走って3ヶ国を制覇。見えてきたのは「人生の答え」|Jup brown(ジャップ・ブラウン)さん

「走って3ヶ国を制覇。見えてきたのは「人生の答え」|Jup brown(ジャップ・ブラウン)さん」の画像
Pocket

ニュージランド・日本・アメリカを、自分の脚で「走って」横断した男性。それが、今回インタビューさせて頂いたJup brown(ジャップ・ブラウン)さんです。その軌跡について、彼は次のように語ります。

「circle of awesomeness(サークル・オブ・オウサムネス)」

長い髪に、ブルーの透き通った目、そしてチャーミングな笑顔のJupさんに、各国でのストーリーと彼が持つ熱い思いを伺いました。

「走って3ヶ国を制覇。見えてきたのは「人生の答え」|Jup brown(ジャップ・ブラウン)さん」の画像

パッションがあるなら、あとは『靴をはく』だけ

——まずは、これまで走った国を教えてください

始まりは2011年9月。67日間かけて、ニュージランドを縦断したんだ。その後、2012年4月から3ヶ月間で日本を縦断、さらに2015年には、アメリカ横断をやり遂げたよ。このときはカナダを経由し、自転車でスタート地点のロサンゼルスまで帰ってきた。だから、北米1周だね(笑)

——何ヶ月も走り続けるなんて、生半可な覚悟ではできませんよね。なぜやろうと思ったんですか?

きっかけは、本当に軽いノリだったんだ。僕はニュージランド出身だけど、あまりニュージーには住んでなくて。実際には日本やヨーロッパ、アメリカを転々としていたんだ。

各地で「ニュージランドってどんなところ?」と聞かれるんだけど、何も答えることができなかった。だから、「自分の故郷についてもっと知りたい」と思ったんだ。それからすぐに自分が回りたいニュージーのスポットをリストアップして、ルートを決めたよ。最初はなるべくお金をかけたくないから、自転車でまわろうと思ったんだ。でも、どうせなら誰もやっていないことをやりたくて、選んだのが『走る』っていう手段だった。

——走ることを手段として、横断を始められたんですね

そう、だけどいざ始めるまでの決断には時間がかかったよ。ニュージランドの地図を広げて、1日に走るルートを作る。入念に準備したけど、自信がなくて悩んでいたわけだね。そこで、フィットネストレーナーをしている従兄弟に相談したんだ。そうしたら、彼は簡単に「いけるよ」って。理由を聞いたら、こんなことを言っていたよ。

「ここまでプランができているっていうことは、熱いパッションがあるんだろ?だったら、あとは靴を履くだけ。お前ならできるよ。」ってさ。無謀な目標なのに、応援してくれたんだ。それが本当に力になったし、あの言葉は今でも大事にしている。

それぞれの横断に込められた、「応援」の意味

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

関連記事

氏田 あずさが執筆した記事

Runtrip via