箱根駅伝で話題!ミズノ「ウエーブ デュエル ネオ」が登場

「箱根駅伝で話題!ミズノ「ウエーブ デュエル ネオ」が登場」の画像

シューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんとミズノの『WAVE DUEL NEO(ウエーブ デュエル ネオ)』をレビューしました。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

新素材『MIZUNO ENERZY』搭載のランニングシューズ『WAVE DUEL NEO』

「箱根駅伝で話題!ミズノ「ウエーブ デュエル ネオ」が登場」の画像ミズノから、長距離ランナーに向けたランニングシューズ『WAVE DUEL』シリーズのトップモデル、『WAVE DUEL NEO』が登場。

新開発した高反発ソール素材『MIZUNO ENERZY LITE(ミズノエナジーライト)』を搭載して注目を集めています。同シューズでは、「走り方のフォームを変えずに、今まで以上に地面からの反発力が得られる」ことをテーマに開発。ソールの反発性が向上し、アッパー(足甲)部をニット素材のハイカットにすることで、足首までの一体感を高め、安定した走りをサポートしてくれます。

藤原さんは、ウエーブ デュエル ネオを2回使用。タイムトライアルでも履いたそう。「ソールの素材が良いですよ。14mm、23mmの厚さを感じないクッション感。スーパーボールをイメージするとわかりやすい」(藤原)プレートが入っているため、反発のバウンドを前にコントロールでき、ソールとプレートの相性が抜群だと評価します。

「カーボンプレート搭載でもないし厚底でもない、中厚底。まさに、名前の通りのネオレーシングフラット(新薄底)。5〜10km短距離ワークアウトで履くにはオススメ」とのこと。トップアスリート向けなので、1km3分を切るようなシーンで力を発揮。「この靴は、リズムだけで走ると衝突が生まれない。自分で地面にしっかり押すように走るとタイムが上がった。使い方によって達成感がある。速く走らせてくれるというよりも、自分の力を蓄えるシューズ」(藤原)

オンラインで商品発表会を見ていたラントリップ代表の大森も「ミズノはバットやゴルフクラブなど用具開発をする中で、衝突活動による反発を研究してきており、ランニングをランナーが地面と衝突する運動だと捉え、どうコントロールするかという視点を持っていたと聞いた」と今までとは違う切り口に関心を寄せます。

「ハイカットの形も面白い。上下のバランスを考えた作りで、フィット感がものすごく良いですよ。ほとんど履いている感触がない。ソールのグリップもすごい! ジュニアアスリートは、まずこれを履いて欲しいですね」(藤原)

藤原さんは、MIZUNO ENERZYがサブ4向け等の他シリーズにも搭載されると、ますます面白くなりそうだと期待します。

『WAVE DUEL NEO』

「箱根駅伝で話題!ミズノ「ウエーブ デュエル ネオ」が登場」の画像【商品詳細】

・価格:¥25,300(税込)
・ドロップ:9mm
・重量:約185g(26.0cm片方)

着用選手のインタビューが“本気の反撃” 特設サイトに掲載されています。

合わせて読みたい

・編集部オススメランニングシューズまとめ

・『WAVE DUEL NEO』が登場!

・【ミズノ】レディースランニングシューズ10選

・『ウエーブライダー』の進化と特徴のまとめ

 


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY