【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ

「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザー 藤原岳久さんと、アシックスから新登場の厚底カーボンシューズ『METASPEED Sky(メタスピード スカイ)』をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

反発性と安定感を兼ね備えた厚底カーボンシューズ「METASPEED Sky」

「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像

アシックスが走法の違いに着目して開発したMETASPEEDシリーズのストライド型対応モデル『METASPEED Sky』。藤原さんも「やっと出てきた!」と感じた待望の厚底レーシングシューズです。

ミッドソールにはASICS独自素材『FF BLAST TURBO』カーボンプレートが搭載され、反発性が強く厚底シューズ特有の跳ねる感覚を感じますが、サイドに大きく張り出したソールにより安定感のある履きやすいシューズに仕上げられています。

藤原さんも5kmタイムトライアルと1600m×5本の2回METASPEED Skyを履いて走り、シューズ性能の高さを実感したとのこと。また、靴下のように足を包み込む軽量のソックライクフィットアッパーにより、足当たりの良さを感じます。

「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像

一方、シューズのサイズ感について「ヒールカップが踵部分から足首部分にかけて前へ迫り出しているので、少しタイトに感じた」と藤原さん。フィット感が気になる方は、普段よりも大きいサイズを履いてみるとフィットするかもしれません。

「METARACER」「METASPEED Edge」との比較

「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像

藤原さん曰く、従来のカーボンプレート搭載シューズ『METARACER(メタレーサー)』は「ドロップにより前へ転がっていくテンポアップシューズ。期待通りの強い反発を感じられるMETASPEED Skyとは系統が異なる」とのこと。

6月発売予定のピッチ型対応モデル『METASPEED Edge(メタスピード エッジ)』との比較も、「議論の余地はあるものの比較的ピッチ走法の川内優輝選手もMETASPEED Skyのプロトタイプを着用してマラソンで自己ベスト更新したことを考えると、まずはMETASPEED Skyを履いてみてほしい」と呼びかけます。

シリアスランナーには期待通りの厚底レーシングシューズ『METASPEED Sky』。ステップアップを目指す方も5〜10kmの短い距離でその履き心地を体感していただきたい一足です!

METASPEED Sky

「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像

・ドロップ:5mm
・重量:173g(25.5cm)
・サイズ展開:24.5-30.0cm(メンズ)/ 22.5-26.5cm(ウィメンズ)
・価格:¥27,500(税込)

「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像
高い反発性と安定感を兼ね備えたカーボンプレート搭載の厚底レーシングシューズ
「【アシックス】「METASPEED Sky」は反発性と安定性を兼ね備えた厚底カーボンシューズ」の画像
高い反発性と安定感を兼ね備えたカーボンプレート搭載の厚底レーシングシューズ。

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY