【ホカ オネオネ】ROCKET X は自己最速シューズ!柏原竜二さんオススメの理由とは?

「【ホカ オネオネ】ROCKET X は自己最速シューズ!柏原竜二さんオススメの理由とは?」の画像

今回も2代目『山の神』そして HOKA ONE ONE アンバサダーの柏原竜二さんをお招きして、新作『ROCKET X(ロケットエックス)』をレビューしました。

「自己最速を、たたきだせ! 」というキャッチコピーで登場した『ROCKET X』。カーボンプレート入りで、エリートアスリート向けのレーシングシューズです。27cmで210gという驚きの軽量。「何度か履いているんですが、ソールにシワができないのが良いですね。軽いけれど丁度良い硬さで、安定感を出してくれている」と柏原さん。

柏原さんはこのシューズの安定感も評価しています。「レーシングシューズで安定感を出すってなかなか難しい。安定感があって、なおかつ反発性も厚さもある。すごく履きやすい印象です」。

ラントリップ代表の大森は「厚底カーボンシューズは沈んで跳ねる履き心地のものが多いですが、これはものすごく転がるんですよ。回転しながら跳ねてくれるイメージ。沈み込みが苦手な人、まだ体幹が弱い方にも履きやすそう」と続けます。

柏原さん曰く、シューズに身体を合わせるのではなく、シューズがサポートしてくれる「考えなくて良いシューズ」。「カーボンシューズを履かなければ」と義務感で着用していたような苦手意識のあるランナーにもオススメです。いわゆるレーシングシューズと比較すると、サポート力も。『CARBON X(カーボンエックス)』よりも柔らかい素材で、レースでスピードを出す際の負荷を軽減。

「走っていて心地良いんですよね。まさかレーシングシューズにまで心地よさを落とし込んでくるとは……」と感心する柏原さんに、「ロケットが打ち上がっていく感じですよね」と大森も。

トップアスリート向けの『ROCKET X』ですが、軽いので足が疲れにくく、フルマラソンやトラックレース、ロードレースなどでも使えます。『CARBON X』は、距離走等の練習に使い分けがオススメです。ぜひ、履いて確かめてみてくださいね。

ホカ オネ オネが、11/6(金)〜12/13(日)までオンラインのバーチャルイベント『HOKA ONE ONE PB CHALLENGE』(※詳細は下記参照)を実施中。こちらも要チェック!

お気に入りのシューズを見つけてラントリップを楽しもう!

ROCKET X

「【ホカ オネオネ】ROCKET X は自己最速シューズ!柏原竜二さんオススメの理由とは?」の画像
カーボン入りの軽量で足抜けの良いレーシングシューズ
・価格:¥24,200 (税込)
・重量:210 g (27.0cm)
・サイズ:<ユニセックス>23.0cm–30.0cm
・商品詳細:こちら

HOKA ONE ONE PB CHALLENGE

「【ホカ オネオネ】ROCKET X は自己最速シューズ!柏原竜二さんオススメの理由とは?」の画像

『ROCKET X』または『HOKAのシューズ』を履いて10km、5kmのPB(Private Best=自己記録)にチャレンジするバーチャルタイムトライアル。PB達成者には完走証とPB賞(HOKAオリジナルグッズ)、さらに上位入賞者にはHOKAのアパレル他、オリジナルノベルティが贈呈されます。

イベント名 HOKA ONE ONE PB Challenge
日程 エントリー開始:2020年11月6日(金)11:00~
測定有効期間:2020年11月6日(金)11:00~2020年12月13日(日)23:59
記録確定・順位決定:2020年12月13日(日)23:59
参加費 無料(HOKA ONE ONEシューズ着用が参加条件)
種目 ・ROCKET X PB-Challenge 10K (部門:男子/女子) ※ロケットX着用者のみ
・ROCKET X PB-Challenge 5K (部門:男子/女子)※ロケットX着用者のみ
・HOKA ONEONE PB-Challenge 10K (部門:男子/女子) ※HOKAシューズ着用者
・HOKA ONEONE PB-Challenge 5K (部門:男子/女子) ※HOKAシューズ着用者
エントリー こちらから

合わせて読みたい


<HOKA ONE ONE アンバサダー>
柏原竜二(かしわばらりゅうじ)さん

1987年7月13日福島県生まれ。福島県立いわき総合高等学校、東洋大学を卒業し、富士通株式会社へ入社。東洋大学時代に箱根駅伝で三度の総合優勝に貢献し、4年連続5区区間賞を獲得すると同時に、4年次には主将としてチームを優勝に導いた。卒業後は富士通陸上部にて活動し、2017年3月31日をもって現役引退。現在は同社企業スポーツ推進室に所属し、スポーツ活動全般への支援、地域・社会貢献活動などを担当し、幅広く活動している。

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY