【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像
Runtrip代表 大森(左)とシューズアドバイザー 藤原岳久さん(右)

ランナーから大人気のブランドの一つであるナイキ。機能性に加えデザインもおしゃれで、新作が出るたびにチェックしてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回はそのナイキのシューズの中でも人気モデルの新作『ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 3』をシューズアドバイザー・藤原岳久さんとレビューしていきます。

藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間3428秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

エア ズーム ペガサス」との違い

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像

大森:今回ご紹介いただくシューズはナイキの『ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 3』ですね。このシューズが大好きなランナーも多いんじゃないでしょうか。

藤原:そうですね。今回は同じくナイキの人気定番シューズ『ナイキ エア ズーム ペガサス』との違いも含めて、お話をしたいと思います。

大森:確かに。そこは気になるところですね。

藤原:初代のモデル『ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット』から、方向性は変わっていないですね。『ペガサス』や内側のサポートに優れた『ナイキ エア ズーム ストラクチャー』でサポートできない部分、ケガ予防とか走り心地を『リアクト インフィニティ ラン』で提案してくれていると思ってもらえたら良いと思います。

シューズの特徴

1. フライニット素材が生み出すフィット感の良さ

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像

藤原:リアクトフォームがワンピースで入っている『ナイキ エピック リアクト フライニット』や『ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット 』の乗り心地の良さを感じるランナーが大勢いました。

大森:『リアクト』いいですよね。

藤原:前作まではアッパーが柔らかかったんですが、今作のフライニットはしっかりしています。

大森:シュータンのところとかも、分厚めですよね。

藤原:編み込みがしっかりしています。前作のようなシュータンとアッパーが一体化したブーティ構造だと甲が高い人は履きづらいんですよね。今作のようにニットで編み込んでタンが分かれているのは、画期的なんですよ。

大森:ニットだけどシュータンは独立している!

藤原:それから、縫い目を作らないようにしているんですよ。縫い目を作ってしまうとフィッティングの時に足あたりの部分が気になってしまいますから。

大森:なるほどね。

藤原:縦編み、横編みの部分もドット模様がはっきりとデザインで表示されていますね。

大森:どちらの方向に伸びるかが明確に示されている感じですね。

藤原:『リアクト インフィニティ ラン』は、すごくアッパーが伸びますね。『ペガサス』だとワイドかレギュラーかで悩むというランナーも『リアクト インフィニティ ラン』だとスムーズに履けると思います。そして縦の方向のところは伸びないようなっているので、レースアップした時にしっかり紐が縛れるようになっていますね。タンが分かれたのも含めて、甲周りが広い人にはフィット感がかなり良いです。

2. ヒールクリップの強化による安定感の向上

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像

藤原:ケガを防ぐというナイキの一番の売りのヒールクリップが大きくなり、かかとの安定感はかなり増しましたね。初代の『リアクト インフィニティ ラン フライニット』や前作の『リアクト インフィニティ ラン フライニット 2』よりもヒール周りの安定感が増したので、“リアクトが柔らかく、ヒールカップが硬め”でかなりしっかりとした履き心地です。

大森:リアクトはポンポンと跳ねる感じの履き心地ですよね。

3. 楽に楽しく走れるロッカー構造

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像

藤原:『リアクト インフィニティ ラン』は9mmドロップでソールが船底形になっています。

大森:本当ですね。

藤原:これも前に進む感じですね。初代から幅の広いソールが続いていて、上から見るとソールの白い面がしっかり見えますよね。

大森:明確にソールがはみ出しましてますよね。

藤原:接地面が増えるように、そしてロッカーを感じられるつくりになっています。『リアクト インフィニティ ラン』もしっかりと機能性はあるんですけど、『ペガサス』の方は少しテンポアップとか、ワークアウトやウォーミングアップにも使えるイメージで、『リアクト インフィニティ ラン』は楽しさを全面に出したスタイルだと思ってもらえたら良いと思います。

大森:『リアクト インフィニティ ラン』のようなシューズはランニングがちょっと苦手だなという人が履くと楽しく走れるシューズかなと思います。

おすすめの使用シーン

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像

大森:藤原さんはどんなシーンで履きますか。

藤原:ワークアウトの後のゆるランというかジョグのとき。あとは、長い距離を走るときも『リアクト インフィニティ ラン』の柔らかさが好きですね。接地した際の地面の感触を確かめながら走るにも良いです。

大森:なるほど。『リアクト インフィニティ ラン』が好きなランナー多いのでは? と聞いていて感じますね。ちなみにお値段は18,150円(税込)。

藤原:『ペガサス』は14,300円(税込)で、価格が抑えられています。『ナイキ エア ズーム ボメロ』とか『リアクト インフィニティ ラン』は少し高級感のあるライド感を感じられるシューズですね。ナイキ買いたいなという方は思い切り投資してもらってもいいと思います。

大森:普段履きでも履けそうですね。

藤原:ナイキさんもきっと考えていますね。

大森:普段履きからロングジョグまで対応している『リアクト インフィニティ ラン』は様々なレベルのランナーにおすすめのシューズですね。

商品詳細

ナイキ|リアクト インフィニティ ラン フライニット 3

「【ナイキ】「リアクト インフィニティ ラン フライニット 3」はケガ防止を目指すクッション性に優れたシューズ」の画像

 

・価格:¥ 18,150(税込)

併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY