【XERO SHOES】エイチエフエスは素足に近い履き心地のシューズ

「【XERO SHOES】エイチエフエスは素足に近い履き心地のシューズ」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、ゼロシューズ『HFS(エイチアイエフ)』をレビュー。
藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

足裏で接地をダイレクトに感じられるシューズ

ゼロシューズは、クッションやサポート機能は極力省き、薄いソールで自然な状態を妨げない、素足に近い履き心地のシューズブランドです。『HFS(エイチアイエフ)』とは略字で、Highly Flexible SoleやHappy Face Shoesなど様々な意味が込められ、自由に解釈できるユニークなネーミング。

アメリカでヒットしたオールラウンドなシューズ『PRIO(プリオ)』をランニング向けに改良したベアフットシューズ。ドロップゼロで、屈曲性に優れたフレキシブルなソール、シューズ内の温度を37.5度に保つ “37.5R” という新素材が採用され、通気性の良いアッパーが特徴です。

藤原さんは「普段は厚底シューズを愛用しているランナーは、たまにこういう足裏で接地をダイレクトに感じられる、情報量の多いシューズを履いた方が良い。一足持っておくと良い」と言います。普段履きや軽めのランニング、トレッドミルでの使用がオススメだそう。日常の普段履きとして着用して、隙間の時間で走ってみるなどの使い方も良いですね。

XERO SHOES HFS

「【XERO SHOES】エイチエフエスは素足に近い履き心地のシューズ」の画像

・価格: 13,200円(税込)
・重量: 192g(27cm)
・ドロップ:5mm

「【XERO SHOES】エイチエフエスは素足に近い履き心地のシューズ」の画像
薄いソールで素足に近い履き心地。接地をダイレクトに感じられるシューズ
「【XERO SHOES】エイチエフエスは素足に近い履き心地のシューズ」の画像
薄いソールで素足に近い履き心地。接地をダイレクトに感じられるシューズ

・合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY