管理栄養士が考えるランナーメシ! おウチで簡単! 揉んで焼くだけ!【タンドリーチキン】

「管理栄養士が考えるランナーメシ! おウチで簡単! 揉んで焼くだけ!【タンドリーチキン】」の画像

ランナーの皆さん、今日も走っていますか? 季節が春から夏に変わろうとしている今、気温も大きく変化して体調を崩しやすく、気をつけたいものです。こんな時こそ、栄養のあるものをしっかり摂って、体調管理を万全にしたいですね。しかし、特に暑い日には食欲が落ちてしまうことも……。そこで今回は、暑い時でも食欲そそる、スパイスが効いたインドの定番料理「タンドリーチキン」をご紹介します!

レシピを紹介するのは、管理栄養士とパティシエが作る、カレーとキッシュと、ケーキのお店「キリン食堂」の管理栄養士 麻生亮です。

さっそく、作り方を見ていきましょう。

【タンドリーチキン】
・鶏肉→筋肉の修復に欠かせない良質のタンパク質やコラーゲンが豊富! トレーニング後の回復にオススメ!
・カレースパイス→胃液の分泌を活発にし、食欲を刺激! 食欲が落ちる時期にオススメ!

「管理栄養士が考えるランナーメシ! おウチで簡単! 揉んで焼くだけ!【タンドリーチキン】」の画像

○材料(2人分)
鶏手羽元…8~10本
塩・黒コショウ…少々

オリーブ油…大さじ1
レモン…1/2個

(A)
カレー粉ー…大さじ1.5
ヨーグルト(無糖)…大さじ2
塩…小さ1/2
ニンニク(すりおろし)…1片分
ショウガ(すりおろし)…1片分

○作り方
1.手羽元は、骨に沿って切れ目を入れ、塩・黒コショウをふる。ボウルに手羽元と(A)を入れて揉みこみ、30分以上置く。

2.フライパンにオリーブ油を入れ弱めの中火にかけ、(1)を焼く。全体に焼き色が付いたら、フタをして、弱火で10分程度蒸し焼きにする。フタをあけ、水分を飛ばす。
「管理栄養士が考えるランナーメシ! おウチで簡単! 揉んで焼くだけ!【タンドリーチキン】」の画像
3.器に盛り、お好みで野菜やレモンを添えていただく!

「管理栄養士が考えるランナーメシ! おウチで簡単! 揉んで焼くだけ!【タンドリーチキン】」の画像

手羽元は、軟骨まで食べることをオススメします。軟骨には特にコラーゲンが多く含まれています。コラーゲンは美容にはもちろん、骨粗鬆症や関節炎の防止にも効果が期待できる、ランナーにはうれしい栄養素です。また、手羽元には、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を高めるといわれるビタミンAも多く含まれ、とてもオススメです。まずは、『おウチで簡単!揉んで焼くだけ!タンドリーチキン』をお試しください!

■キリン食堂
管理栄養士とパティシエが作る、カラダに優しいカレーとキッシュと、ケーキのお店

「管理栄養士が考えるランナーメシ! おウチで簡単! 揉んで焼くだけ!【タンドリーチキン】」の画像

住所:神奈川県横浜市神奈川区神大寺4-24-3
電話番号:045-777-4845
facebook
instagram
管理栄養士:麻生亮

関連記事

麻生 亮が執筆した記事