この夏にオススメ!輝く海を眺めながら走るシーサイドランニングコースまとめ

夏といえば海! 今回は、「この夏は海沿いの素敵な道を走りたい! 」とお考えのみなさんのために、夏の気分を盛り上げる素敵なシーサイドコースをまとめてみました。さぁ、この夏はシーサイドをRuntripしよう!

「この夏にオススメ!輝く海を眺めながら走るシーサイドランニングコースまとめ」の画像

シーサイド夜景ラン

「日中に走るのは暑いから気が進まないわ。日に焼けるのもいやよ。でも身体を動かすヘルシーな遊びがしたいの」そんな女性にもピッタリなのが夜景ランです。夏の夜の風が心地よく、街の光が波に揺れて輝くロマンチックな夜景ラン。この夏は、シーサイドエリアでの夜景ランデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1.東京ウォーターフロントラン(14.1km)

豊洲市場の水辺に新しくできた4.8キロのランニングコース「豊洲ぐるり公園」や国際展示場、豊洲、お台場を走るコース。信号は僅か6箇所程度で走りやすく、輝くレインボーブリッジや東京タワー、スカイツリーなど、東京の夜景を眺めながら走ることができます。東京に遊びに来た方へのおもてなしランとしてもオススメです。景色がきれいな場所ですので、今年度話題になった「名探偵コナン ゼロの執行人」やドラマ「おっさんずラブ(田中圭・吉田鋼太郎・林遣都)」などのロケ地にもなっています。

2.大さん橋の夕陽と夜の横濱ベイエリア(5.6km)

横浜みなとみらいを走る比較的短めのコース。短いと言ってもみなとみらい地区でのランニングで押さえておきたいランドマークタワーや赤レンガ倉庫、コスモワールドなどの観光スポットはしっかりと押さえたコースです。観光客が多くスピードを出して走るのには向きませんが、割り切って景色を楽しみましょう! ビギナーの方の入門コースとしてもオススメ。観覧車が輝く街と海を見ながら走るランニングは最高のレジャー。ランニングがもっと好きになること間違いなし。素敵なアフターファイブになることでしょう。

都心からアクセスしやすいシーサイドコース

輝く太陽がきらきら揺れる波に、カラフルなヨットやサーフボードが浮かぶ海。夏の気分を上げる潮風の香りを感じながら、陽気で爽やかなシーサイドランを楽しんでみてはいかがでしょうか。

3.古都鎌倉~江の島 オアシスを巡るオーシャンラン(16.9km)

都内からもアクセスしやすく、海と山に囲まれた美しい古都”鎌倉”(北鎌倉駅)からスタートし様々な観光スポットを巡りながらゴールのお風呂どころ「湯の市 藤沢柄沢店」を目指すコース。緑豊かなを長谷寺を経由しビーチ沿いへ。オシャレなカフェが多い”湘南”エリア。途中で立ち寄ってスイーツを楽しむことができます。人気ドラマ「花より男子」のネクストシーズンとして放送された「花のち晴れ」(杉咲花・平野紫耀・中川大志)で主人公たちがデートしていた「新江ノ島水族館」に立ち寄るのも楽しいでしょう。走りながら観光をして最後はお風呂でゆったり。素敵なラントリップになりそうですね。

4.湘南の風を感じる道 茅ヶ崎〜江ノ島コース(4.8km)

鵠沼海岸から、ビーチ沿いのサイクリングロードを走って美しい芝が広がる辻堂海浜公園へ向かうコース。行きは茅ヶ崎方面を目指すことになりますが、天気が良ければ前方に美しい富士山を眺める絶景が目の前に。辻堂海浜公園では、小さな丘を利用してファルトレクなどのトレーニングも行えて、芝生に寝そべって休憩するのも気持ちよさそう。帰りは江ノ島を見ながら賑やかなビーチの風景も楽しめます。砂浜を走ってトレーニングに工夫を取り入れてみてもいいかもしれません。

5.横須賀ランナーのメッカ。まぼちょくコース(11.3km)

横須賀ランナーのメッカ馬堀海岸の直線道路、通称「まぼちょく」は遊歩道が整備されたフラットなコース。目の前に東京湾、遠くには房総半島を見渡せて、空気が澄んでる時期は、丹沢の山々や富士山も綺麗に見ることができます。米軍基地が近くにあるので、外国人ランナーを多く見かけ街の雰囲気もどことなくアメリカン。BBQや釣り、スケボーやストリートバスケを楽しめるうみかぜ公園を通過したり、人気観光スポット無人島・猿島を眺めながら走れます。拠点施設の湯楽の里は、Runtrip会員証ページの提示で特典が受けられます。(入館料を100円割引、または館内着を無料レンタル )。露天風呂から眺める景色は、走った後の疲れを吹き飛ばしてくれるでしょう。

シーサイドトレイルラン

山の中は樹々が直射日光を遮ってくれるためロードよりも涼しいです。また山の上からは、遠くまで広がる大きな海を見ることができます。夏は海が見えるトレイルランコースを走ってみてはいかがでしょうか。

