遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

9月8日(土)にお台場を舞台に行われた『RunGirl★Night the FINAL』。RunGirl★Night はランの楽しさはもちろん、スポーツファッション&ビューティーのトレンドに出会う場として2010年にスタートした女性のためのランニング大会。今回でファイナルを迎えたRunGirl★Night へRuntrip女子メンバーが参加してきました!

》RunGirlとは?こちらの記事をチェック

ランだけじゃない!個性溢れるブースが勢ぞろい

当日はスポーツブランドからコスメブランドまで、11ものブースがオープン。ここぞとばかりに、まずは、ポップなカラーが目を惹く『HOKA ONE ONE』で、クッション性とボリュームあるソールが魅力の最新シューズ『BONDI 6』を試し履き。走る時はもちろんですが、その場で軽快に飛び跳ねた時の安定感も魅力的な1足でした。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

すぐに受付終了となってしまいましたが、気に入ったシューズで当日のレースを走るサービスも。硬い路面が多いお台場のコースも、足への負担が少ないソールが特徴である『HOKA ONE ONE』のシューズが軽快な走りをサポートしてくれました。

さらに、大行列になっていた国産のミネラルコスメブランド『ETVOS』のブース。この日は、レース前に嬉しい計らい。先着順で“落ちないスポーツメイク”を体験できるチャンスも。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

残念ながら私は体験できなかったのですが、『ミネラルスタイリングパウダー』を使って、汗をかいた後も、快適に髪や頭皮をすっきりさせる技をレクチャーしてもらえたほか、深みのある秋の新色を使ったカラーメイクを楽しめた模様。運動中の懸念事項である“ヘアやメイクの崩れ”。プロの手と秋色コスメの魔法で、いつもより自信を持ってレースへ向かいます!

ちなみに……今回の参加賞はRunGirlオリジナルシューズケース。
そのほか協賛各社からのコスメのお土産など、つい手に取りたくなるアイテムの数々。さすが、女子の想いをしっかりと掴んでくれています。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©吉本充宏(Mitsuhiro Yoshimoto)

繋いできたチャリティ活動

設立当初からチャリティ活動にも熱心な取り組みを続けてきたRunGirl。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

この日もエントリー料の一部のほか、「ランの思い出をザンビアに届けよう!」と題した、ランニングTシャツとシューズの寄付活動が行われました。参加者がランニングをきっかけに、心身の前向きな変化や人生の広がりを見出してきたように、健やかに生活できる女性を増やそうと続けられてきた取り組みです。

お台場を舞台にレーススタート

ブースや準備運動のポップピラティスを楽しんだ後、いよいよレースがスタート。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©本澤洋平(Yohei honzawa)

思い思いのウェアに身を包んだ女子が集まると、スタート風景も華やか。

「毎年楽しみにしていて」「レースにはじめて出たのもこの大会。久しぶりに戻ってきた……」「最初で最後だけど、思い切り楽しみたい!」それぞれの思いを胸に、走り出します。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

シンボルプロムナード公園「夢の広場」をスタート・ゴールに、お台場の風景を満喫できるコース。すれ違うランナー同士「ファイト!」と前向きな声かけが飛び交う様子が印象的でした。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©青木郁(Kaoru Aoki)

イベント当日だけでなく、定期的な練習会の開催や女子ランナーへ向けた情報発信、コミュニティづくり……、走る私たちに向けて常に働きかけを続けてきたRunGirlだからこそ実現できた光景なのかもしれません。

ゴール直前、ランナーから感謝の想い溢れるメッセージが届けられる場面も。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©吉本充宏(Mitsuhiro Yoshimoto)

ひとつの区切りを迎えるにあたり、”ありがとう”の気持ちを伝えようと、走り抜いてきたのは運営メンバーだけではありませんでした。

高く手を挙げ、最後は笑顔でゴールします。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©本澤洋平(Yohei Honzawa)

お台場の風景を楽しみながら、記録に挑戦したり、ランナー同士声を掛け合って同じ時間を楽しんだり。“走る”ことの楽しみ方がひとつでないことを、あらためて教えてもらった旅路でした。

お待ちかねのアフターパーティー

待ちに待ったアフターパーティーは表彰式からスタート。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©吉本充宏(Mitsuhiro Yoshimoto)

表彰式後には、参加者全員にチャンスのある大抽選会も。5km、10kmを走り抜いたランナーへ、協賛各社の豪華なプレゼントや特賞の『ホノルルハーフマラソン・ハパルア2019』への招待を勝ち取ったラッキーな女性へ、それぞれ拍手を送り、讃え合います。

拍手で会場があたたまったところで、各ブランドの新作アイテムがお披露目される、野外でのファッションショーがスタート。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

毎年このショーを楽しみに参加しているという人も。野外とは思えない本格的な演出に魅了されます。ウェアやメイクでお洒落をすることも忘れない、女子ランナーたちの“好き”を詰め込んだ特別な時間でした。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

RunGirlが発信し続けてきた“走る女性のパワーで毎日を豊かに”という想い。これだけ多くの女子ランナーが集まり『RunGirl★Night』のフィナーレに胸を熱くしている様子は、“走ること”が、自身に気づきを与えてくれるだけでなく、誰かと感動を共有することもできる、そんな時間であることを教えてくれました。

RunGirlは次のステップへ

ランニング女子たちのエネルギーが一堂に会する『RunGirl★Night』はラストを迎えましたが、RunGirlの活動はまだまだ続きます。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像

この日、参加者特典として配布された反射材とLEDライト内蔵の『#RUNandSAFETY』のアームバンド。東京都とRunGirlが「ランナーのパワーで TOKYO を安全なまちに!」をスローガンに取り組む、ランナーによる見守り活動のアイテムです。今後も、走り続ける女子たち、そして、社会に向けても、既に次の1歩を踏み出しているのです。

「遂にファイナルへ!『RunGirl★Night the FINAL』で見た女子ランナーの明日| ひらゆかMEMO」の画像
©大島りんご(Ringo Oshima)

参加者からの「ラストだなんて寂しい!」「また今後も何かやってくれるはず……」そんな声で溢れ、大きな拍手に包まれた感動のフィナーレ。ゴールを迎えた訳ではなく、まだまだ走り続けるRunGirl。今後の活動からも目が離せません!

【10月ランガール★練習会の参加者募集中!】

走るのに気持ちがいいシーズン、都内からアクセスのいい自然豊かな場所へおでかけして、プチトレランを楽しみませんか?高低差の少ないビギナー向けのコースを走りますので、ロードしか走ったことがない方や、トレイルランニングに興味があるけれどまだ経験したことがない方も気軽にトレランを体験できます。今回は、ランナーはもちろん、アスリートから幅広く愛用されている『New-HALE』の足首をサポートするXテープ2枚入りを参加者全員にプレゼント。

RunGirlの活動や練習会の詳細はこちらから。

 

関連記事

ひらゆかが執筆した記事