トレイルランニング業界の「驚異の新人」、上田瑠偉のデビュー秘話に迫る

「トレイルランニング業界の「驚異の新人」、上田瑠偉のデビュー秘話に迫る」の画像
Pocket

「トレイルランニング業界の「驚異の新人」、上田瑠偉のデビュー秘話に迫る」の画像

ベテランの活躍が目立つトレイルランニング業界で、その存在感を年々強めている23歳の上田瑠偉選手。2013年の『日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)』(71.5㎞)では20歳の若さで5位入賞を果たし、14年には驚愕の大会新記録(7時間01分13秒)で初優勝。〝驚異の新人〟として一躍脚光を浴びました。

そんな上田選手は今季も絶好調。4月には「ハセツネ30k」「Korea 50k(韓国)」と連勝を飾り、国内外で活躍を続けています。そんな若手のホープに、トレイルを始めたきっかけやその魅力、今後の目標について語っていただきました。

不調を乗り越え、今季も国内外で連勝を重ねる

「トレイルランニング業界の「驚異の新人」、上田瑠偉のデビュー秘話に迫る」の画像先日行われた「Korea 50k」(韓国)で見事優勝を果たした上田瑠偉選手 [写真提供=ご本人]

――4月は2日に「ハセツネ30k(17㎞)」、23日に韓国遠征「Korea 50k(59㎞)」と連続優勝を果たしましたが、まずはこの2レースを振り返っていただけますか?

まず、その前に2月、3月と調子を落としていまして、全然足が上がらない、スピードが出せない、という感じがずっと続いていたんです。ようやくまともに走れるようになったのがハセツネの2週間前かな。そこから徐々に強度を上げてのレースだったので、まさか勝てるとは思っていませんでした。さらに今年は(ハセツネ30kが)17㎞に距離が短縮されて、コースの6~7割がロードという高速レースで、余計自信がなかったですから……。練習が積めていない中で勝てて本当に良かったです。

――17㎞という距離は上田選手的に苦手意識があるのですか?

短すぎて、あまりトレイルでは出たことのない距離ですね。しかもロードの強い選手が出てくるということで、戦略としてはそういう選手たちにひたすら付いていこうと(笑)。あのレースはアベレージでキロ4分を切っていましたからね。トレランのレースではありえないことです。

――その流れでの韓国遠征はいかがでしたか

初めて韓国に行ったのですが、いろいろ文化に触れて、食事も美味しかったです。コースは「日本と似ているようで違う」というのが印象的ですね。景色も山の近くにビルが建っていたり、コースはバリエーションに富んでいて、岩場みたいな所もあれば、川を何度も渡ったりもして。終始楽しく走ることができましたね。

――その後はゴールデンウィーク中にも大会に出場したそうですね

はい、5月3日に「UEDA VERTICAL RACE(5㎞)」に出場しました。「スカイランニング」という競技のバーティカル種目で、ユース(U23)日本選手権に位置付けられている大会です。距離は5㎞なんですけど、累積標高は1000m。結果としては総合2位で、ユースの部では優勝することができました。去年は総合3位でユースの部でも2位だったので、成長があったのかなと思いますね。

駅伝で全国優勝を経験、名門校のキャプテンへ

「トレイルランニング業界の「驚異の新人」、上田瑠偉のデビュー秘話に迫る」の画像

――23歳以下の日本一となった上田選手ですが、そもそも最初に走り始めたきっかけを教えていただいてもよろしいですか?

初めて競技会に出たのは小学校3年生の時で、地元の陸上大会でした。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

関連記事

松永貴允が執筆した記事

Runtrip via