5.湘南オーシャンビュー!逗子葉山シーサイドトレラン (15.9km)

二子山と乳頭山と仙元山といった逗子葉山の低山を走って山の上から海と富士山を見よう! というコース。二子山には展望台があり、海を眺めることができます。仙元山では葉山から鎌倉江の島方面までの海を眺められ、晴れていれば海と一緒に富士山を望めます。午後は雲がかかりやすいので、早朝から走り始めてお昼前にたどり着くプランがおすすめ。仙元山山頂には木のテーブルとイスがあるので、湘南の海を眺めながらお昼を食べるのも良いですね。コースの最後にはかき氷屋さんがあります。走った後のかき氷は格別です。

6.伊豆最南端!秘境シーサイドトレイル(9.4km)

伊豆最南端の石廊崎岬や、愛逢岬というカップルに人気の絶景スポットやユウスゲ公園という絶景の見える公園など、南伊豆の絶景スポットを走ることができるコース。付近には日本有数のシュノーケリングスポットのヒリゾ浜があり、走りながらきれいな海を眺めることができます。途中には南伊豆町ジオパークビジターセンターがあり、お手洗いに立ち寄ったり、自販機で飲み物を買うこともできます。売店もあるので、絶景を見ながらかき氷やソフトクリームを味わうこともできますよ。

島を走るアイランドラン

「非日常的な体験をしたい。」そんな方には、島を走るアイランドランがオススメです。時間を忘れさせる非日常的な空間。きれいな海を眺めながら走れば、素敵な夏の思い出になるはずです。

7.大島 真っ赤な道を走る道(10.2km)

東京都港区の竹芝桟橋からジェット船に乗れば約1時間45分の船旅で到着する、東京都の伊豆大島にある「サンセットパームライン」を走るコース。片側に大海原、反対側に三原山を望み、途中には溶岩で出来た切通しなどがあり、離島ならではの特徴的な絶景は片道5km程度続きます。“真っ赤な道”や“青い海や空”、“緑の山”など色彩に富んでいます。走った後は、御神火温泉で疲れを癒し、島寿司を堪能……なんて過ごし方はいかがでしょう。余裕があれば、三原山を登ったり、ドライブしたり、さまざまな楽しみ方ができますよ。

8.千葉・館山にタヒチのような透明ビーチコース(無人島散策)(2.9km)

千葉・館山にある無人島のランニングコース。館山の沖ノ島は、周囲は1km弱、島までは200m程の砂浜(夏は海水浴場)で繋がっており、歩いて渡ることができる無人の陸繋島です。環境省が実施する海水浴場水質検査で、常に最高レベルの「AAランク」を獲得している海。透明度が高く、陽が射すと水面がマリンブルーに光り輝きとてもキレイです。ランニグ中に、飛び込みたくなってしまうかもしれません。

沖縄リゾートラン

旅行先としても大人気の沖縄。沖縄の美しい海を見ながら走るRuntripを計画してみてはいかがでしょうか。沖縄ならではの体験ができるコースをご紹介します。

9.那覇空港利用時におすすめ!美らSUNビーチ周回コース(2.1km)

那覇空港の近くにある豊崎美らSUN(ちゅらさん)ビーチの気軽に“沖縄らしい”絶景ランを楽しめるコース。 公園内には整備された2kmほどの周回コースがあり、フラットなためビギナーの方と一緒でも安心して走れます。那覇空港到着後に移動疲れを癒したり、出発前の時間調整といったシーンにも使えます。管理棟にシャワーがあるのも嬉しいポイント! 那覇滞在の方は、朝ランなどで訪れる価値あり。走ってそのまま海遊びを楽しむのも良いですね。

10.恋の島へ渡る道(9.9km)

沖縄本島北部にある古宇利島(こうりじま)1周と、古宇利大橋の往復で約10kmのコース。屋我地島(やがじしま)と古宇利島を繋ぐ古宇利大橋は、実際に走ってみると視界は右も左もエメラルドブルーの海で、橋の上を抜ける風も心地よく、まるで海の上を飛びながら走っているような気持ちになれます。古宇利島には「沖縄版アダムとイブ伝説」があるようで、恋の島として女性観光客も多く訪れるそうです。

11.石垣島 夕陽が綺麗なサンセット(11.9km)

一部が石垣島マラソンのコースにもなっている海岸線沿いのコース。朝、昼も綺麗ですが、夕陽が特に綺麗なコースです。綺麗な景色の中、どこまでも走りたくなってしまうかもしれません。移りゆく空と海を見ながら気持ちよくランニング。最高のひとときになること間違いなしです。

■海外にも素敵なシーサイドコースがたくさん

この夏は、輝く海を眺めながら走ろう!
さぁ、次の休みはシーサイドRuntripへ!

「この夏にオススメ!輝く海を眺めながら走るシーサイドランニングコースまとめ」の画像

最高の景色は#runtripでシェア!
Runtrip公式 instagramアカウントはこちら! https://www.instagram.com/runtrip_jp/

「この夏にオススメ!輝く海を眺めながら走るシーサイドランニングコースまとめ」の画像

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事