HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

HOKA(ホカ)のランニングシューズ『CLIFTON(クリフトン)』や『BONDAI(ボンダイ)』シリーズが人気を集めるなか、HOKAの中でも古参となるシリーズの最新作『ARAHI 7』が登場。本シューズはRuntripお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんがシリーズ通して履き続けるほど、非常におすすめのシューズだと話します。

今回はそんなARAHI 7を『CLIFTON』シリーズとの履き分け方も交えながら徹底解説。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

CLIFTONとペアになるスタビリティシューズ

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像
(左から)ラントリップ・大森、シューズアドバイザー・藤原岳久さん

大森:今回ご紹介するシューズはホカ『ARAHI 7』です。ホカのデイリートレーナーといえば『CLIFTON』シリーズや『BONDAI』シリーズが人気かと思います。そんななかARAHIシリーズの特徴とは?

藤原:7代に渡ってシリーズが続く、ホカでは昔から愛されてきたモデルです。ホカはもともとニュージーランドのマオリ語からブランド名が名付けられました。そんなマオリ語は日本語と似た子音と母音の組み合わせで言語が成り立っています。

大森:たしかにアラヒって日本語のようにも感じられますね。

藤原:日本人には親しみを感じるシューズですが、CLIFTONやBONDAIシリーズよりも知名度は低いかと思います。そんなARAHIはCLIFTONと対になり得るシューズです。CLIFTONがニュートラルな、基準となるデイリートレーナー。ARAHIが接地時の安定性を強化したスタビリティ重視のデイリートレーナーと位置付けることができます。

他メーカーで例えると、CLIFTONはアシックス『GEL-NIMBUS』にあたり、似たモデルのアシックス『GEL-KAYANO』がARAHIに近いです。

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

藤原:ARAHIは接地時の安定性、スタビリティに対する考え方が非常に面白いです。接地時の安定性を高めるための方法として、足の過剰な回内(内側への倒れ込み)を抑制する目的でシューズ内側にサポートを施すことが一般的です。

ARAHIのアウトソールも内側に『J-Frame™』が施されています。ポイントは形状が“J”の形状となっている点です。

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

藤原:シューズの内側だけでなく、かかと周り全体がフォローされていますね。登場以来、ARAHIはJ-Frame™を採用し続けており、現在はスタビリティシューズが増えていますが、このジャンルのパイオニアと言っていいかもしれません。

なんだか履きたくなる、洗練されたシューズ

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

藤原:これまで内側からかかと周りのサポートを施すというコンセプトで一貫してきたARAHIですが、今作でもJ-Frame™は健在です。

CLIFTONはクッション性が特徴で柔らかな走りを体感できるかと思いますが、比較した際にはARAHIの方がかかと周りのサポート性は高いです。走り始めたばかりのランナーや、長い距離を走ることが不安な人には、私はARAHIをおすすめしますね。すでにCLIFTONをお持ちの方は、ペアでARAHIを購入することもいいでしょう。

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

藤原:CLIFTONはマシュマロのようなクッションを味わえる、ホカを代表するポップなシューズ。対してARAHIは堅実で真面目なタイプのシューズです。

学校で考えると、クラスメイトにはポップな人気者だけでなく、真面目なキャラクターも必要ですよね。CLIFTONやGEL-NIMBUSなど、注目度の高いシューズをお持ちの方には、一足ARAHIを持っていると重宝するでしょう。

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

藤原:昔からARAHIを着用してきましたが、なんだか履きたくなるシューズなんです。機能満載の偏ったシューズではなく、洗練されたシンプルなシューズだからこそ履きたくなるのかもしれません。

大森:人気のあるデイリートレーナーをたくさんお持ちの方は、ぜひ購入を検討していただければと思います。価格は税込22,000円です。

***

シンプルで洗練されたスタビリティシューズのARAHI 7。これからランニングを始める方、日々のランニングでシューズを使い分けたいランナーにおすすめの一足です。

詳細情報

ホカ|ARAHI 7

「HOKA(ホカ)のクセのないランニングシューズ「ARAHI 7」。一足あると重宝する理由とは?」の画像

価格:¥22,000(税込)

そのほかのカラーはこちら

【動画からご覧の方はこちら】


あわせて読みたい


藤原 岳久さん
FS☆RUNNING(旧藤原商会)代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)

FS☆RUNNINGオフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
「ITEM」の新着記事

CATEGORY