女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント

「女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」の画像
Pocket

こんにちは!
スポーツビューティアドバイザーの橋本ワコです。
こちらでは、最新ウェアのスタイリングやUVケア、スポーツメイクアップを紹介しています。

「女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」の画像

さて、連載の第4回目は、女性の皆様へお伝えしたい内容です!

内容もズバリ、「汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」です!

暑い夏がやってきますが、ラン・トレランと様々な大会が続きます。
夏の暑い日にBBQを楽しむ人もいるのではないでしょうか(笑)

そんなとき、「メイクアップどうしよう!」と悩む女性は少なくありません。
男性からすると、「そもそも、スポーツするときにメイクアップするの?」と思うかもしれませんが、「乙女はいつも気が抜けないのです!」

そこで、今回は汗をかいても落ちにくいメイクアップの3つのポイントをお伝えします。

汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント

1.肌をキレイに魅せるには?

「汗をかくからファンデーションは塗っても落ちちゃう…」
女性の皆さんにとって悩みどころですね。

そんな時は、日焼け止めの後、下地もプラスしてください。
その後、リキッドファンデーションを手のひらで温めてお肌にオン。
内側から外側に優しく伸ばしていきます。

ファンデーションを伸ばした後、必ず、水気を絞ったスポンジでリキッドファンデーションを馴染ませるのが、ポイントです!
(暑くない時期は、水気のないスポンジでもOKです。)

そもそも、なぜ化粧が崩れるのか?
汗は「水分」、ファンデーションは「油分」。
ミックスしたら、化粧が崩れるのは当たり前ですね。
ファンデーションに含まれる余計な油分をスポンジが馴染ませてくれるので、化粧崩れしにくくなるというわけ!

夏はプレストファンデーション!と思っていらっしゃる方も多いですが、いつも通りに塗っていると、スポーツ後の化粧崩れの激しさは避けられません。

日焼け止めの量もポイントです!
こちらは、前回の記事で書きましたので、こちらをご覧ください。

「女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」の画像

2.「眉」さえ描いておけばいい!

日本人のお顔は平べったい……
のっぺりしているので、カラフルなランウェアを着ると、イマイチ映えないというお悩みを聞くことがあります。
そんな時は、ファンデーションよりもポイントメイクに時間を使ってみては!

特に、私が、スポーツする女性にこだわっていただきたいと思っているのが、「眉」
眉さえきっちり描ければ、目元もはっきりして、顔だちも華やかになります。

でも、球児の眉のように眉に手をかけすぎてしまったあなたは、きっと、眉毛が足りずに描き足さねばなりませんよね(笑)
最近は、フェルトペンのように眉尻を簡単に自然に描き足せ、汗でも落ちにくいコスメが登場しています。
また、モノによっては7日くらい落ちない、なんていう強者コスメもありますよ!

ただし、やりすぎには禁物。人と顔を合わせるくらいの距離に鏡を置いて、自然かどうか要チェック!

「女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」の画像

3.最後の仕上げは、ツルプルなリップ!

日焼け止め、ファンデーション、眉!
すべて準備は整った!あとは走るだけ!

と、その前に、最後の仕上げのリップをお忘れ無く。
走り終わった後の唇って、カサカサになりがち。
ただ、唇の皮膚はとても薄く、肌以上に日焼けしやすい部分なのに、日焼け止めは塗れません。

最近は、コンビニでもUV効果のあるリップクリームが出ていますので、ぜひ、男性もプラスしてくださいね!
なお、いわゆる、メンソレータム的なリップクリームはかえって乾燥します。
メンソレータム、ワセリンなどのリップクリームは寝るときに保湿としてお使いくださいませ。

「女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」の画像

メイクアップも抜かりなく!

皆様も、ぜひ楽しさ無限大のラントリップを!

(※前回の記事はこちらから)

「女性ランナー必見!! 汗をかいても落ちにくいメイクアップ3つのポイント」の画像
Pocket

関連記事

橋本ワコが執筆した記事

Runtrip via ISHIGAKI TsunDAMI FES