管理栄養士が考えるランナーメシ!猛暑を乗り切る!疲労回復ゴハン【タコライス】

「管理栄養士が考えるランナーメシ!猛暑を乗り切る!疲労回復ゴハン【タコライス】」の画像

ランナーの皆さん、今日も走っていますか? 毎日驚くほど暑いですね。熱中症に気を付けて、日が暮れてから走ったり、こまめに水分や塩分の補給をするなど、それぞれ工夫しているかと思いますが、さらに食事でも気を配りたいところです。日本では、夏バテには「うなぎ」と言われ、江戸時代から土用の丑の日にうなぎを食べて、疲労を回復する習慣がありますが、頻繁に食べるのは難しいですよね。そこで今回は、うなぎのようにビタミンB1が豊富で、疲労回復食材でもある豚肉を使ったレシピ『タコライス』を紹介します。

レシピを紹介するのは、管理栄養士とパティシエが作る、カレーとキッシュと、ケーキのお店「キリン食堂」の管理栄養士 麻生亮です。

さっそく、作り方を見ていきましょう。

【タコライス】
・豚肉→疲労回復に役立つビタミンB1や運動後の筋肉の修復、強化に欠かせないタンパク質が豊富!猛暑に欠かせない食材!
・トマト・アボカド →抗酸化力高く、激しい運動によってたまりやすい活性酸素を消去する作用があるといわれ、ケガ予防や筋肉の回復・修復が期待出来る!
・カレー粉(スパイス)→香りと辛味で食欲増進作用が期待でき、食欲が落ちやすいこの時期にピッタリ!

「管理栄養士が考えるランナーメシ!猛暑を乗り切る!疲労回復ゴハン【タコライス】」の画像

○材料(2人分)
豚ひき肉…250g
トマト…1個
アボカド…1個
レタス…2~3枚
ニンニク(みじん切り)…1片
オリーブ油…大さじ1

(A)
 ケチャップ…大さじ1
 しょうゆ…大さじ1
 ウスターソース…大さじ1
 カレー粉…小さじ1
 チリパウダー…小さじ1/2
 塩・コショウ…適宜

ご飯…180g×2
温泉卵…2個

○作り方
1.トマト・アボカドは角切りにする。レタスは太めの千切りにする。

2.フライパンにオリーブ油をひき、中火で豚ひき肉を炒める。全体に火が通ったら(A)を入れさらに炒め、塩・コショウで味をととのえる。

3.器にご飯を盛り、(1)・(2)・温泉卵の順に乗せて完成!

「管理栄養士が考えるランナーメシ!猛暑を乗り切る!疲労回復ゴハン【タコライス】」の画像

今回のタコライスは、カレー粉や辛味スパイスを効かせて、食欲を刺激する仕上がりです!猛暑を乗り切るためにも『タコライス』に挑戦を!

■キリン食堂
管理栄養士とパティシエが作る、カラダに優しいカレーとキッシュと、ケーキのお店

「管理栄養士が考えるランナーメシ!猛暑を乗り切る!疲労回復ゴハン【タコライス】」の画像

住所:神奈川県横浜市神奈川区神大寺4-24-3
電話番号:045-777-4845
facebook
instagram
管理栄養士:麻生亮

関連記事

麻生 亮が執筆した記事