ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像

冬のランニングには欠かせない『ランニング用グローブ』。今からでも購入したい、この冬イチオシのグローブをラントリップ目線でご紹介。厚さやデザイン、様々な機能を搭載したグローブ、あなたはどれを選ぶ?

【アンダーアーマー】ラン・ライナーグローブ/ストーム ラン ライナー

実際に手を通したヤッホーカレンさんは、“ピカイチのフィット感、優しい生地で鼻も拭えちゃうぞ”と、このグローブをユニークに表現。つけた瞬間にわかるフィット感や、動かしやすさが特徴の逸品です。

親指と人差し指には、ユニフォームなどに使われるトリコット生地を採用。冬場や花粉症の時期にも、優しい生地で鼻を拭えてしまうのです。もちろんスマホ対応。

商品詳細

■UA ラン・ライナーグローブ(MEN)
・価格:3,960円(税込)
・カラー:1色(Black)
・サイズ:S/ M/ L

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
抜群のフィット感と親指・人差し指の優しいトリコット生地が特徴。冬場や花粉症の時期にもオススメな、お手頃価格の手袋です。

■UA ストーム ラン ライナー(WOMEN)
・価格:3,960円(税込)
・カラー:1色(Black)
・サイズ:M/ L

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
抜群のフィット感と親指・人差し指の優しいトリコット生地が特徴。冬場や花粉症の時期にもオススメな、お手頃価格の手袋です。

【パタゴニア】ピーク・ミッション・グローブ

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
アウトドアブランド・パタゴニアから出たグローブがこちら。“街から山頂まで頼もしい相棒!” と紹介してくれました。

まず、上から覆うミトン部分に耐水・耐風加工がなされていて頼もしい。ミトン部分は、未使用時にしまうことができてコンパクト化も。その高い機能性はアウトドアブランドならではですね。

また、リサイクルナイロンを68%使用している点でも、環境保全活動を積極的に行うパタゴニアらしい商品。言わずもがなのスマホ対応です。

商品詳細

・価格:9,680円(税込)
・カラー:2色(Black/ Smolder Blue)
・サイズ:XS/ S/ M/ L/ XL(ユニセックス)
・パタゴニア公式Web:https://is.gd/ghZjhv

【サロモン】AGILE WARM

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
こちらもアウトドアブランド・サロモンからの商品。“シンプル・イズ・ベスト、あなたのファーストグローブ! ” と岡田さん。

人差し指のタッチパネル対応や、保温性・通気性の良さ、そして、何よりも軽くて持ち運びしやすいこのグローブは『シンプル・イズ・ベスト』。ランニング用に最低限備えておいてほしい機能が揃うので、まさにファーストグローブ向き。一つ持っておけば間違いない商品と言えるでしょう。

商品詳細

・価格:3,300円(税込)
・カラー:2色(Black/ Copen Blue)
・サイズ:XS/ S/ M/ L/ XL(ユニセックス)

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
初めてのランニング手袋にオススメ! 保温性・通気性・軽量性など、ランニングに必要な機能を備えた手袋。人差し指はタッチパネル対応

【ザ・ノース・フェイス】GDTグローブ

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
“大人のアーバングローブ” とも紹介できるのは、今回の4選で最も薄いグローブのノースフェイス『GDTグローブ』です。

手を通すと、素手と変わらないような自然な感触を体験できます。少し薄めなので、春からのシーズンでも使用可能。表面全体が合皮で覆われており、どの指でもスマホ対応が可能な点でも、魅力的な商品ですね。

商品詳細

・価格:5,390円(税込)
・カラー:5色(ファイアリーレッド/ ブラック/ ネイビー/ ニュートープ/ ティングレ)
・サイズ:S/ M/ L(ユニセックス)

「ザ・ノース・フェイスやパタゴニア……「ランニング用グローブ」は何を選ぶ?」の画像
素手と同じに感じるほど薄いグローブのため、春からのシーズンにもオススメ。どの指でもスマホ対応できる利便性も特徴。

手先を暖かくして、快適にラントリップを楽しみましょう!

合わせて読みたい

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY