【New Balance】スポーツショップ店員が”イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 19年1月版

ランニングシューズを探しているけど、種類が多すぎたり、どんどん新しい商品が出てきてどれがオススメなのかわからない。そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこでRuntrip Magazineでは、ランニングシューズ選びのプロであるスポーツショップの店員さんから「今、オススメしたいランニングシューズを最大2つまで教えてください」とインタビューを実施し、各ブランドごとにまとめました。

今回の記事ではニューバランスのランニングシューズをご紹介。普段からランニングを楽しんでいるランナーのみなさんも、これから走り始めたいという方も、ぜひランニングシューズ選びの際のご参考にしてみて下さい。

HANZO V2 R

「【New Balance】スポーツショップ店員が”イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 19年1月版」の画像
出典:shop.newbalance.jp

スポーツショップ3店舗のみなさんがおすすめする『HANZO V2 R』
HANZO V2はトップアスリートでも使用できるエリートランナー用のSモデルと、サブスリーを目指す市民ランナー用のRモデルが存在しますが、こちらはサブスリーを目指すランナー用のRモデルです。

名工三村氏が手がける、日本人を早くするシューズ。サブ2.5~サブ3.0のエリートランナー向け。しっかり足を使って走る方向けの上級者モデル。
– ビーアンドディー 渋谷店 菅谷

現代の名工・シューズ職人である三村仁司氏の主宰するM.Lab(ミムラボ)と共同開発されたランニングシューズ。日本人の足にフィットする新ラスト、軽さと反発性を極めたワンピース構造のREVLITE ミッドソールに加え、サポート性を高めたアッパーが採用され、サブ3からサブ3.5を目指すランナーにおススメ!以前と変わったこのシューズを感じてみて下さい!
– ステップスポーツ大宮店 蛯沢

粘り気のあるグリップDYNARIDE(特殊配合ラバー)がアスファルトに対してしっかりひっかかるよう設計されていて、クッション素材には軽量性、反発性を兼ね備えたREVLITE RCを採用。通常のレーシングシューズで、アスファルトにグリップをひっかけ、蹴りだすと体重移動が長くなり、アキレス腱やふくらはぎに負担がかかりやすくなります。しかし、HANZO V2 Rはつま先を巻き上げた形状に作られているため、強い蹴りだしを維持しながらも、重心移動が楽に感じる作りとなっていて、体感的に楽に走れるランニングシューズといえます。フルマラソンでサブ3を目指されている方、ハーフマラソン1時間半を切りたい、いつも薄底のレーシングシューズを履いていて、ふくらはぎなどに疲労がたまる方に、ぜひとも履いていただきたいランニングシューズです!
アートスポーツ 本店 川俣

HANZO  V2 S

「【New Balance】スポーツショップ店員が”イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 19年1月版」の画像
出典:shop.newbalanc.jp

先にご紹介したHANZO V2 Rのさらに上を目指す方向けのランニングシューズ『HANZO V2 S』をオススメするのは、スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店の河邉さん。

大人気のハンゾーのニューモデル!中級者から上級者におすすめのレーシングモデルです。
スーパースポーツゼビオ 渋谷公園通り店 河邉

FRESH FOAM ZANTE

「【New Balance】スポーツショップ店員が”イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 19年1月版」の画像
出典:stepsports.jp

ステップスポーツ大宮店の蛯沢さんがオススメするのは『FRESH FOAM ZANTE』

DATA TO DESIGNによりスピード走行に対応する快適な軽量性とクッション性を最適化したFRESH FOAM「ZANTE」。エンジニアードメッシュの卓越したフィット性とともに、サブ4を狙うの方のレース用から、日々の練習まで幅広く活躍する使いやすいモデル。毎回、カラーも豊富にあることでそれぞれの方のモチベーションに合うカラーを選べるのも良い部分でもあります。ぜひ、お試し下さい。
ステップスポーツ大宮店 蛯沢

HANZO U

「【New Balance】スポーツショップ店員が”イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 19年1月版」の画像
出典:shop.newbalance.jp

続いてアートスポーツ本店 川俣さんがオススメする『HANZO U』をご紹介。

これからランニングを始めたい方、フルマラソンやハーフマラソンなどの長距離レースをとにかく完走したいという方にお勧めしたいモデルです!
REV LITE(レブライト)というクッション素材を採用し、抜群のクッション性がランナーから評価され長年愛され続けてきた『1040』モデル。そのモデルが今期は商品名を含めてガラッと変更し、機能面もバージョンアップしたのが『HANZO U』
これまでの1040と比較してみると、HANZO Uは軽量性に優れているREV LITEに加え、反発性の高いRAPID REBOUND(ラピッドリバウンド)という素材を採用。またアッパー(足を覆う布部分)も縫い目のないストレッチ性の高い素材に変更されました。これがとっても履きやすいです!
また、以前のモデルより反発性が高くなったことで、足を守りながらスピードにも乗りやすいランニングシューズとして生まれ変わりました。
アートスポーツ本店 川俣 –

FRESH FOAM BEACON

「【New Balance】スポーツショップ店員が”イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 19年1月版」の画像
出典:bnd.co.jp

続いて、ビーアンドディー渋谷店の菅谷さんが紹介するのは『FRESH FOAM BEACON』

フレッシュフォーム史上クション性に優れ、最軽量モデル。これからランニングを始められるビギナーから、気持ちよくランニングを楽しみたいファンランナー向け。
ビーアンドディー 渋谷店 菅谷

いかがでしたか?

ニューバランスのランニングシューズをお探しの方は、ぜひ各店舗の店員さんのアドバイスを参考にお買い物を楽しんでみてくださいね。

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事