【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像

アディダスから登場した厚底レーシングシューズ『ADIZERO ADIOS PRO 3』。本記事では、前作からの進化やおすすめのランナーについてRuntripお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんとレビューしていきます。

藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

初代・前作の魅力がブレンドされた「ADIZERO ADIOS PRO 3」

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像

大森:アディダス『ADIZERO ADIOS PRO 3』は藤原さんから見てどうでしょうか。

藤原:シューズに“走らされる”感覚がすごいですよね。私は3分25秒/kmのペースで4km走ってみました。

大森:シューズによって前へ進んでいく感覚がありますよね。

藤原:初代ADIOS PROとADIOS PRO 2の良さをブレンドしたのが今作という印象を受けました。

大森:私は初代を履いた時に接地時間の長さを感じましたが、前作はそれが軽減された気がしました。

藤原:ADIOS PRO 2の方がドロップによる推進力を感じましたね。軽量感により少し不安定さが出てしまい、私は初代の方が好きでした。それがADIOS PRO 3になって、初代の安定感と前作のクッション性がブレンドされました。ドロップも前作8.5mmから6.5mmに変わりました。

大森:たしかに、前作は傾斜がきつく感じました。

藤原:そうですね。それが今作でフラットに近づきました。

安定感の高いレーシングシューズ

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像

藤原:アディダス独自のカーボンテクノロジー『EnergyRods (エナジーロッド)』がフルレングスになり、ほとんど屈曲しないようになりました。

大森:それが安定感につながったんですね。

藤原:走るとEnergyRodsがしなってバネのようになるので、速いペースで走るとこのシューズの良さがわかります。

大森:前作と比べて、プラットフォームも広くなりましたよね。

藤原:前作は履いた瞬間、外側に流れていましたが、ADIOS PRO 3は安定感がありますね。

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像

藤原:アウトソール素材はグリップ力と耐久性に優れたコンチネンタルラバーと軽量なラバーが採用されました。さらに、着地しない部分は抉られて、限りなく軽量化しています。

大森:重量が前作210gで、今作が215g数値上は重くなりましたが、搭載されている構造を考えるとかなり軽いですよね。

藤原:200g超えると重いと感じる方もいますが、それは薄底シューズの感覚。機能が増えることで重量は重くなりますが、215gであれば十分に軽いと思います。

大森:確実にシューズの機能は増えてますからね。

藤原:数字ではなくて自分の感覚でたしかめてメリットを感じていただきたいです。スペックに左右されず、ご自身で確かめることをおすすめします。

サイズ感とおすすめの使用シーン

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像

藤原:普段私は25.0cmを履いていて、前作もワンサイズ下げるか悩みました。しかし、今作はワンサイズ下の方がフィットしています。

前足部にはゆとりがあり、かかと部分は絞られているので足幅が広い方にもおすすめです。シュータンがガセットタイプなので、甲高の方も足入れしやすいでしょう。

大森:あらゆるランナーにフィットしますね。

藤原:踵のプルストラップも折りたためていいですよね。

大森:いいですよね。また、ソールの素材は前作と変わっていないのでしょうか?

藤原:今作は『ADIZERO PRIME X』に配されている素材がより柔らかくされた素材だと思われます。ADIOS PRO 3はソールが柔らかいので自分の脚力で安定させるシューズですが、決してエリートしか履けないシューズではなく、5kmやハーフマラソンで使うこともおすすめです。

大森:同時期に『ADIZERO BOSTON 11』『ADIZERO JAPAN 7』も発売されましたね。

藤原:トレーニングでADIZERO BOSTON 11を使っている選手はADIOS PRO 3をレースで使うというトップ選手が多いそうです。市民ランナーもそのような履き分け方が良いでしょう。

大森:そうですね。そういった意味では、レースで履くのが楽しいシューズですね。価格は税込26,400円。ぜひチェックしてみてください!

マラソンシーズンに向けてレーシングシューズを探している方が多いこの時期。ADIZERO ADIOS PRO 3を履いて、レース本番に挑戦してみてはいかがでしょうか。

商品詳細

ADIZERO ADIOS PRO 3

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像
出典: adidas.jp

価格:¥26,400(税込)

「【アディダス】厚底レーシングシューズ「ADIZERO ADIOS PRO 3」は安定感が向上した一足」の画像
反発性と安定感を両立した厚底レーシングシューズ


併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY