名前が入っているシューズを手に取ってみることをおすすめします。幅広いランナーを受け止めるだけのバランスの良さがロングセラーという形で証明されているシリーズですね。

GT-2000シリーズは2020年10月に最新作『GT-2000 9』が登場。不快感の原因となる縫い目がなくなり、よりソフトなメッシュ素材による一体型アッパーを採用。シームレスのアッパー補強などによりフィット感が向上し、シューズの重さも軽量化されています。インソールにはやわらかな新素材のフォームが使われ、踏み込み時の快適性が高められています。さまざまなシーンで足をサポートするランニングシューズです。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
フィット性を追求し、さらなる進化を遂げたGT-2000シリーズ。最新作GT-2000 9は不快感の原因となる縫い目がなくなり、フィット感が向上しました。初心者におすすめの鉄板シューズです。
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
フィット性を追求し、さらなる進化を遂げたGT-2000シリーズ。最新作GT-2000 9は不快感の原因となる縫い目がなくなり、フィット感が向上しました。初心者におすすめの鉄板シューズです。

■GT-2000 9のレビュー動画・記事はこちら

アシックスの厚底ランニングシューズ

ランナーのみなさんにとって気になるのは、やはり話題になっている『厚底ランニングシューズ』ではないでしょうか。従来のようにレーシングシューズ=薄底という概念がなくなり、各シューズメーカーからレーシングシューズとして厚底ランニングシューズが登場し、凌ぎを削っています。長年ランナーから大きな支持を得てきたアシックスからも厚底シューズが展開されています。

今回は展開されているモデルの中でも、特に注目を集めている3モデルを紹介します。

厚底カーボンシューズ|METASPEED Sky(メタスピード スカイ)

 

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

2021年3月30日にASICSから発表された最新レーシングシューズ『METASPEED(メタスピード)』シリーズ。ランナーの走法の違いに応じて設計され、ストライド走法に対応するMETASPEED Skyが4月9日に発売されました。

アシックスが培ってきたテクノロジーが搭載され、優れた反発性を発揮する『FF BLAST TURBO』がミッドソール全面に採用されたことで、着地時に跳ねるような感覚が得られてストライドの伸長をサポート。また、ミッドソール内部に搭載されたカーボンプレートにより、安定性と推進力を得られます。

プロランナー川内優輝選手も2月に開催された『びわ湖毎日マラソン』でMETASPEED Skyのプロトタイプを着用し、自己ベストを更新。シューズレビューの詳細は動画からご覧ください。

■シューズレビューはこちら

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
優れた反発性を発揮する『FF BLAST TURBO』とカーボンプレートを搭載した厚底レーシングモデル。
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
優れた反発性を発揮する『FF BLAST TURBO』とカーボンプレートを搭載した厚底レーシングモデル。

2021年最新|METASPEED Edge(メタスピード エッジ)

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

METASPEEDシリーズから登場した、ピッチ型ランナー向けシューズ『METASPEED Edge(メタスピード エッジ)』。METASPEED Skyとアッパーもソールも見た目は同じですが、唯一の違いはソールの厚み。ピッチ型ランナーが、ピッチを調節しながらストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールすることをサポートするためにソールの厚みを抑え、ドロップも8mmとMETASPEED Skyよりも大きい構造に作られています。比較的ピッチ型だというランナーは、METASPEED Edgeを試してみてはいかがでしょうか。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ピッチ型のアスリートのために開発された、アシックスレーシングモデルにおける最高峰のシューズ
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
クッション性と反発性に優れたFF BLASTをミッドソールに採用することで、安定感のある走りをサポート

フルマラソン4~5時間のランナーへ|GLIDERIDE 2(グライドライド 2)

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

メタライドと同様のコンセプトで開発され、高い走行効率を持ちながら、クッション性を高めて幅広い層が履きやすいシューズ。登場時から高い人気を博してきたGLIDERIDEですが、2021年2月には2代目のGLIDERIDE 2が新登場。前作のコロンと転がる感覚が落ち着いた代わりに安定感が高くなり、ビギナーの方やマラソンで5時間以内の記録をめざすランナーにはおすすめです。

■シューズレビューはこちら

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ランナーが少ない力でより長くより、楽しく走ることを可能にしたシューズです。
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ランナーが少ない力でより長くより、楽しく走ることを可能にしたシューズです。

おすすめのアシックスランニングシューズ

ここまでは新しく登場したシューズについて紹介してきましたが、ここからはアシックスから展開されているおすすめランニングシューズを紹介していきます。ランナーの皆さんの中には、履いたことのあるランニングシューズもあるのではないでしょうか。

跳ねるような新感覚シューズ|NOVABLAST 2(ノヴァブラスト 2)

