ナイキから最新レーシングシューズ「ズームエックス ストリークフライ」登場!5〜10kmの短いロードレースに最適

「ナイキから最新レーシングシューズ「ズームエックス ストリークフライ」登場!5〜10kmの短いロードレースに最適」の画像

ナイキが5km、10kmなどの短い距離のロードレース、トレーニング向けに開発したシューズ『ズームエックス ストリークフライ』を発表。2022年2月よりNIKE.COMで発売される予定です。

多くのエリートランナーが着用する『ヴェイパーフライ』、『アルファフライ』シリーズに加え、新たなコンセプトのレーシングシューズが登場しました。

接地感が高められた「ズームエックス ストリークフライ」

「ナイキから最新レーシングシューズ「ズームエックス ストリークフライ」登場!5〜10kmの短いロードレースに最適」の画像

『ズームエックス ストリークフライ』のミッドソールには、ナイキで最軽量かつ反発性に優れた『ズームエックス』フォームを全面に搭載。中足部のみ『PEBAX(ペバックス)』製プレートを採用することで適切な硬さをもたらし、安定性と推進力のあるライド感を実現。

これまでの厚底レーシングシューズと比較して『ズームエックス ストリークフライ』は少し薄めのミッドソール。地⾯との距離が近いことで接地感が高められています。

「ナイキから最新レーシングシューズ「ズームエックス ストリークフライ」登場!5〜10kmの短いロードレースに最適」の画像

さらに、アウトソールは足が着地してから蹴り出しまで、様々な路面状況やコーナーでグリップを発揮できるようランナーのデータに基づき開発された『ジェネラティブ トラクション デザイン』を採用。

アッパーはフィット感だけでなく通気性と軽量性も追求し、透け感のある軽量なエンジニアードメッシュを搭載。前足部をしっかり包みこみ、快適なフィット感を実現しました。また、踵部にはランナーに必要な快適さとサポートを高める立体的なポッドも搭載されています。

短い距離のロードレースに最適のシューズ

ホワイトを基調としたデザインのカラー名は“試作品”を意味する『プロトタイプ』。ナイキによると「全てのランニングシューズの開発において、アスリートと⼀緒にテストするプロセスがとても重要であることを表現した」とのこと。『プロトタイプ』カラーのシューズ内側にはプロトタイプシューズの番号がプリントされ、外側にはアクセントとなるカラーと、短いロードレース向けであることを意味する『5K』『10K』があしらわれました。

ナイキ ランニング フットウェア プロダクト マネージャーのエリオット・ヒース氏は「ロードでのレーシングシューズとしてだけでなく、ロードおよびトラックのトレーニングにも使用してほしい」と語っています。

ロードレースへの出場を考えている方やトレーニング向けシューズを探している方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

「ナイキから最新レーシングシューズ「ズームエックス ストリークフライ」登場!5〜10kmの短いロードレースに最適」の画像

価格:¥19,250(税込)
発売時期:2022年2月
販売予定NIKE.COM

合わせて読みたい

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY