2017年2月2日

52年間、毎日ランニングしていた男性の記録、1万9032日で途絶える

「52年間、毎日ランニングしていた男性の記録、1万9032日で途絶える」の画像
Pocket

「52年間、毎日ランニングしていた男性の記録、1万9032日で途絶える」の画像

皆さんは1週間に何回ほど、ランニングに取り組んでいますか?レース前で意気込んでいる時は、週に3、4、5回と走る方もいるかもしれませんね。しかし、なかなか7日と回答する方はいないでしょう。毎日ランニングをするなんて、筆者からすると現実味のない話です。

しかし、世の中は広いもので、1週間に7回もランニングを取り組む人がいるのです。英国のランナーであるロン・ヒルさんは、78歳と高齢ながら、毎日、ランニングを続けていました。しかも、驚く無かれ、これが52年間も続けていたのです。1964年12月からスタートし、毎日コツコツと走っていたヒルさん。

実はヒルさん、オリンピックに3度も出場したことのある実力者。1970年のボストン・マラソンでなんと優勝も。

しかし、そんなヒルさんにトラブルがおそいます。

2月1日(水)AFPが伝えるには、ヒルさんのランニングが1万9032日で終わってしまったとのこと。

「400メートルもしないうちに胸が痛み出して、残りの800メートルはそれがひどくなるばかりだった。死んでしまうのだろうと思ったが、1マイルを16分34秒で完走できた。止める以外に他ない」と、ヒルさんのコメントをAFPで紹介しています。

こんな状況であっても、1マイル(1.60934m)を16分で走ったヒルさん。ランニングを始めたことで、「上には上がいる」ということを筆者は学びましたが、今回のヒルさんもまた、これにあたります。

願わくば、このまま連続ランニング日数を伸ばして欲しかったと思うのは、筆者だけではないでしょう。無事、体調が戻って再び走ってくれることを、祈っています。

「52年間、毎日ランニングしていた男性の記録、1万9032日で途絶える」の画像

「52年間、毎日ランニングしていた男性の記録、1万9032日で途絶える」の画像
Pocket

ワニの左手が執筆した記事

関連記事