サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像

東京オリンピック女子マラソン3位のモリー・セイデル選手が着用したことが話題になったプーマ『ディヴィエイト ニトロ エリート』。新しく登場した厚底シューズの存在が市民ランナーの皆さんも気になるのではないでしょうか。

『ディヴィエイト ニトロ エリート』について、Runtripお馴染みのシューズアドバイザー 藤原岳久さんとともにレビューしていきます。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

レースへ向けてシューズをお探しの方は参考にしてみてくださいね。

ランナーの声が反映された厚底レーシングシューズ

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像

大森:今回はプーマ『ディヴィエイト ニトロ エリート』をレビューしていきます。このシューズは東京オリンピック女子マラソン3位のモリー・セイデル選手が着用したことで話題になりました。藤原さんがこのシューズへどのような印象を持ちましたか。

藤原:このシューズを履いてみたいと感じた点が2つありました。1つは東京オリンピックでモリー・セイデル選手が着用した実績のあるシューズということです。そして、設楽悠太選手や村山謙太選手などのトップ選手が最近のレースでプーマのレーシングシューズを着用しています。

もう一つは、昨年プーマ ジャパンの社長へ萩尾孝平さんが就任したこと。萩尾さんはアディダスで『ADIZERO(アディゼロ)』シリーズのコンセプトを作った方で、海外では『adizero Hagio』という名前を冠したシューズが展開されるほど。『ディヴィエイト ニトロ エリート』はそのシューズ開発のノウハウとランナーの声が反映された厚底レーシングシューズとなっています。

「ディヴィエイト ニトロ」と「ディヴィエイト ニトロ エリート」の違い

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像

藤原:『ディヴィエイト ニトロ』はイノプレート(カーボンプレート)が搭載され、反発弾性に優れたPEBAX®︎と思われる素材を含んだ『ニトロエリートフォーム』が使用されています。高反発の軽量なソールとカーボンプレートの組み合わせにより、しっかりと推進力を生み出します。厚底レーシングシューズの要素を全て含んでいるシューズです。

私のシューズ(メンズ25.0cm)では、同じプーマの『ディヴィエイト ニトロ』が230g弱に対し、『ディヴィエイト ニトロエリート』は177g。かなり軽量に仕上げられています。

大森:とても軽いですね。

藤原:厚底レーシングシューズのカテゴリーのなかでもかなり軽い方です。実際に履いてみると最初はプレートの反発を感じますが、全体的にはクセがありません。前に「カクーン」と倒れ込むような感覚や、フワフワとした感触で接地感が足りないということもありません。また、接地感は『ディヴィエイト ニトロ』よりもあるように感じます。

大森:一般的には厚底だと地面からの距離が遠くなって接地感を感じづらいですよね。厚底シューズの感触に慣れないランナーにとっては、接地感がある『ディヴィエイト ニトロ エリート』は良いですね。

藤原:そうですね。『デヴィエイト ニトロ』の方がコロンと転がる感覚があり、『ディヴィエイト ニトロ エリート』は接地感があってクセがないんですよね。

サブ3.5ランナーへおすすめのレーシングシューズ

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像

藤原:マラソンサブ3.5(3時間30分)以内のランナーによくフィットすると思います。トップ選手だけでなく幅広い層のランナーが履けると思います。また、アッパーは薄い素材でレース仕様に作られているため非常にフィット感が良いですね。ニューバランスの『FuelCell RC Elite v2』に近い履き心地を感じます。

大森:まさにそうですよね。ブルックス『ハイペリオンエリート2』にも近いかもしれません。

藤原:そうですね。その2足に近いイメージで、バランスの良いシューズです。

大森:厚底シューズ初心者のランナーも良いイメージで走れるでしょうね。

藤原:はい、抵抗感なく履けると思います。他の特徴としては、アウトソールに『PUMAグリップ』を全面に搭載しています。グリップ感も非常に良いです。

大森:本当にそうですね。最近の厚底カーボンシューズはあまりグリップが付いていないので、珍しいですよね。

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像

藤原:前足部だけにグリップが付いているシューズもある中で『ディヴィエイト ニトロ エリート』は全面にグリップが配されているので、耐久性も高いと思います。さらに、重量も180g(メンズ25.0cm)を切り、とてもバランスの良いシューズですね。

大森:藤原さんはこのシューズをどのようなシーンで履きますか。

藤原:レースで履いてみたいと思っています。実際にトレーニングでもレースペースで走って試しています。今お話ししたようにクセのないシューズなので、脚力に自信のないランナーも10kmとか5kmで気持ち良く走れると思います。

大森:短い距離で速く走りたいという時にも使えますね。

藤原:そうですね。ある程度走力が高い方は長い距離の方が快適です。フィット感も良く、クッション性も高いです。

大森:クッション性があるのに反発性が高く、しかも厚底なのに軽量。とても良いレーシングシューズですよね。

藤原:唯一、価格が高いことがネックでしょうか。

大森:価格は¥26,400(税込)。高価格ではありますが、厚底カーボンシューズは多くのシューズがこの価格帯ですね。

藤原:そうですね。2万円台後半という価格ではありますが、幅広い層のランナーが履けて安心感のあるシューズです。

大森:安心して履けるシューズというイメージはありますね。

藤原:興味がある方、他の人が履いていないシューズを履きたい方にとてもおすすめです。

大森:プーマのランニングシューズを履いたことのない方には、ぜひ注目していただきたいシューズですね。藤原さんありがとうございました!

シューズの詳細情報

ディヴイエイト ニトロ エリート

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像
出典: puma.com

価格:¥26,400(税込)

「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像
バランスに優れ、サブ3.5ランナーにおすすめの厚底カーボンシューズ
「サブ3.5ランナーへおすすめの厚底シューズ。プーマ「ディヴィエイト ニトロ エリート」をレビュー」の画像
バランスに優れ、サブ3.5ランナーにおすすめの厚底カーボンシューズ


合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY