【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像

独特の見た目と優れたクッション性が特徴のシューズブランド『On』。ゴムホースを輪切りにしたような形状のミッドソールは見た目が似ているので、各シューズの特徴を知りたい方も多いのではないでしょうか。

本記事では、シューズアドバイザー・藤原岳久さんにOnのシューズの履き分け方について解説していただきました。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

Onの各シューズの機能と特徴

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像

大森:今回はOnのランニングシューズの履き分け方について藤原さんに解説していただきます。

藤原:Onのシューズは見た目が似ているので、今回の企画はとてもニーズがあるのではないでしょうか。

大森:今回紹介するのは『Cloudboom Echo(クラウドブーム エコー)』『Cloudflow(クラウドフロー)』『Cloudmonster(クラウドモンスター)』の3足です。

藤原:シューズの使用用途としては『Cloudmonster』はデイリートレーナー、『Cloudflow』はテンポアップ、Cloudboom Echoはレーシングといった感じですね。Onのシューズでもジョギング向けシューズはいくつかありますが、今はデイリートレーナーといえばCloudmonsterですね。

大森:ジョギングは『Cloudmonster』一択ですか?

藤原:一択です。とても軽量で手に持った感じが全然違いますね。

大森:確かに!軽いですね。

藤原:『Cloudflow』や『Cloudboom Echo』でワークアウトするときに、『Cloudmonster』をウォーミングアップで使用したり、ジョグやLSDにもおすすめです。『Cloudmonster』はソールが屈曲せず、ガイド感が強い6mmドロップの厚底シューズで、単体のレビュー動画でも紹介していますが、デザインもオシャレですしOnのシューズの最高傑作ですね!

大森:1作目にして最高傑作!気になる方はレビュー動画をチェックしてみてください。

藤原:『Cloudflow』も凄くいいシューズなんですよ。名前に”Cloud(クラウド)”が付いていて、どれも見た目が同じに見えますが、Cloudflow』には樹脂製のスピードボードが入っていて、インソールと同じような役割もあります。

さらに、『Cloudflow』のスピードボードは柔らかくしなるようにつくられていて、カーボンプレートのような感覚でもあります。

大森:なるほど。

藤原:見てわかる通り、ソールが薄く地面の接地感覚を高めてくれるので、テンポアップにおすすめのシューズです。踵のラバー面のみにカーボンが使われていて、耐摩耗性も高いのですが、軽さや接地感を重視したシューズ。ソールが屈曲してランナー自身の動きに追従してくれる、スピードを上げて走りたいときにおすすめのシューズですね。

大森:なるほどですね。

藤原:『Cloudboom Echo』はカーボンファイバー製のスピードボードが入っていて、デイリートレーナーと同様にロッカー形状を強めた前足部のガイドがあるシューズ。地面との接地時間を短くし足への負担を軽減にも繋がる、ランニングエコノミーの向上を見込めるレースデイシューズです。アッパーは軽量なエンジニアードメッシュでミニマルなつくりになっていますね。

大森:助力を感じるシューズですね。

藤原:そうですね。どのシューズも『Helion®(ヘリオン)』という反発弾性があるTPU素材がソールに使われていますが『Cloudboom Echo』は軽量で最も反発を感じられるシューズです。

3モデルのおすすめシーンと履き分け方

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像

藤原:『Cloudmonster』も十分バウンドが感じられるんですけど、軽くてもっと反発を得られるのが『Cloudboom Echo』ですね。なので、『Cloudmonster』はデイリートレーナー、『Cloudflow』はワークアウトやテンポアップ、『Cloudboom Echo』はレースデイ、といったように使い分けるのがおすすめですね。

大森:なるほど。

藤原:3足揃えられないという方は、『Cloudmonster』と『Cloudboom Echo』だけでもいいと思います。

大森:『Cloudmonster』も結構スピードを出せて驚きました。ある程度のテンポアップやペース走で使えると思います。

藤原:または『Cloudmonster』と『Cloudflow』の組み合わせでもいいですね。

大森:たしかに。人によっては『Cloudmonster』だけでもいいかもしれないですね。

藤原:そうですね。”Cloudmonsterだけ”でもいいですね。逆に『Cloudflow』と『Cloudboom Echo』を揃えて『Cloudmonster』がない状態はつくらない方がいいですね。

『Cloudboom Echo』と『Cloudmonster』は同じようなのつくりのシューズですが、踵の面積が違うので、接地時の安定感、足への衝撃も大きく変わってきます。2足揃えるのであれば『Cloudmonster』との組み合わせるのがおすすめですね。

大森:確かに、そうですね。

藤原:走り込んでいて『Cloudboom Echo』だけ持っている方も、『Cloudmonster』もあると良いと思います。サブ3の大森さんも持ってますからね。

大森:めちゃくちゃおすすめです。最終的に『Cloudmonster』絶賛になってしまいましたが、ご紹介した履き分け方を参考にしてみてください。

シューズ詳細

Cloudmonster

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像

 

・価格:¥ 18,480(税込)

■メンズ


■ウィメンズ

 

Cloudboom Echo

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像

・価格:¥29,480(税込)

Cloudflow

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像
・価格:¥16,830(税込)

「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像
軽量、高速、抜群のクッション性でトレーニングからレース本番まで快適な履き心地を提供
「【On】最新ランニングシューズ3選!シューズの特徴と履き分け方」の画像
軽量、高速、抜群のクッション性でトレーニングからレース本番まで快適な履き心地を提供

併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY