【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?

「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像

各メーカーから次々と機能的なランニングシューズが発売される昨今、どのシューズがフィットするか迷う方も多いのではないでしょうか。そんな方へおすすめしたいシューズが、長年進化し続けるアシックスの定番モデル『GEL-KAYANO 28(ゲルカヤノ 28)』。

こちらのシューズを、ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんとレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

28代目。進化を続ける「GEL-KAYANO」

「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像
シューズ名の通り、28代目と歴史のある『GEL-KAYANO』シリーズ。1993年に発売されて以来、約四半世紀もランナーから愛される定番シリーズです。アシックスの伝統を継承しながら、進化を重ねて今作に至ります。

デザインが刷新されサポート機能も充実

「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像

今作のアップデートで1番目を引くポイントが『デザイン性』。前作までのゴツゴツとしたシルエットから一新され、シンプルなデザインに生まれ変わりました。ヒールカップやトラスティック(アウトソール中央のねじれを抑制する部品)などの機能は内蔵され、見た目とは裏腹にサポート機能が充実した『ラグジュアリー感』あふれる一足です。

また、ドロップはメンズ10mm、ウィメンズ13mmと快適な走り心地をサポートしてくれます。

足裏にフィットするようなソフトな履き心地

ミッドソールは、上層部全体に『FF Blast』が採用され、軽量性・高反発性を確保。それとGELを挟むようにかかと部分の下層に『FLYTEFOAM™』が採用されています。

この3層構造により、足裏にフィットするようなソフトな履き心地が得られ、アシックスの他シリーズ『GT-2000』や『NOVABLAST』とはまた違った履き心地を楽しめます。

おすすめの活用シーン

「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像
『GEL-KAYANO 28』は、サポート機能が充実したシューズが欲しいという方におすすめ。

アシックスの初心者向けランニングシューズとして比較される『GT-2000』シリーズと機能性のバランスは似ていますが、『GEL-KAYANO』シリーズはより機能性が高いモデル。まずは『GT-2000』シリーズを履いて、慣れてきたら『GEL-KAYANO』シリーズにアップデートするといった使い分けもおすすめです。

GEL-KAYANO 28

「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像
出典: asics.com

価格:¥17,600(税込)

「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像
デザイン性が刷新された、アシックスを代表するロングセラーモデル。今作からクッション性と反発性に優れた『FF BLAST』をミッドソール上層部に採用
「【アシックス】「GEL-KAYANO 28」デザインが刷新された定番モデル。GT-2000シリーズとの違いは?」の画像
デザイン性が刷新された、アシックスを代表するロングセラーモデル。今作からクッション性と反発性に優れた『FF BLAST』をミッドソール上層部に採用

個性的なシューズも数多く登場する昨今ですが、定番シューズ『GEL-KAYANO 28』を履いてランニングを楽しみましょう!

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY