177カ国で3万人弱がランニングを楽しんだ『グローバル・ランニングデー』

みなさん、先日6月5日は走りましたか? 私は、珍しく仕事の前にランニングを楽しみました。実は2019年6月5日は、世界各地でランニングを楽しむ『グローバル・ランニングデー』でした! 世界中のSNSは#GlobalRunningDay で盛り上がっていたのです。なんと今年は、SNSで7万7千件以上の投稿があったとか。一体、どんな日なのでしょうか?

ご存知だった方も、そうでなかった方も、来年に備えてグローバル・ランニングデーについて学びましょう!

グローバル・ランニングデーとは?

グローバル・ランニング・デーとは、ランナーも普段ランニングをしない人も一緒に、距離や速さは関係なくランニングを楽しもう、という日です。いつ、どこで、誰と走るかは、あなた次第。家の周りを100メートルだけ走ってもよし。犬と散歩してもよし。友人と公園で走ってもOKです。とにかく、世界中で、仲間と運動を楽しもうというイベントなのです。公式ホームページはこちら。ホームページによると、177カ国で3万人弱のランナーがランニングを楽しんだそうです。

「177カ国で3万人弱がランニングを楽しんだ『グローバル・ランニングデー』」の画像

ランニングコミュニティは?

世界中のランナーが思い思いに『ランニングの日』を楽しんでいました。ツイッターでは、芸能人や市民ランナーがランニングへの愛を呟いていました。

こちらは、イギリスのランナー、サイモンさんがロンドン北西部のピークディストリクト国立公園を走ったときの様子。

「走っていたら、少しパーティーに遅れてしまったけれど、ハッピー  #GlobalRunningDay! ピークディストリクト国立公園より」

いつか、このような美しい風景の中を走ってみたいものです! 続いては、中東カタールの経済中心地であるドーハのウェスティンホテルのツイートです。ドーハアスレチッククラブによるトラックランの様子です。

「先日、グローバル・ランニング・デーをお祝いした様子をシェアします!」

他にも、ロックンロールマラソン・シリーズというレース企画団体が世界中のあらゆる大会の参加料を24時間だけ大幅に値下げしたり、ニューヨーク・ロードランナーズという団体がバーチャルレースを開催し、その様子をフォトギャラリーとしてシェアしたり、あちこちで小規模ファンランが開催されたりしていました。

皆さんは、グローバル・ランニング・デーをどのように過ごしましたか?

来年のグローバル・ランニング・デーは、2020年6月3日(6月第1水曜日)です。少し先にはなりますが、皆で盛り上がりましょう!

   
戸上絵理が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「COLUMN」の新着記事

CATEGORY