人生2度目のフルマラソン挑戦!(の前に考えたこと・実行したこと)

みなさんこんにちは! 10月に入り、いよいよマラソンシーズンの到来ですね。走りながら秋の気配を感じる今日この頃。秋・冬レースに向けて真剣にトレーニングを重ねている方も多いでしょう。私は今人生初……ではなく2度目のフルマラソンに向けて走っています!

「よし、2度目のフルマラソンについて、ランナーの経験やトレーニングのアドバイスを調べてみよう! 」とネットで検索してみると、初レースに比べて2度目のマラソンについての情報はあまりありませんでした。そこで今回は、初フルマラソンと2度目のマラソンに向けての心持ちや目標などを比べてみます!

「人生2度目のフルマラソン挑戦!(の前に考えたこと・実行したこと)」の画像

目標設定

大会にエントリーする際には、誰しもゴールを設定するものです。例えば『1回も歩かずに完走する』または『4時間切り(サブフォー)を目指す』など。私の初フルマラソンの目標は、『怪我をせずに、とにかく完走する』ということでした。

今回も基本的に目標は変わりませんが、これに加えて 『自己ベストを更新すること』と、『レース後の疲労回復に努める』という2つの目標を立てました。レースに向けたトレーニングにたくさんの時間を割くからには、昨年の経験を生かし、トレーニングを積み、前回よりも速く走りたいものです。

「人生2度目のフルマラソン挑戦!(の前に考えたこと・実行したこと)」の画像

 緊張の度合い

初レースのときは42.195kmが未知の世界で、とても緊張していました。週末のロングランなど初めての経験ばかりで、なかなか完走できる自信が持てず、友人や同僚にもマラソンのトレーニングについてあまり話しませんでした。2度目は、過去の経験から自信が生まれるので、余分な緊張がほぐれた状態で準備ができています。

「人生2度目のフルマラソン挑戦!(の前に考えたこと・実行したこと)」の画像

トレーニングで重視すること

初マラソンでは走力を上げることだけに焦点を当てていましたが、今回は、トレーニングを楽しく続けるためにメンタル面にも意識を向けています。例えば、トレーニング中は正直なところ「ああ、またこんなに走るのか……」と思うこともあります。だからこそ、飽きないようにトレイルや新しいコースを走ってみたり、自分にご褒美を与えたりしてモチベーションを保っています。

改善ポイント

トレーニングを始めて6週目、前回の失敗をもとに少しずつトレーニングを改善しています。改善したことは……

朝ラン

以前は、仕事から帰宅後、少し休んだ後にストレッチをして走り、シャワーを浴びて夕食の支度をして……夕飯を食べるころには夜遅い時間になってしまっていました。そこで今回、平日は可能な限り仕事の前に走るようにしています。猛暑の8月にトレーニングを始めたので、涼しい時間帯に走ることにしました。朝一番に走ってしまうと、仕事後の時間を有効に使えます。

マメ対策

週末のロングランでは、長時間の摩擦により足のいろいろな部分にマメができてしまいました。そこで、10km以上のランでは事前に対策をすることに。ランニングショップで購入した足裏用のクリームを塗ると、マメがある程度予防できることに気づきました。

水分と電解質補給

水分と電解質をあまりとらずに長時間走ってしまった後には、じわじわと一日中長引く頭痛に悩まされていました。今回は走る直前ではなく、可能であれば数時間前から水分と電解質補給を心がけるようにしています。

「人生2度目のフルマラソン挑戦!(の前に考えたこと・実行したこと)」の画像

 2度目のフルマラソンの舞台は?

さて、最後に……私の2度目のフルマラソンの舞台は『カリフォルニア・インターナショナルマラソン』というレースです。アメリカ、カリフォルニア州北部の州都、サクラメントで毎年12月の初旬に開催されます。コースは総合的に下り坂で、あのボストンマラソンのクオリファイ(BQ資格)を狙えるチャンスとして、アメリカ西海岸では注目されているレースです。YouTubeでコースの早送り動画を見てみましたが、大都会のマラソンとは違った、のどかな景色が楽しめそうです。

今回はランナーの視点から、人生2度目のフルマラソンについて考えてみました。みなさんは、1度目と2度目のマラソントレーニングではどのような違いがありましたか?

 

関連記事

戸上絵理が執筆した記事