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

アシックスから2020年に登場し、人気を博した新感覚シューズ『NOVABLAST』。2021年7月には第2弾モデルとなる『NOVABLAST 2』が登場しました。『FF Blast(FLYTE FORM Blast)』というソールが搭載され、クッション性がありながら跳ねるような反発性が特長。今回のアップデートでは、安定性とフィット感が向上。ミッドソールは素材の変形を促すための溝の方向や深さ、かかと部とつま先部の傾斜角度などを調整。さらに中部内側の接地面積が広がり、足裏全体でしっかり接地しているような安定性が感じられるようになりました。

ジョギングなど、ゆっくり走るときにこのシューズを履くと楽しく走れるでしょう。これからランニングを始める初心者からシリアスランナーのトレーニングまで、様々なシーンで活用できるランニングシューズです。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
跳ねるような反発性が特長。今回のアップデートでは、安定性とフィット感が向上
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
跳ねるような反発性が特長。今回のアップデートでは、安定性とフィット感が向上

普段履きにも使える|GEL-QUANTUM 360 5

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

ビギナーランナーの方や、そして普段履きとしても使いたいという方には、こちらのGEL-QUANTUM(ゲル クォンタム)もおすすめです。ミッドソールの中足部を補強したトラスティック構造により、走る際にねじれが生じやすい中足部の剛性を高め、フットワークの安定性が高められています。

街履きできるおしゃれなデザイン性とアシックスによる安心の機能性/クッショニングで一石二鳥のコストパフォーマンスが高いモデルです。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
普段履きにも使えるジョギングシューズ。ふかふかのソールが気持ちいい1足です。普段も履きたいカラーが見つかったら絶対に買いな一足!
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
普段履きにも使えるジョギングシューズ。ふかふかのソールが気持ちいい1足です。普段も履きたいカラーが見つかったら絶対に買いな一足!

 

 

サブ4を狙うランナーへ|GEL-DSトレーナー 25

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

マラソンでサブ4を狙っているランナーには『GEL-DSトレーナー25』がおすすめです。ニット素材でできたシームレスな作りのアッパー素材はフィット性を高めてくれます。レースのためのスピードを支える機能性を持ちながら、クッション性も十分のランニングシューズです。

前作ゲルDSトレーナー24も人気があったモデルでしたが、今作ではミッドソールを低硬度のFLYTEFOAMに変更。着地時のやわらかさを追求し、スムーズなライディングを可能にしています。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
フィット性・通気性に優れたニットアッパーを採用、生まれ変わったスピードクッショニングモデル
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
フィット性・通気性に優れたニットアッパーを採用、生まれ変わったスピードクッショニングモデル

クッション性重視|GEL-NIMBUS(ゲルニンバス)

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

クッション性を重視したいという方には、こちらのロングセラーモデル『GEL-NIMBUS(ゲルニンバス)』がおすすめです。初心者におすすめシューズとして安定性が高いゲルカヤノを紹介しましたが、こちらのゲルニンバスはサポート機能に優れた一足です。ミッドソールが厚く、ソールの素材であるFLYTEFOAMは初心者向けシューズの代表格であるゲルカヤノやGT-2000よりも厚さがあります。

また、踵部分にGELが配され、シューズの名前通り雲(ニンバス)に乗っているような柔らかさの吐き心地を感じられます。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
進化を遂げたアシックスが誇るクッショニングモデル
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
進化を遂げたアシックスが誇るクッショニングモデル

タイムを狙うランナーにおすすめ|ターサーエッジ2

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: asics.com

世界記録を打ち立てるようなトップアスリートも愛用してきた『TARTHER(ターサー)』シリーズ。マラソン大会のA・Bブロックあたりにいくと、途端にターサー率が高まります(笑)2020年にはターサーエッジの新モデルとなるターサーエッジ2が発売されました。

「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
“追従するFIT”をコンセプトに、フィット性を向上させたサブ3を狙うランナーのためのハイエンドレーシングモデル。
「【2021年最新】アシックスのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
“追従するFIT”をコンセプトに、フィット性を向上させたサブ3を狙うランナーのためのハイエンドレーシングモデル。

■前作『ターサーエッジ』についてはこちらから

ASICSの初心者おすすめランニングシューズ

Runtrip Channelのこちらの動画でも、ASICSの初心者向けのシューズとして『ゲルニンバス22』『グライドライド』をご紹介しています。

本当に自分にぴったりなシューズを探したいなら

専門的なサポートを受けながらぴったりなシューズを探したいという方には、こちらの記事でご紹介しているような科学的アプローチもおすすめです。ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHIで、最新技術を体験してみては?

スポーツショップの店員さんおすすめのアシックスランニングシューズ

Runtrip Magazineでは、定期的にスポーツショップの店員さんに対して、『イマおすすめしたいランニングシューズ』についてお話を聞いています。

ランニングシューズの専門家でもあるスポーツショップの店員さんは、一体どんなシューズをおすすめしているのか気になる方や、各店舗の意見を比較したいという方は、ぜひこちらの記事もご参考にしてみてください。

こちらの記事はRuntrip Channelでも動画として配信しています。


ぜひ、ぴったりのランニングシューズを探して、楽しいランニングライフを送ってください!

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY