【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像

アシックスの人気シリーズ『GLIDERIDE』。コロンと転がる履き心地が多くのランナーから支持される一足が2022年『GLIDERIDE 3』へアップデートしました。

本記事では、気になる履き心地やアップデートされた点についてシューズアドバイザー・藤原岳久さんにレビューしていただきました。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間3428秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

軽さの秘密は「FF BLAST+」

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像

大森:前作『GLIDERIDE 2』とは、どう違いますか?

藤原:順番に説明していくと、ドロップは前作が5mm、今作が6mmです。ミッドソールのカーブ形状の兼ね合いで違いが出た程度で、大きな違いではありません。一方で、重量は前作が285g、今作が266gで大幅に軽量化されました。テンポアップシューズの域とも言えます。

大森:約20g軽量化されているんですね。

藤原:はい。ミッドソールが上層と下層に分かれ、硬度を変えています。今作はミッドソール上層にソフトなバウンドを感じる『FF BLAST+』を採用しました。この素材が軽量化に貢献しています。

大森:少し履いてみましたが、非常に良いフィーリングでした。

よりスムーズな動きをサポート

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:ソールの感触は初代『GLIDERIDE』を初めて履いた時の驚きに近いです。『GLIDERIDE 2』はソール構造『GUIDESOLE』によってコロンと転がる感覚がありました。『GLIDERIDE 3』はソフトになったことで、転がる感触を実感する前へ進みます。つまり、足運びがよりスムーズになりました。

大森:『GLIDERIDE 2』は“コロン”が始まる境目が明確にわかったのですが、『GLIDERIDE 3』は“コロン”を感じさせないくらい、スムーズな足運びをもたらすということですね。

気持ちいいバウンドを感じる走り心地

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像

藤原:『FF BLAST+』の『FF』とは、『FLYTEFOAM』の略称。素材がいくつか開発されていますが、『FLYTEFOAM Propel』は安定感が強み。『FLYTEFOAM Blast』は『NOVABLAST』シリーズに採用された、跳ねる感覚が特徴の素材でした。そして、今作に搭載されたのが『FLYTEFOAM BLAST+』です。

大森:『FLYTEFOAM BLAST+』は、さらに反発性が高められているのでしょうか。

藤原:レーシングシューズに搭載される『FF BLAST TURBO』ほどの反発力はありませんが、ソフトな気持ちいいバウンドをもたらします。多くのランナーがその魅力を体感できる履き心地です。

大森:『GLIDERIDE』シリーズが初代から2へのアップデートで、硬さを感じた方にとって『GLIDERIDE 3』は柔らかさに魅力を感じるのではないでしょうか。

藤原:柔らかい『FF BLAST+』が足に近い位置に配されていることで、魅力をより感じると思います。一方で、ミッドソール下層部に『FLYTEFOAM Propel』が搭載されたことでしっかりと安定感を備えています。

大森:アッパーはどうでしょうか。

藤原:部位に応じてメッシュの穴の大きさが調整されたエンジニアードメッシュが、軽量化にとても貢献しています。このアッパー素材は足当たりが良く、長距離を快適に走れますね。

大森:重量が軽くなったのはソールの影響もありますが、アッパーの影響も大きいということですね。

藤原:履いた瞬間に分かるフィット感と軽量性はアッパーのおかげだと感じます。

おすすめのランナーやシーン

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像

大森:サポート性はいかがですか。

藤原:このシューズは『ENERGY SAVING』シリーズのモデル。より長い距離を楽に走れることがコンセプトのランニングシューズです。『GUIDESOLE』の形状によってスムーズな体重移動を促します。

この構造により、上手く前傾のフォームができないランナーでも前傾しているような推進力を感じられると思います。

大森:おすすめのランナーはマラソンサブ4から完走を目指すランナーでしょうか。

藤原:フルマラソン完走やサブ4を目指すランナーは、脚力だけで頑張るよりもシューズにサポートしてもらうと余裕を持って走れます。『GLIDERIDE 3』は、マラソン完走を目指すランナーにとっては非常に良いシューズです。

大森:エネルギー効率をいかに良くするかがテーマになりますね。

藤原:特に、マラソンを5〜6時間での完走が目的のランナーにとって、安定感と強いガイドを兼ね備えたシューズはおすすめです。

大森:ゆっくり、長く、楽に走りたい方にはおすすめのシューズですね。

藤原:走力の高いランナーでもジョグ用のシューズを探している方には、ぜひおすすめしたい一足です。アシックスらしい良さを感じて、誰でも履きやすいタイプのデイリートレーナー。デザインも落ち着いていて良いですね。

大森:アッパーのデザインも素敵ですよね。

藤原:今回のアップデートでさらに履き心地が良くなりましたから、ぜひ多くのランナーにこのシューズの良さを体感していただきたいです。

アシックス『GLIDERIDE 3』の機能、走り心地についてシューズアドバイザー・藤原岳久さんに解説していただきました。この夏、ランニングシューズを探している方はぜひスポーツショップで『GLIDERIDE 3』へ足を通してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

アシックス|GLIDERIDE 3

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像

価格:¥17,600(税込)

「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像
より長い距離をより楽に走れるランニングシューズ
「【アシックス】「GLIDERIDE 3」がアップデートしたポイントは?シューズアドバイザーが解説」の画像
より長い距離をより楽に走れるランニングシューズ


併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 / JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY