2017年3月9日

サブ2を実現する舞台は「F1サーキット」!? ナイキ”Breaking2”プロジェクトの会場が決定!

「サブ2を実現する舞台は「F1サーキット」!? ナイキ”Breaking2”プロジェクトの会場が決定!」の画像
Pocket

先日もお伝えしたナイキのイノベーションプロジェクト、「Breaking2」。このプロジェクトについて新たな進展がありました。全てのランナーにとっての夢であるサブ2を達成するためのコースが決定したのです。今回は、そんな「Breaking2」の最新情報をお届けします。

前回までの情報はこちら

夢のサブ2達成のコースは「イタリアのモンツァ」

「サブ2を実現する舞台は「F1サーキット」!? ナイキ”Breaking2”プロジェクトの会場が決定!」の画像

ベルリンのブランデンブルク門、ボストンの心臓破りの丘、ロンドンのテムズ川沿いの道、ニューヨークシティのヴァラザノ=ナローズ橋、ミシガン湖を取り囲む景観。これらは、世界でも有名なマラソンコースの大きな特徴で、毎年、何万ものランナーがこのコースに挑むために練習を続けます。単に42.195km を走破するだけではなく、各大会ごとに異なる気象条件や路面環境に備えるための準備もします。

ほとんどのランナーにとってフルマラソンとは、完走することが大きな目標となります。しかしナイキの大きな挑戦となる Breaking2 に関わるアスリートのエリウド・キプチョゲ、レリサ・デシサ、ゼルセナイ・タデッセにはさらに大きな目的があります。それはランニングの世界でも神の域と思われている、マラソン2時間の壁を破ることです。

うなりを上げるエンジンや忙しく動き回るピットクルーは、マラソンの世界とはこれまでほぼ無関係にありました。しかし、大いなる野望を叶えるには、既定概念を破る考え方が求められます。キプチョゲ、デシサとタデッセの挑戦を支える多様な人材からなる Breaking2 チームは、都市を拠点にしたコースという考えを転換し、スピードの代名詞とも言えるオートレーシングトラックに目を向けました。

「サブ2を実現する舞台は「F1サーキット」!? ナイキ”Breaking2”プロジェクトの会場が決定!」の画像

理想的なレース場所の決定には、最適な条件を整えるというただ一つのゴールのために、高度、気温、気圧などを始め、膨大な要素からなる環境的特徴の検討が求められます。最適な場所を見つけるために、世界各地をくまなく探した結果、Breaking2チームはイタリア、モンツァ郊外にあるアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(通称モンツァ・サーキット)の2.4kmのループに決定しました。

この場所は、環境的な必須要件を備えています。気温は常におよそ摂氏12度程度、気圧も12mmHg以下です。さらに、空はどんよりしていることが多く(ランナーに対する熱による負荷を最低限に抑えられる)、コースが海から離れ、多くの木々に囲まれた場所にあるため、気流の方向が突然変わることもありません。

当然これらのデータや環境条件が 2 時間の壁を破ることを保障するわけではありません。ループ構造、コースの長さや高度もその挑戦を最適化するための必須条件となります。

環境条件の詳細はこのとおりです。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

Runtrip編集部が執筆した記事

関連記事