【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
(左から)ADIZERO ADIOS PRO 3/ADIZERO TAKUMI SEN 9/ADIZERO BOSTON 11/ADIZERO SL

ランナーから不動の人気を誇るアディダス『ADIZERO』シリーズの最新モデルが出揃ったこの時期。ADIZEROを履いてみたいと検討しているランナーにとっては、各モデルがどのようなシーン向けにカテゴライズされるかも気になるところ。

そこで今回はRuntripお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんにADIZEROシリーズ4足の特徴や、使い分けについて解説していただきました。藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

ADIZERO SLは万能なデイリートレーナー

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像

大森:今回はアディダスのシューズ履き分け最新版をお届けします。紹介するのは『ADIZERO ADIOS PRO 3』、『ADIZERO TAKUMI SEN 9』、『ADIZERO BOSTON 11』、『ADIZERO SL』です。今回はデイリートレーナーの定番とも言えるなSLシリーズ新作が登場したのも大きなニュースです。

藤原:今回の履き分けポイントはまさにSLです。『スーパーライト』の略なんですけど、デイリートレーナーとして『ADIZERO』に仲間入りしました。SLはシンプルな構造ですが、前足部にLightstrike Proが入っていて、流しのようなスピードを出しても気持ち良く走れます。言ってみれば“Do it all”1足持っていればなんでもできるシューズですね。

大森:ランニングビギナーならフルマラソン完走にも向いていそうですね。

藤原:そうですね。しなりが出るくらい剛性も強く、8.5mmドロップで傾斜もあるのでスムーズにガイドしてくれると思います。これだけ軽いので、サブ4目標のランナーでもSLを選ぶという選択肢もあるでしょう。本番で他のレーシングシューズを使っているランナーはウォーミングアップで使うのもいいじゃないでしょうか。

SLを軸に組み合わせは無限!

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
(左から)ラントリップ代表・大森、シューズアドバイザー・藤原岳久さん

大森:履き分けとしてはSLを中心に組み合わせるのが軸になりますが、そこからBOSTON 11を選ぶ境界線はどんなところでしょうか。

藤原:BOSTONはフルマラソンでいうと、サブ4から上を目指したいランナー向け。非常に多くの機能が盛り込まれているシューズです。グラスファイバー製のEnergyRodsにLightstrike ProとLightstrike EVAを半分ずつ組み合わせています。

大森:両者のいいところを取ったようなシューズですね。

藤原:バウンド重視でいえば、ADIOS PRO 3のほうが反発を得られます。BOSTONはクッションもありつつ、安定性に優れているので、そこを重視するランナーであればBOSTONがおすすめです。

大森:サブ3.5を目指すランナーでも安定性が欲しい場合はBOSTONがいいですね。

藤原:サブ3.5以上の記録を目指すランナーにはADIOS PROのほうがバウンド感とカーボン製EnergyRodsの効果も得られると思います。これを履きこなすために前回のレビューでも紹介した通り、接地感のあるTAKUMI SENと組み合わせていくといいでしょう。

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像

大森:そうすると理想はデイリートレーナーでSLを使いつつ、テンポアップではBOSTON、レースではADIOS PRO 3といったラインナップがオーソドックスですね。それ以外にもシリアスランナーならトレーニングでTAKUMI SENを使ったり、サブ3.5~4くらいのランナーならレースでBOSTONなど、いろいろ組み合わせがありそうですね。

藤原:履き分けは無限に変化させられると思います。具体的にいうと、私だったらマラソン練習で5000m2本のペース走をする場合は、1本目にBOSTONを使って、2本目はADIOS PROを使います。ADIOS PRO 3はレースに向けて確認のために使うんですけど、BOSTONはペース走の時にクッション性を感じられていいんですよね。

また、インターバルは基本的にTAKUMI SENでやり切っちゃうことが多いですが、最後の1本だけADIOS PRO 3に履き替えるなんて方法も良いですよね。

大森:なるほど。インターバル中に履き替えるのはかなりコアな履き分けですね。そういったシューズを履き分ける方法もとても良いですね。

藤原:とにかく、今回はまずはSLをおすすめしたいと思います。その上で様々な履き分けをしてみると良いでしょうね。

藤原さんおすすめのSLはもちろんのこと、フルマラソンでの目標タイムやトレーニング内容によって使い分けるといった楽しみ方が広がりそうです。ぜひ藤原さんの履き分け方法も参考に、ご自身に最適なシューズ選びをしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

1.アディダス|ADIZERO SL

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
出典:shop.adidas.com

価格:¥14,300(税込)

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
人気のADIZEROシリーズ最新モデル
「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
人気のADIZEROシリーズ最新モデル

2.アディダス|ADIZERO BOSTON 11

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
出典:shop.adidas.com

価格:¥17,600(税込)

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
サブ4ランナーにおすすめのテンポアップシューズ
「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
サブ4ランナーにおすすめのテンポアップシューズ

3.アディダス|ADIZERO ADIOS PRO 3

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
出典:shop.adidas.com

価格:¥26,400(税込)

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
5本骨状カーボンバー「ENERGY RODS」を搭載した厚底レーシングシューズ

4.アディダス|ADIZERO TAKUMI SEN 9

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
出典:shop.adidas.com

価格:¥20,900(税込)

「【2023年最新】アディダスランニングシューズの履き分け方は?新作「ADIZERO SL」を中心に徹底解説!」の画像
接地感のある5〜10kmのレースにぴったりなレーシングシューズ

併せて読みたい


藤原 岳久さん
FS☆RUNNING(旧藤原商会)代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
「ITEM」の新着記事

CATEGORY