新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!

「新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!」の画像

2月某日、アディダスジャパンはランニングステーション『adidas RUNBASE』のリニューアル、さらにランニングスポットへ赴く〝可動式〟のランニングステーション『adidas Mobile RUNBASE』の誕生を含めた戦略発表会を開催。

当日は特別ゲストとして第一生命グループ女子陸上部監督の山下佐知子さん、2015年世界陸上男子5000m代表の鎧坂哲也さん(旭化成)が来場し、陸上界を盛り上げる両名によるトークセッションが行われました。

”可動式”ランステ、”女性専用”ランシューなどがお披露目

「新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!」の画像▲会場は東京都千代田区にある『adidas RUNBASE』。2月より全面リニューアル化され、ランナーにとってより使いやすい施設となった

新しくなったRUNBASEでは、adidas Runners of Tokyoによるヨガ・トレーニングセッションの実施に加え、コールドプレスジュースのパイオニア「Sunshine Juice」とのコラボフード&ドリンクが提供されるようになりました。従来のランニングステーションとしての機能もそのままに、よりランナーが利用しやすい施設へと生まれ変わっています。

「こんなにスタイリッシュになって驚きました! これまでのランベースは便利なんだけど、狭くて着替えられないな、とかシャワーが浴びにくいなとか思っていたんです。でも、今日見たら広々としていますし、びっくりしましたね」(山下さん)

「以前は物販スペースになっていたところがリラックススペースになっているので、走り終わった後にはのんびりできて良いと思います」(鎧坂さん)

▲リニューアルされたRUNBASE。シャワーやロッカーが利用できるほか、レンタルでシューズやウェア一式、ウォッチも使用可能。その他にはランニング専門スタッフによる個別相談、飲食の販売、外国人観光客に向けたオリジナルRUNNING MAPの提供を行っている

また、可動式の『adidas Mobile RUNBASE』では、ランニングセッションのベースとなるほか、最新シューズの試し履きなども可能。ランナーの集まるところへ〝赴く〟新しいランニングステーションとなっています。これにはゲストの2人も大絶賛。

「新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!」の画像▲可動式の『adidas Mobile RUNBASE』は、ランナーの集まるところへ〝赴く〟という斬新なコンセプトとなっている

「わざわざお店に行かなくても、『これから走るぞ』という状況下で試し履きができるというのはうれしいこと。仲間とも一緒に行けるので、よりコミュニケーションを取れるという意味でも楽しそうですよね」(山下さん)

「今までは店頭で少し履いて、『いいのかな』という疑問がある中で購入になることが多かったですよね。実際に走ってみないとわからない感覚もあるので、走ってみて自分がいいなと思うものを購入できるというのは素晴らしいと思います」(鎧坂さん)

「新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!」の画像▲女性に特化したシューズや可動式のランニングステーションを歓迎している山下佐知子さん。選手時代は世界選手権東京大会で女子マラソン銀メダル、バルセロナ五輪同4位などの実績を持ち、現在は実業団・第一生命グループの女子陸上競技部監督として後進の指導にあたっている

さらに、2月22日からは女性専用ランニングシューズ『UltraBOOST X(ウルトラブースト エックス)』が発売。女性の足にフィットして心地よい履き心地を提供するだけでなく、足元をすっきりと見せるシルエットや、ファッション性にもこだわっているとのこと。

「新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!」の画像▲2月22日から発売開始となった『UltraBOOST X(ウルトラブースト エックス)』。女性専用のランニングシューズとして、高いデザイン性と機能性を併せ持つ(¥20,000+税、サイズ22.0~28.5cm)

「こうやって女性ランナーの身体に特化したシューズや色ができるのは非常にいいなと思います。デザイン性が高いので、ジョギングをする時に、わざわざシューズを持っていかなくても履いていけるんですよね」(山下さん)

東京都は2020年にオリンピック開催を控えますが、現役アスリートの鎧坂選手は「日に日に東京オリンピックが近づいているのを実感しているので、代表を逃さないようにがんばって取り組んでいるところです」と、虎視眈々と自国代表の座を狙っている模様。

「新しくなった『adidas RUNBASE』は何が違う? 山下佐知子さんも驚き!!」の画像▲選手の視点から、ランニングステーションの在り方や2020年東京五輪への抱負を語った鎧坂哲也選手(旭化成)。5000mと10000mでともに日本歴代2位の記録を持ち、正月の全日本実業団対抗駅伝ではチームの2連覇に貢献している

そんな東京の中心ともいえる千代田区に拠点を構える『adidas RUNBASE』では、今後もさまざまなランナー向けのプログラムを実施予定。

「初めて走るランナーの方にも、これまでしっかり走り込んできた方にとっても、本当に使いやすい施設になっています。是非どんどん利用していってほしいと思います」(鎧坂選手)

皇居ランを楽しむ方は、新しくなった『adidas RUNBASE』にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

<adidas RUNBASE 詳細>
https://shop.adidas.jp/running/community/runbase/

■営業時間
平日:7:00〜22:30(最終受付時間21:30)土日祝:7:00〜20:30(最終受付時間19:00)

■利用料金
ロッカー、シャワー利用:800円 / 回数券(10枚):5500円
マイロッカー会員:月4500円   /     シューズロッカー会員:月1500円

■レンタル
シューズ:100円/ タオル(小):100円/タオル(大):200円
ウェア(一式):500円/ウェア(一点):300円/ジャケット、Tシャツ、パンツ、ウォッチ:100円

FOOD & DRINK CORNER
■営業時間
平日:16:30 – 21:30 土日祝:9:00 – 13:00

<ADIDAS RUNNERS OF TOKYO>
https://shop.adidas.jp/running/community/

UltraBOOST X 詳細
https://shop.adidas.jp/running/ultraboost/

おすすめアイテム by Runtrip Store

松永貴允が執筆した記事

関連記事