夏の休暇はこれで決まり!避暑地リゾートを満喫できるランニングコース11選

「夏の休暇はこれで決まり!避暑地リゾートを満喫できるランニングコース11選」の画像
あちこちで蝉が鳴き始め、いよいよ夏本番がやってきましたね。7月23日(月)には埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度、都内でも青梅市で40.8度を記録しました。そんな中、「少しでも涼しい所で走りたい! 」と思っているランナーの方も多いのでは? そこで今回は、夏の休暇に訪れたい『避暑地リゾートを満喫できるランニングコース11選』をご紹介します。

避暑地の朝を堪能! さくっと走れる朝ランコース

1.<軽井沢>星野リゾート軽井沢を満喫する朝ラン(5.2km)

星野リゾート軽井沢に宿泊した際に最適な朝ランコース。星のリゾート敷地内のトンボの湯を基点として、ハルニレテラスや石の教会、軽井沢高原教会を巡ります。トンボの湯は、8月31日(金)までの期間限定で通常より1時間早い、朝9時にオープンするため、モーニングラン後の朝風呂を堪能しましょう。ハルニレテラスにあるパン屋『SAWAMURA』は7時から営業しているので、こちらでパンとモーニングコーヒーを楽しむのも良いですね。【投稿者: Kenji Tomitaさん】

2.<富士見高原>天空リゾートクロカンコース(0.9km)

標高1250mの天空リゾート『富士見高原リゾート』内にあるクロカンコース。ウッドチップで整備され、適度なアップダウンのあるコースが700m〜1700mまで4パターンあります。森林の中を走るので、日差しや暑さを気にせず、快適に走ることができます。陸上競技場も併設されていたり、近隣には『信玄棒道』というトレイルコースもあったりするので、こちらもオススメです。【投稿者: 高橋 良(ryo)さん】

透き通る水に癒されながら走るレイクサイドランコース

3.<奥日光>プチトレイルが楽しめる湯ノ湖(4km)

湯ノ湖の周りを走る1周4kmのトレイルコース。湯ノ湖の南側を下っていくと、湯ノ湖から流れ落ちる湯滝を見ることが出来ます。湯滝は高さ70m、幅25m。華厳の滝、竜頭の滝とともに『奥日光三大名瀑』と呼ばれています。迫力満点の湯滝を眺めながら、ちょっと一休み。湯ノ湖は標高1475mにあるため、夏でも涼しく快適に走ることができます。【投稿者: すしマンさん】

4.<奥日光>透明度の高い中禅寺湖(10.3km)

中禅寺湖の東側のロードを走る往復約10kmのコース。中禅寺湖は栃木県最大の湖で1周約25km。湖の南側はトレイルコースになっているため、湖の周りをぐるっと1周走ることもできます。中禅寺湖の水は透明度が高く、日が当たると湖面がエメラルド色に輝きます。コースの近くには華厳の滝や竜頭の滝もあるため、そちらに足を延ばしてみてもいいですね。【投稿者: すしマンさん】

5.<富士五湖>湖と富士山を眺めながら! 西湖周回コース(9.8km)

富士五湖の1つ『西湖』の1周約10kmの周回コース。実業団チームや、箱根駅伝出場の強豪大学も使うコースで、1km毎に距離表示の看板があります。富士山や西湖を眺めながらゆっくり走ったり、アップダウンが少ないため、ペースを上げて走ってみたりするのもオススメです。歩道はありませんが、車の通りが少ないので、安心して走ることができます。7km地点には、温泉施設『いずみの湯』があるので、走り終わった後に、ここで汗を流すのもいいですね。【投稿者: 大角重人さん】

6.<裏磐梯>磐梯国立公園 桧原湖1周(31km)

『道の駅 裏磐梯(うらばんだい)』を基点に桧原湖の周りを走るコース。桧原湖は学生から社会人まで多くのランニングチームが合宿を行っている場所としても知られています。道路には1km毎に距離表示があります。木の間から見える桧原湖と磐梯山の景色は圧巻。桧原湖の近くには、陸上競技場や1周3kmのクロスカントリーコースを備えたスポーツパーク桧原湖もあるので、こちらもオススメです。【投稿者: Kazzoom-run-runさん】

避暑地でのんびり観光ランコース

7.<奥飛騨>新平湯温泉の隠れパワースポット(2.8km)

『奥飛騨温泉郷 新平湯温泉』の旅館から親水公園のたるまの滝を目指すコース。たるまの滝を流れる『たるま水』は、奥飛騨随一の名水として知られていて、現在でも新平湯温泉の旅館などで料理や飲料水として利用されています。たるまの滝や新平湯温泉は縁結びスポットとしても知られていて、新平湯温泉は、縁結びの神様が出雲へ往還する際に立ち寄り、疲れを癒したことから『縁結びの湯』とも呼ばれています。【投稿者: 近畿日本ツーリストさん】

8.<安曇野>自然を満喫!安曇野観光ラン(16.8km)

JR篠ノ井線『明科駅』からスタートし、旧篠ノ井線廃線跡を走ります。石がゴロゴロしているので足元に注意しましょう。途中には、当時の雰囲気が残る3万本のけやき並木やレンガ造りの漆久保トンネルなどがあります。麓に戻ったら、あやめ公園や犀川沿いを走り、大王わさび農場へ。ここで食べられる“わさびソフトクリーム”を片手にひと休憩。せせらぎの小径を通り、安曇野わさび田湧水群でゴール。夏には湧水でのアイシングもオススメです!!【投稿者: バンビ0718さん】

9.<上高地>上高地トレイル&観光ラン(19.6km)

茶嵐駐車場を基点に上高地の観光スポットを巡るコース。上高地の中心にある河童橋は、上高地のシンボル的存在。橋上から望む穂高連峰や焼岳の景色に心を奪われること間違いなし。夏や紅葉シーズンには訪れる観光客が多く、『上高地銀座』とも呼ばれています。河童橋から望める焼岳は標高2455m、長野県と岐阜県の県境にあり、北アルプスで唯一の活火山。その火山活動のおかげで、周辺地域に豊富な温泉をもたらしています。ランニング後にこれらの温泉を堪能するのもいいですね。【投稿者: Kowzyさん】

森の中はさらに涼しい! 避暑地トレイルランコース

10.<奥多摩>奥多摩滝めぐりトレラン(18.2km)

JR青梅線『鳩ノ巣駅』からスタートして、海沢(うなざわ)三滝である三つ釜滝、ネジレの滝、大滝や大岳山を巡り、瀬音の湯を目指すコース。海沢三滝は、滝の段数や形が異なり、それぞれ特徴を持っているので、ぜひ見比べて下さい。大岳山は標高1266mで、『日本二百名山』や『花の百名山』に選ばれています。大岳山の8月の平均気温は20度を下回るため(出典: ヤマレコ)、夏でも快適に走ることができます。天気が良ければ山頂から富士山を見ることができます。走り終わったら、ゴールの瀬音の湯で疲れを癒しましょう。【投稿者: かまくRUNさん】

11.<富士五湖>青木ヶ原樹海トレイル(12.8km)

富士五湖のうちの1つ精進湖のすぐ近くにある『精進湖民宿村』から『鳴沢氷穴』まで片道約6.5kmで、トレイルにしては比較的フラットで初心者でも走りやすいコース。青木ヶ原樹海と言えば、1度入ると出て来られないというイメージもありますが、ここは東京から大阪まで続く“東海自然歩道”の一部でもあるため、分かれ道には案内看板もあり、迷うことなく走ることができます。国の天然記念物や、国立公園の特別保護地域に指定されていて、美しい自然の中でのランニングを楽しむことができます。【投稿者: 大森英一郎さん】

■初心者におすすめ!関東のお気軽トレランコース5選

■夏にはシーサイドランニングコースもオススメ!

素敵な夏の休暇を過ごしに、避暑地リゾートへRuntrip!!

「夏の休暇はこれで決まり!避暑地リゾートを満喫できるランニングコース11選」の画像

最高の景色は#runtripでシェア!
Runtrip公式 instagramアカウントはこちら! https://www.instagram.com/runtrip_jp/

「夏の休暇はこれで決まり!避暑地リゾートを満喫できるランニングコース11選」の画像

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事