【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像

ランニングのタイムや距離の計測・記録だけでなく、日常生活も含めた健康状態の測定や音楽再生など高機能化が進んでいるランニングウォッチ。日々のランニングや日常生活をより充実させてくれるアイテムとして関心を寄せているランナーも多いのではないでしょうか。一方で、搭載されている機能が多く、自分に合ったランニングウォッチの選び方で迷う方もいるかもしれません。

そこで、今回は最新のランニングウォッチの機能や選び方、おすすめのモデルをまとめてご紹介します。

ランニングウォッチの役割や機能

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
最近のランニングウォッチには、あらゆるテクノロジーが活用され、機能も数多く搭載されています。まずはランニングウォッチの役割を理解し、基本機能から徐々に使いこなしてみましょう。

ランニングウォッチの役割

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
ランニングウォッチの主な役割は2つ。1つ目は『時間』の計測。単に走った合計の時間を測るだけでなく、一定の距離ごとにタイムを測定することでペース配分の分析や調整がしやすくなります。また、継続的にランニングのタイムを計測することでトレーニングでの成長や身体の状態を客観的に可視化できます。

2つ目の役割は『距離』の計測。これはGPS機能が付いたランニングウォッチの機能になりますが、走った距離を記録できます。自分が走った距離が数字として可視化されることで継続的に走るモチベーションの向上にもつながります。

ランニングアクティビティを構成する『時間』と『距離』を測定するうえで、ランニングウォッチは必携品ともいえます。

主な機能①:GPS機能による距離計測やラップタイム計測

特に『距離』を測定するうえで欠かせないのがGPS機能。GPS搭載ウォッチの場合、走ったルートの記録から距離を算出可能。走った時間をより細かく記録し、ペース配分の改善などに役立てられるのが『ラップタイム』機能。一定距離ごとの時間を計測でき、後半になってペースが落ちるなどの課題を発見しやすくなります。

主な機能②:心拍計によってトレーニング強度が分かる

心拍計を搭載したランニングウォッチでは、心拍数を継続的にモニタリング可能。ランナーによって走るペースは異なりますが、心拍数に基づいてランナーに適したトレーニング強度を判断しやすくなります。

主な機能③:コーチング機能

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
時間や距離、心拍数などを記録するだけでなく、健康増進やパフォーマンス向上をサポートするコーチング機能が搭載されたウォッチも展開されています。ウォッチが取得する様々なデータからランニングフォームや睡眠などの分析を行い、改善ポイントをアドバイスしてくれます。

目的別おすすめの選び方

距離や時間の計測に加え、心拍計やコーチング機能など豊富な機能を兼ね備えるランニングウォッチですが、ランナーの走力や目的によって必要となる機能は異なります。目的別のランニングウォッチの選び方をご紹介します。

ランニング初心者・ヨガやジムなどでのアクティビティが多い人

ランニング初心者にも欠かせないのが、距離や時間を測定するためのGPS機能やラップタイム機能。基本的にこれらの機能が搭載されているランニングウォッチが多くなっていますが、ウォッチを選ぶ際の1つの基準になります。

また、ランニングだけでなくヨガやジムなどでのアクティビティでより健康的な身体を目指す方には、睡眠分析を始めとしたコンディショニング機能を搭載したランニングウォッチがおすすめです。

他にも、操作のしやすさという観点では直感的に操作できるタッチパネル式のランニングウォッチもおすすめです。

マラソンやトレイルランニングで記録更新を目指す上級者

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像

目標を設定してレースに挑むランナーの場合、長時間走り続けても持続するバッテリーが必要です。特にトレイルランニングではフルマラソン以上に長時間のレースとなるため、バッテリーの持続時間をチェックしたうえでランニングウォッチを選びましょう。

また、目標のタイムを達成するには現状の把握やパフォーマンス向上も必要になってくるでしょう。コーチング機能付きのランニングウォッチであれば、アプリなどと連携してランニングフォーム改善やタイム向上をサポートしてくれます。

編集部おすすめのランニングウォッチ

ここまでランニングウォッチの役割や目的別のおすすめ機能をご紹介しましたが、Runtrip Magazine編集部がピックアップしたランニングウォッチブランドのおすすめモデルをご紹介します。この記事で紹介するブランドは、『GARMIN(ガーミン)』、『POLAR(ポラール)』、『SUUNTO(スント)』『HUAWEI(ファーウェイ)の4ブランド。

どのブランドのランニングウォッチも、初心者向けからマラソンで記録更新を目指す上級者向けのモデルまで幅広く展開されています。ぜひご自身のランニングスタイルに最適なウォッチを見つけてください。

GARMINのおすすめランニングウォッチ

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
GARMIN(ガーミン)といえばスポーツウォッチメーカーというイメージが強いですが、もともとはGPS技術に強みがあり、航空や自動車分野の製品を展開してきました。これらの分野で培ってきた高い技術力がランニングウォッチの様々な機能に役立てられています。

GARMINウォッチの特徴

タイム計測などランニングウォッチとしての基本機能だけでなく、防水機能などランナーに嬉しい機能がたくさんあるのが特徴。

『ForeAthlete 745』を例に挙げると、設定したテンポに合わせて走れる『メトロノーム機能』、条件に合わせてコースを作成してくれる機能、心拍数や睡眠などを分析できる『Body Battery(ボディバッテリー)機能』などがあります。

ランニングを含め幅広いワークアウトをサポートする機能が搭載された『ForeAthlete』シリーズ、フィットネスなどより気軽に運動したい方向けの『vívoactive』『Venu』シリーズからGARMINのおすすめウォッチをご紹介します。

ForeAthlete 945

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: garmin.co.jp

まずは、GARMINの人気シリーズ『ForeAthlete』のハイエンドモデルにあたる『ForeAthlete 945』。バッテリー稼働時間が『ForeAthlete』シリーズのなかでも最長で、地図表示機能もついているためロードでのランニングだけでなくトレイルランニングにもおすすめ。

ランナーごとにカスタマイズされたパフォーマンス分析や血中酸素トラッキングなど、より本格的なアスリートのために、効率的なトレーニングや疲労回復をサポートする機能も搭載されています。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
『ForeAthlete』シリーズのハイエンドモデル。バッテリー稼働時間の長く、地図表示も可能でトレイルランナーにも便利なウォッチ

ForeAthlete 745

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: garmin.co.jp

トライアスロンモードが搭載されるなど機能性が高いだけでなく、ウォッチのサイズがやや小さめにつくられているので女性も身に着けやすいモデル。

画面カスタマイズやメトロノームなど、『ForeAthlete 745』の便利機能は以下の記事で詳しく紹介しています。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
高機能でありながらウォッチフェイスが少し小さめで女性も身に付けやすいモデル。トライアスロンモードも搭載

ForeAthlete 245

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: garmin.co.jp

『ForeAthlete』シリーズのなかではお手頃価格で、ランナーに必要な機能がバランスよく搭載されたランニングウォッチ。軽量で着用しやすく、GPSや心拍測定機能、音楽再生に加え高度なパフォーマンス分析やランニングフォームの分析機能も搭載されています。

ランニング初心者からランニングウォッチを活用しながら、より本格的にランニングに取り組んでいきたいランナーには特におすすめです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
バランスの良い機能性で『ForeAthlete』のなかでは初心者におすすめのモデル

vívoactive 4S

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: garmin.co.jp

ランニングウォッチとして心拍数・睡眠データなどのコンディションの把握や音楽再生ができるのはもちろん、ヨガや水泳などの室内スポーツにも対応。タッチパネル式で操作できる液晶も大きな魅力で、機能が多くても使いこなしやすいランニングウォッチです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
スマートウォッチ機能を重視した、シンプルで使いこなしやすいモデル。タッチパネルで操作できるのも魅力

Venu 2

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: garmin.co.jp

『vívoactive 4S』と同様、液晶タッチパネル対応のモデルで操作しやすく、手元で動画を見ながらトレーニングやフィットネスなどのワークアウトを行うことも可能。ランニングを含め25種類以上のアクティビティに対応し、健康状態を1日中モニタリングできます。約11日間の長寿命バッテリーにより、トレイルランニングでも活躍します。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
スマートウォッチ機能を重視した、シンプルで使いこなしやすいモデル。タッチパネルで操作できるのも魅力

POLARのおすすめランニングウォッチ

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
『POLAR(ポラール)』は1977年以来、心拍数計測の分野を革新的な技術力でリードしている老舗メーカー。一般の方の健康増進からアスリートのパフォーマンス向上まで幅広い目的に利用されているブランドです。

POLARウォッチの特徴

POLARは、ランニングウォッチのなかでも心拍計分野での強みを活かした機能が特徴。心拍計分野の技術力を活かし幅広い機能を展開しており、あらゆるレベルのランナーのニーズに応えられるモデルがラインナップされています。

初心者から本格的なランナーまで、それぞれの目的に合ったPOLARのおすすめウォッチをご紹介します。

POLAR VANTAGE M2

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: polar.com

フルマラソンに向けてトレーニングを積みたいランナーにおすすめのモデルが『POLAR VANTAGE M2』。炭水化物とドリンクの補給タイミングをリマインドしてくれる『栄養補給リマインダー』、運動中に消費したエネルギーの内訳がわかる『三大栄養素別使用エネルギー源』をはじめ、ランニングに必要な機能が搭載され、トレーニングでもレースでも使いやすいランニングウォッチです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
ランニングに必要な機能が備わった、練習でもレースでも活躍するモデル。特にフルマラソンを走るランナーへおすすめ

POLAR VANTAGE V2

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: polar.com

長時間走り続けるトレイルランナーやウルトラランナーにおすすめのモデルが『POLAR VANTAGE V2』。バッテリーが最大40時間(省電力モード設定時は最大100時間)持続するのでバッテリー切れの心配なく走り続けられます。

さらに、ランニングパフォーマンスを可視化できるテスト機能により、トレーニング効果を最大化するための心拍ゾーンも確認可能。充実した機能により身体の状態を可視化し、効率的なトレーニングや疲労回復をサポートします。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
バッテリーが最大40時間持続する、長時間走り続けるランナー向けのモデル。パフォーマンスを可視化できる豊富な機能を搭載

POLAR UNITE

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: polar.com

POLARウォッチのなかでも軽量で初心者ランナーが使いやすい『POLAR UNITE』。ランニング時はより高機能なモデル、睡眠時などの生活シーンで『POLAR UNITE』を使用するといった使い分けもおすすめです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
ランニングはもちろん、睡眠時の心拍測定など生活の中でも活躍。非常に軽量で初心者におすすめできるモデル

POLAR IGNITE 2

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: polar.com

初心者向けモデルのなかでもよりランニング向けの機能が充実したランニングウォッチ。スタイリッシュなデザインで使いやすい点も嬉しいポイントです。室内で見やすい液晶ディスプレイが搭載され、ヨガなどのアクティビティにもフィットするモデルです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
ランニングに役立つ機能が備わった初心者向けのモデル。室内での運動でも使いやすいのも特徴

POLAR GRIT X

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: polar.com

他のモデルよりも頑丈で液晶を保護する構造のランニングウォッチ。岩場や鎖場など過酷な環境を走るトレイルランナーにおすすめのモデルです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
様々な状態の路面を走るのに対応できる構造でトレイルランでも安心して使用できるモデル

POLAR GRIT X PRO

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: polar.com

環境問わず安心して使える耐久性を備えた高機能モデル『POLAR GRIT X PRO』。新機能としてアウトドア用のダッシュボードも搭載され、必要な情報をすぐに確認できます。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
ミリタリーレベルの耐久性を備えたサファイア素材を使用し、どこでも安心して使える高機能モデル

SUUNTOのおすすめランニングウォッチ

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
フィンランド発祥で85年もの歴史があるSUUNTOブランド。SUUNTOはフィンランド語で『方角・方向』を意味する言葉で、コンパスの開発が起源のメーカーです。SUUNTOロゴ内の矢印もコンパスのイメージに由来しています。

SUUNTOウォッチの特徴

SUUNTOの特徴は『耐久性』と『デザイン性』。フィンランドの厳しい自然環境を想定したテストを重ね、ランナーはもちろん冒険家にも愛用される製品を開発。北欧ならではの生活にも溶け込むおしゃれなデザイン性もSUUNTOウォッチの特徴です。

初心者でも使いやすい軽量性とコンパクトな仕様のSUUNTOのおすすめウォッチをご紹介します。

 

SUUNTO 5

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: suunto.com

幅広いランナーが使いやすい『SUUNTO 5』。ボタンで手軽に操作でき、初めてSUUNTOのランニングウォッチを使ってみたい方におすすめです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
操作しやすいボタンで初心者でも使いやすいモデル。初めてのランニングウォッチにおすすめ

SUUNTO 7

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: suunto.com

SUUNTOウォッチのなかで唯一Wi-Fi接続ができるモデル。ウォッチディスプレイが高画質で地図アプリが見やすい点が魅力。他にも音楽再生などスマートウォッチ機能が十分に搭載され、好みに合わせた使い方が可能です。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
Wi-Fi接続可能で様々なアプリと連携しやすいモデル。綺麗なディスプレイで地図アプリも見やすい点が特徴

SUUNTO 9 Baro

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: suunto.com

SUUNTOウォッチで最も耐久性が高い『SUUNTO 9 Baro』。最長170時間使い続けられるバッテリーを搭載しています。

ボタン操作やタッチパネル操作が可能で、初めてランニングウォッチを使用するランナーでも使いやすく、ストラップも細めのデザインで手首のフィット感も特徴。長時間、快適に走り続けられるため、トレイルランニングや登山にもおすすめのランニングウォッチです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
タッチパネル操作も可能で使いやすく、細いストラップで身体にフィットしやすいモデル。長時間使用できトレランや登山にもおすすめ

SUUNTO 9 PEAK

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: suunto.com

東京オリンピック男子マラソンに出場した選手も着用する『SUUNTO 9 PEAK』。トップアスリートや長時間走り続けるウルトラランナー向けのモデルです。

GPS対応のSUUNTOウォッチのなかでは最軽量(52g)ながらディスプレイには高強度のサファイアクリスタルガラスが使用され、高い耐久性も特徴。自動アップロードにも対応しており、常に最新の機能を楽しめるランニングウォッチです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
超軽量ながら耐久性が高く、長時間走るランナー向けのハイスペックモデル。SUUNTOアプリ経由で常にアップデートされた機能を楽しめます

HUAWEIのおすすめランニングウォッチ

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
『HUAWEI(ファーウェイ)』は1987年に中国で設立され、消費者向けにはスマートフォンやウェアラブル端末など幅広い機器を提供。通信業界で培った技術を活かし、高機能なスマートウォッチも展開しています。

HUAWEIウォッチの特徴

HUAWEIは、液晶の解像度が高く見やすいディスプレイや長持ちするバッテリーが特徴。ランニングウォッチとして必要な機能が搭載されつつ、リーズナブルに手に入るモデルも多いブランドです。

HUAWEI WATCH GT 3

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: consumer.huawei.com

スポーツシーンだけでなく、ビジネスや日常でもなじむデザインと2つのサイズ(46mmと42mm)で幅広いランナーにおすすめなのが『HUAWEI WATCH GT 3』。特に46mmサイズは最大2週間も長持ちするバッテリーが特徴で、充電を気にせず使い続けられます。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
シーン問わず使いやすいデザイン性と最大2週間も長持ちするバッテリーが特徴。幅広いランナーにおすすめ

HUAWEI WACTH GT Runner

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: consumer.huawei.com

より本格的なランナーにおすすめなのが『HUAWEI WACTH GT Runner』。軽量、長時間バッテリーでかつ、AIランニングコーチ機能や『VDOT』に基づいたランニング能力指数など、科学的に分析されたデータが提供されることが特徴。機能が充実しながらも価格は3万円台と、コストパフォーマンスが高いウォッチです。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
本格的なランナーのためのモデル。軽量、長時間バッテリーで科学的に分析されたデータが提供されるコストパフォーマンスが高いウォッチ

HUAWEI WATCH FIT new

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
出典: consumer.huawei.com

お手頃価格でランニングウォッチの基本的な機能を網羅している『HUAWEI WATCH FIT new』。使いやすいサイズ感とフィット感で、睡眠時も含め常に快適に装着できるのも嬉しいポイント。ワークアウトの動画が見ながらのトレーニングも可能です。

「【2021年版】最新のランニングウォッチおすすめ18選|レベル別の選び方や機能も」の画像
お手頃価格で必要な機能も揃っており、装着もしやすいため初めてのランニングウォッチにおすすめ

ランニングウォッチを使ってランニングをもっと楽しもう!

ここまで、ランニングウォッチの役割や選び方、ブランドごとのおすすめモデルをご紹介しました。ご自身の目的に合ったランニングウォッチは見つかりましたか? ランニングウォッチには距離や時間の計測だけでなく、心拍数の測定やコーチング機能、音楽再生など便利な機能が豊富に搭載されたモデルも展開されています。

ご自身のランニングスタイルに合わせて必要な機能を選び、ランニングウォッチを使ってさらにランニングを楽しみましょう!

合わせて読みたい

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY