トレランシューズのお手入れや寿命の目安は?気になるポイントを解説

「トレランシューズのお手入れや寿命の目安は?気になるポイントを解説」の画像

立川のトレイルランニング専門店『Trippers(トリッパーズ)』店長で、ご自身もトレイルランレースを走る朝長拓也さんにトレランシューズのお手入れ方法と寿命を解説していただきました。

トレランシューズのお手入れ方法

ロードシューズよりも泥や砂で汚れやすい『トレランシューズ』。汚れたまま放置してしまうと、砂ぼこりがメッシュの間に詰まり、通気性が悪くなったり、素材が固くなってしまう原因にも。朝長さんは、「長く使い続けるためにもシューズのお手入れをしてほしい」と呼びかけます。

1.シューレースを抜く

「トレランシューズのお手入れや寿命の目安は?気になるポイントを解説」の画像

まずはシューズからシューレースを全て抜きます。ひと手間かかりますが、シューレースを抜くことでシューズ全体をしっかり洗えるようになります。

2.インソールを外す

インソールもシューズから取り外します。インソールにも汗や汚れがついているため、インソール単体で洗いましょう。

3.シューズの砂や埃を落とす

シューズを洗う前に、まずはシューズに付着している砂や埃を軽く落としていきます。

4.洗剤で優しく洗う

ぬるま湯に浸けて、洗剤で洗います。素材を痛めない原料を使用したシューズ用洗剤が望ましいですが、薄めた洗濯用洗剤でも代用可能とのこと。生地に詰まった汚れはシューズ用ブラシや歯ブラシで落としていくことをおすすめしています。

5.直射日光を避けて日陰干し

シューズは熱に弱く、熱が加わると生地が痛んでしまうため、できるだけ日陰干しを推奨。「シューズランドリーは便利ではあるものの、乾燥の際に高温の熱が加わるため、生地を痛めてしまうリスクがある」と朝長さん。

トレランシューズの寿命

朝長さんによると、トレランシューズの寿命は走行距離にして約500km程。路面状況やランナーの走り方などの使用条件により寿命は変化するので、あくまで目安として捉えてほしいとのこと。

アウトソールのラグ部分が擦り減りフラットになってきたら、滑ったり、ケガの原因にもなるため交換をおすすめしています。

シューズの履き分けについても、「クッションやグリップに明確な違いのあるシューズを2足以上持っていると路面状況によって使い分けできて、シューズの寿命も伸びる」と朝長さん。

ラグ部分の擦り減りがなく、走行距離が500kmまで達していない場合でも、劣化してソールとアッパーが分解してしまうこともあるため、購入してから5年以上経っているシューズは交換してほしいと言います。保管状況についても、湿度が高い環境はなるべく避けて保管することが大切です。

トレイルランに行くランナーも増えてくるこれからの季節。シューズを大切に使い続けるために、ぜひ朝長さんの解説を参考にしてみてください!

合わせて読みたい


朝長 拓也さん
トレイルランニング専門店 Trippers 代表/ JAFTスポーツシューフィッター
2012年にトレイルランニングに目覚め、2017年にTrippersを立ち上げる。
※前職はアパレル企業で服の型紙を作るパタンナー
2018年トレニックワールド彩の国100mile 完走
2020年 KOUMI100 完走

Instagram
Facebook
オンラインストア

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY