【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像

アメリカでシェアNO.1を誇るランニングシューズブランド・ブルックスからカーボンプレート搭載シューズ『HYPERION ELITE 3』(ハイペリオン エリート 3)が登場しました。

2021年4月オレゴン州で行なわれた『BROOKS 50K&Marathon』で、デジレ・リンデン選手が世界記録を更新した際に着用していたことでも話題となったこのシューズ。本記事では、HYPERION ELITE 3についてラントリップお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんとレビューしていきます。

藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

「HYPERION ELITE 3」の特徴

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像
(左から)ラントリップ代表・大森、シューズアドバイザー・藤原岳久さん

大森:『HYPERION ELITE』シリーズはカーボンプレートを搭載した、人気シューズ。今作『HYPERION ELITE 3』はどのような点がアップデートされましたか。

藤原:初代から前作『HYPERION ELITE 2』はアッパーが同じで、ソールのアップデートがありました。そして今作ではソールの形状は2と同じで、アッパーがニットアッパーへ変更になりました。

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像

藤原:とても履きやすくてブルックスらしいアッパーのフィット感を感じます。。シューレースの断面が凹凸で解けにくい仕様になりました。今作はアッパーのみアップデートですが、私はそれだけのアップデートではないと感じています。

走行データを計測すると、非常に良い数値が出ました。バランスが良く、LSS(Leg Spring Stiffness)が高い数値を出しました。着地時の安定感があり接地時間も短いです。

大森:弱い力でも跳ねてくれるんですね。

藤原:垂直振動の数値が厚底レーシングシューズ並みです。収録前に1600mを2本、とても楽に走れました。一方で、ネガティブな要素があるとすれば、重量が230gなので少し重さを感じます。

大森:なるほど。前作の215gから重くなっていますね。

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像

藤原:ミッドソール素材には『DNA FLASH』という軽量で反発性の高い素材が採用されました。カーボンプレートやニットアッパーなど、多くの素材が搭載されたシューズです。安定性を確保するためには230gでも限りなく軽くなっているはずです。

大森:さきほど、ソールの形状は変わっていないと話していましたが、藤原さんが履いた感触はどうでしょうか。

藤原:素材の配合が前作とは確実に変わっているのでバウンドの感触が違います。また、ソールの厚さも違うように感じました。

大森:アッパーが変わっただけでは、重くならないですからね。また、変更されたアッパーはどうでしょうか?

藤原:前作は柔らかいレーシングアッパーでした。今作でニットアッパーへ変わり、しっかりとしたブルックスらしいフィット感があります。

多くのランナーへおすすめのテンポアップシューズ

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像

藤原:使用シーンとしては、ホカCARBON X 3にも似ていて、テンポアップ走やフルマラソンに使えるシューズです。

大森:たしかに似ています。

藤原:今作は少し重くなりましたが、テンポアップでの使用には十分な軽さです。フルマラソン2時間34分台の私はレースでもっと軽いシューズにしたいですが、トレーニングには十分使えます。デジレ・リンデン選手がHYPERION ELITE 3を着用して50kmの世界記録を更新。2時間59分54秒という、従来記録を約7分更新する結果でした。

大森:50kmで3時間を切るタイムは、とんでもない記録ですね。

藤原:安定感が非常に高く、ロングレースにおすすめです。マラソンでサブ3ランナーからサブ4を目指すランナーまで幅広くおすすめしたいです。初めてのカーボンプレートシューズとして、10kmのレースを走る方にもぴったりです。

大森:たしかに、初心者にとっても履きやすいシューズですね。

藤原:非常に履きやすくて、2022年全体のベストシューズに選ぶ可能性もありますね。また、これまで『HYPERION TEMPO』との違いがそこまで感じられませんでした。しかし、HYPERION ELITE 3は見事にアップデートされ、HYPERION TEMPOとは全く違うシューズになった印象を受けます。

大森:今回のアップデートでより機能性が高められたということですね。HYPERION ELITE 3の価格は税込29,700円。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ここまでブルックス『HYPERION ELITE 3』についてシューズアドバイザー・藤原さんに解説していただきました。秋のマラソンシーズンに向けて、シューズを探している方は参考にしてみてくださいね。

商品詳細

ブルックス|HYPERION ELITE 3

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像

価格:¥29,700(税込)

「【ブルックス】「HYPERION ELITE 3」の履き心地は?初めてのカーボンプレート搭載シューズにもおすすめ」の画像
アッパーが改良され、走り心地が進化したテンポアップシューズ


併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY