【ドン・キホーテ】規格外の厚底シューズ!『ACTIVEGEAR Foul Run』をレビュー

「【ドン・キホーテ】規格外の厚底シューズ!『ACTIVEGEAR Foul Run』をレビュー」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、ドン・キホーテ『ACTIVEGEAR Foul Run』をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

初心者も気軽に履ける規格外の厚底シューズ『ACTIVEGEAR Foul Run』

外見はまるでナイキのヴェイパーフライのようなドン・キホーテ『ACTIVEGEAR Foul Run』。

世界陸連(World Athletics)の規定によりロードレースで着用できるシューズの厚さが40mm以内と決められていますが、『ACTIVEGEAR Foul Run』は規格外の52mm。

「【ドン・キホーテ】規格外の厚底シューズ!『ACTIVEGEAR Foul Run』をレビュー」の画像

また、ドロップは一般的に12mmが最高厚ですが、藤原さんの推定によると『ACTIVEGEAR Foul Run』のドロップは20mm弱あり「ハイヒールが安定したような感覚」だと言います。

従来のEVA素材で作られた固いソールとカーボンプレートの組み合わせにより、ヴェイパーフライのように柔らかく、跳ねる感覚ではないものの、ソールが固いことで安定感があり、ロッカー構造になっているため前へ進む動きをサポートしてくれるとののこと。

アッパーのフィット感については、「ヴェイパーフライの足型はあらゆる選手の足にフィットするように日々研究を重ねて開発されているので、真似するのは厳しい。Foul Runはアンクルパッドが付いていても、足が抜けてしまう」と解説。

藤原さんは「ランニングでも履けるシューズ」と評価。ヴェイパーフライにそっくりなデザイン性も含めて、ランニングを始めてみたい方が普段履きをメインに使いながら、気軽にランニングを楽しめるシューズ。

実際の履き心地が気になる方はぜひドン・キホーテに足を運んでみてはいかがでしょうか?

ACTIVEGEAR Foul Run

「【ドン・キホーテ】規格外の厚底シューズ!『ACTIVEGEAR Foul Run』をレビュー」の画像

ACTIVEGEAR『Foul Run』
・サイズ:22.0 ~ 28.0cm(1cm刻み)
・価格:¥8,789(税込)

「【ドン・キホーテ】規格外の厚底シューズ!『ACTIVEGEAR Foul Run』をレビュー」の画像
まさに「規格外の厚底シューズ」。初めての方でもランニングを楽しめる一足で、普段履きでも使用できます

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY