【サロモン】アスリートが開発に携わった「S/LAB PHANTASM」は極薄・超軽量のロードレーシングシューズ

「【サロモン】アスリートが開発に携わった「S/LAB PHANTASM」は極薄・超軽量のロードレーシングシューズ」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、Salomon「S/LAB PHANTASM(ファンタズム)」をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

サロモン待望のロードレーシングシューズ「S/LAB PHANTASM(ファンタズム)」

フランス発のアウトドアブランド、サロモンの新商品『S/LAB ファンタズム』は、サロモンの人気商品であるスキー板のデータを元につくられた、新しいランニングシューズです。

「このシューズには大きく3つの特徴がある」と、ラントリップ代表の大森はいいます。

通常の半分以下のパーツで作られているなど構成パーツが少ないこと、靴下が見えるほどの薄さを持つこと、そして何と言ってもスキー板をもとに作られたソールが特徴。

『リバースキャンバー』と呼ばれるソールの形状は、スキー板と同じでつま先の部分が反り上がっているのがわかります。この形状により、「地面との接地感を出しつつ、摩擦を減らしてうまくストップがかかる構造」とシューズアドバイザーの藤原さんも解説。

エナジーサージと呼ばれるソールの素材は熱可塑性素材が使用されており、バウンドの耐久性がついたことに加え、素材自体が40%軽くなりました。実際に履いて走った藤原さんは、「ソックスを超えてペラペラ」と話すほど、軽さと薄さが実感できる一足になっています。

商品開発に注力するサロモン。S/LABシリーズでは、選手と一緒に開発を進めています。今回のファンタズムは1週間に2回エベレスト登頂を成功させたキリアン・ジョルネと共に、「24時間トラックを走り続けられるシューズ」をコンセプトに掲げ、開発されました。

「リズムを取りやすい感じはするので、マインドをセットする厚底のような使い方になるんですよね。この一足なら走れるという感じで思ってもらうといいのかと」とまとめた藤原さん。

軽さと薄さ、そして丈夫さを兼ね備えたこの商品はトレイルランナーの利用者が多いサロモンらしい一足と言えます。ぜひ足を通してみてください。

S/LAB PHANTASM

「【サロモン】アスリートが開発に携わった「S/LAB PHANTASM」は極薄・超軽量のロードレーシングシューズ」の画像

・サイズ:23.0 cm ~ 28.5 cm(ユニセックス)
・販売価格:22,000円(税込)
・重量: 199g (27.0cm)
・カラー:レーシングレッド

「【サロモン】アスリートが開発に携わった「S/LAB PHANTASM」は極薄・超軽量のロードレーシングシューズ」の画像
軽量性・通気性に加え丈夫さも兼ね備えた、アスリートと共同開発のロードレーシングシューズ。スキー板のようにつま先が反り上がったソール形状で、摩擦を抑えながら地面との接地感を感じられるのが大きな特徴

 

・合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY